2021.02.21

COVID-19に効果があるmRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)を更に学ぶぞ!

安川康介医師のワクチン学習動画の第2弾です。

前回は、自らがファイザーワクチン接種の動画を配信されていましたが、今回は峰宗太郎医師をゲストに迎えて、mRNAワクチンを紐解いてくれています。

米国内科専門医 安川康介の医学チャンネル

「峰宗太郎先生に聞く 新型コロナウイルスワクチンの基礎と原理」
https://youtu.be/DOTcjKTR-Ew

かなり、mRNAワクチンの理解が深まりました。20年も研究されてきた技術なのですね。ワクチン接種に前向きになりました。

本動画で紹介されていた新書も即購入しました。

新書『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 (日経プレミアシリーズ)』
発売日 : 2020/12/9

| | コメント (0)

2021.02.16

何故、韓国が日本を嫌う理由が茂木誠氏の動画で理解できた

YouTubeのもぎせかチャンネルで次の動画を視聴しました。

「統一朝鮮」2019/04/07
https://youtu.be/eCtZ-obdyMg

彼らが一番に求めるのが北との統一だったとは知りませんでした。これでは日本と仲良くしようとは思わないはずです。

最近観たドラマ「愛の不時着」の中で、かなり北に対する思慕が随所に感じられていました。日本人からすると違和感しかなかったのですが、統一朝鮮が悲願であれるならば納得です。

2003年からの韓流ブームから、ずっと疑問だった日韓関係の深部が理解出来ました。

| | コメント (0)

2021.01.28

菅首相の公助は生活保護という認識に呆れた

2021年1月27日の参院予算委員会での答弁で、首相としてはあるまじき発言をしています。

毎日新聞から一部引用します。

「菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判」

「立憲民主党の石橋通宏氏が「(コロナ下で)弱い立場にある人にも『自助』をと言うのか」とただすと、首相は「自助、共助、公助そして絆」という社会像を目指したいと強調。そのうえで「まずは自分でできることはやってみる。どうにもならないときは、政府がセーフティーネットで助けてくれる。そういう信頼される政府を目指したい」と持論を展開した。

 石橋氏が「収入を失って命を落とす人が多数に上っている。(支援の)政策は届いているのか」と迫ると、首相は「いろいろな対応策もあるし、政府には最終的には生活保護という仕組みも(ある)」と述べた。「最終的には」としつつも突然、生活保護による支援に触れた。」

菅義偉首相は、コロナという未曾有の国難において、国民を守ろうとする意欲が無いことを自ら証明しました。

雑誌「表現者クライテリオン2021年1月号」で扱われるようなレベルではありません。国家観も無いポンコツで首相になってはいけない器です。

| | コメント (0)

2021.01.25

モデルナ・ファイザー社製ワクチンは問題があるようだ

Pars Todayニュースサイトでが次の記事が配信されました。

米市民が、モデルナ・ファイザー社製ワクチンに失望

ワクチン接種後の55人の死亡と数百人の生死にかかわる重大な副反応はリスクが大き過ぎます。

Img_1032

| | コメント (0)

2021.01.23

ファイザーのコロナワクチン接種をした安川康介米国内科専門医から学ぶ

日本でも新型コロナワクチン接種の準備が始まっており、次のサイトが用意されました。

首相官邸の新型コロナワクチンについて
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

厚生労働省の新型コロナワクチンについて
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

自分が新型コロナワクチン接種を受けるかどうかは検討中ですが、いろいろと不安があります。そこで新型コロナワクチン接種の最新情報をYouTubeの「米国内科専門医 安川康介の医学チャンネル」から入手しています。

安川康介医師は、既に米国で実際にファイザーの新型コロナワクチン接種されており、その体験談と考察は非常に参考になります。次の4つの動画で確認しましょう。

①受ける前の分析
https://youtu.be/L0cGUnjGgbw

②1回目接種
https://youtu.be/dEWByXJFUAk

③2回目接種
https://youtu.be/jV2ET4jUbgQ

④接種したうえで視聴者への疑問に回答
https://youtu.be/XZoAyfYaNiQ

以上を観たことで、新型コロナワクチンの理解が進みました。このような科学的で正確な情報を発信されている安川康介医師に感謝です。絶えず正しい情報を入手して学ぶことが大切だと感じます。

| | コメント (0)

2021.01.21

新型コロナ感染防止、テレワーク123日目です

昨日(1月20日)から、123回目のテレワークです。

新型コロナウイルス(COVID-19)の国内は次の状況です(日本経済新聞社より)
1月20日午後8時現在(カッコ内は当日分)
・国内での感染者合計 346,234人(+5532人)
・退院患者      265,646人(+7268人)
・死者         4,769人(+ 82人)

| | コメント (0)

2021.01.20

新型コロナ感染防止、テレワーク122日目です

昨日(1月19日)から、122回目のテレワークです。

 

毎日新聞1月19日のニュースです。一部引用します。


テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

テレビ東京(BSテレ東も同時放送)平日夜11時の「ワールドビジネスサテライト」(WBS)の18日の放送で、スタジオのキャスター、大江麻理子さんらがマスク姿で登場した。

ここまでやりますか?!マスコミは煽り続けますね。プロの報道する人なのに全く勉強していないのですね。大江麻理子氏は何故か突然ひらめいたのでしょうね。こうなると宗教っぽいです。いっその事、自宅からテレワークで登場すれば良いのではないでしょうか。

 

新型コロナウイルス(COVID-19)の国内は次の状況です(日本経済新聞社より)
1月19日午後8時15分現在(カッコ内は当日分)
・国内での感染者合計 340,705人(+5320人)
・退院患者      258,378人(+4932人)
・死者         4,687人(+ 104人)

| | コメント (0)

2021.01.19

新型コロナ感染防止、テレワーク121日目です

昨日(1月18日)から、121回目のテレワークです。

菅義偉総理の施政方針演説は従来のままで特別のものはなかったようです。

新型コロナウイルス(COVID-19)の国内は次の状況です(日本経済新聞社より)
1月18日午後8時現在(カッコ内は当日分)
・国内での感染者合計 335,363人(+4898人)
・退院患者      253,446人(+4299人)
・死者         4,579人(+ 55人)

| | コメント (0)

2021.01.18

新型コロナ感染防止、テレワーク120日目です

先週(1月14日)から、120回目のテレワークです。

通常国会が本日召集されます。菅義偉総理は施政方針演説をします。読売新聞の全国世論調査(1/15〜17)で菅内閣「不支持」49%、「支持」39%の初の逆転の結果が出ています。国民を守ろうという意欲が感じられないので当然ですね。

新型コロナウイルス(COVID-19)の国内は次の状況です(日本経済新聞社より)
1月17日午後8時現在(カッコ内は当日分)
・国内での感染者合計 330,469人(+5759人)
・退院患者      249,147人(+4515人)
・死者         4,524人(+ 49人)

| | コメント (0)

2021.01.17

新型コロナと大統領選挙の関係に驚いた

YouTube「新」経世済民新聞 三橋貴明 公式チャンネルで2021年1月16日に公開された動画でゲストの林千勝氏が驚きの発言(18分38秒〜23分00秒)をしています。

https://youtu.be/-RHW5YbE-1w

「トランプは何故マスクをしたがらないのか?」

・米国の安全保障省が危険だから研究してはいけないとしていた新型コロナ開発の研究を米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー=ファウチ博士がしており、2015年にそれを武漢研究所に補助金を付けて移管していた。

・トランプ政権がスタートした2017年1月20日の前1月10日にジョージタウン大学のスピーチでアンソニー=ファウチ博士が「トランプ政権の間に新型コロナのパンデミックが起こる」と言っていた。
https://youtu.be/DNXGAxGJgQI
(38分40秒頃←英語なのでわかりません)

・ファウチの発言は無責任である。

・今回のパンデミックは大統領選挙に向けて仕掛けれらたのだろう。そんなコロナのためにマスクはしないとトランプは行動していた。

・以上の事実は米国の億単位の人が知っている。

・日本のマスコミは一切報道しない。

事実関係だけでも恐ろしいです。アンソニー=ファウチ博士は正論を言っている方だとばかり、日本のマスコミに印象操作されていました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧