2018.01.08

『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ”』は圧巻です

三代目J Soul Brothersに全く興味は無いのですが、息子がお年玉で2017年12月13日に発売された三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE LIVE DVD/Blu-ray『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ”』を購入しました。

昨日amazonで注文して今日届いたので、付き合って鑑賞しました。

Blu-ray2枚組でトータル171分の3時間近いLIVE映像でしたが、熱狂がほとばしる素晴らしいものでした。楽曲もメンバーの名前もほとんど知りませんが、エネルギッシュで近未来的なステージは圧巻でした。

ともかくツインボーカルの歌声が見事です。これほどLIVEでうまく歌えるとは驚きです。近年観ているLIVEの中でもピカイチでした。

ただし、LIVE自体は文句無しですが、LIVE映像作品としてはイマイチです。カメラワークが洗練されていません。ダンサー5人のダンスパフォーマンスを的確に編集出来ていません。中途半端な引きの映像が多く物足りなさがありました。また、MCがカットされているようで息子が無いことに疑問を感じていました。

以下、オフィシャルサイトから引用。

【『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ”』内容紹介】
この地に受け継がれる夢は、未来へと続く。
2016年11月11日のナゴヤドームを皮切りに開催された、
三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016 - 2017”METROPOLIZ”をDVD & Blu-ray化!
2017年2月17日、18日、19日に開催した京セラドーム大阪公演の歓喜・熱狂・感動をパッケージ!
初回限定生産盤は、豪華フォトブック&スリーブ仕様の超豪華盤!
初披露曲、大ヒット曲が満載、壮大なスペクタクルで展開される、最先端で世界基準のエンタテインメントがここに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.10

朗報!「宇多田ヒカルの全アルバム&シングル、定額制音楽配信で解禁」

12月8日からスタートしたそうです!
ねとらぼのニュースで知りました。

125024

サブスクリプション(定額制聴き放題)配信サービスは次の9つ

・Apple Music
Google Play Music
・Amazon AMU
・LINE MUSIC
・KKBOX
・dTV
・dヒッツ
・レコチョクBest
・うたパス

早速、スマートスピーカーGoogle Homeに「OK、Google 宇多田ヒカルの音楽を流して」です。
流れてきました。嬉しすぎです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

カラオケで歌いまくる

子どもたちと一緒に、カラオケ館で2時間歌いました。

DSC_0309

1年ぶりです。

ジェネレーションギャップは半端ありません。子どもたちは、米津玄師、安室奈美恵、Perfumeなどのアップテンポで難しい曲を楽々こなします。

俺は、来生たかお、郷ひろみ、安全地帯で全く噛み合いません。せめてドラマ主題歌で、back numberの「青い春」と思いましたが、歌になってませんでした。

やっぱり、通わないと駄目ですね。次はAimerが歌えるように練習してみます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

女性シンガーAimer(エメ)を10月から知り、注目している

Google Play Musicの10月のトップチャートでAimer(エメ)という女性シンガーを初めて知り、そこから毎日聴いています。トップチャートに登場したのは、2017年10月11日に13枚目シングルが発売されてたからでした。「ONE」「花の唄」「六等星の夜」「糸」の4曲が収録されています。 
 
特に気になったのが「ONE」でした。
 
ミュージックビデオをYouTubeで視聴しました。女子高生たちが旗を振ったマスゲームを中心に、ギターをかき鳴らすドラムを叩く、踊るなどのパフォーマンスがダイナミックに描かれています。前向きで元気をくれる内容です。

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)のJR SKISKI CMソング「Memories」に似たアップテンポな楽曲です。
 
この曲だけだとロック歌手かと思ったのですが、13枚目シングルの他の3曲は一転して切々と歌い上げる曲調です。心に刺さる歌詞と物寂しげな歌声に癒されます。「花の唄」は映画の主題歌だそうですが、選んだ映画製作陣のセンスは大したものです。
 
Google Play Musicで過去の楽曲を「エメ」と名前をつけてプレイリストを作りました。重複がありますが97曲を保存しています。かなりのキャリアを持った歌手のようです。まだ全部を聴き込んだわけではないのですが、13枚目シングルはかなり出来が良いようです。今までAimer(エメ)は全く聴いたことがなく、これだけのシンガーがノーマークだったことに驚いています。実力のある歌姫と出会えて幸運です。
 
ところで、Google Homeで聴こうと「エメ」と指示するのですが、認識してくれません。マイ アクティビィティでは「今」や「愛媛」と誤変換されています。たまに「エメ」と認識できても、「エメ」のプレイリストが再生されません。何十回も失敗していたところ、息子がアルファベットで言うと認識すると教えてくれて、それからは「エー、アイ、エム、イー、アール」と指示しています。そうすると1発で「エメ」のプレイリストを再生してくれます。なかなかGoogle Homeは思い通りに音声コントロールができません。ちなみに「Google Play Musicのトップチャート再生」は未だにできません。


 
「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」(オフィシャルサイトから引用)
 
2017年5月に2枚同時リリースされたベストアルバム「blanc」「noir」がロングセールスを記録中のAimer。約1年ぶりとなる通算13枚目のシングルをリリース。
 
シングルとしては久々のアップテンポナンバーとなる新曲「ONE」、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅰ.presage flower主題歌「花の唄」(梶浦由記プロデュース)、デビュー曲「六等星の夜」新アレンジバージョンの3曲を掲げたトリプルA面シングル。カップリングにはトヨタホームCMソングとなっている「糸」(中島みゆきカバー)も収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.29

Alexaは返事が遅く、制御の仕方がわからなくなる

ファーストインプレッションは、「期待外れ」です。
ともかく話しかけて、返事を返すときの間はいただけません。音声認識をして回答が遅延している印象を持たせます。明らかにGoogle Homeの方が優れています。

予定通り、Amazon Echo Dotが届いていました。
当たり前ですがアマゾンのダンボールです。

DSC_0295
思ったより商品パッケージが小さいです。

DSC_0296
パッケージの中身はコンパクトに収納されています。

DSC_0297
本体とMicro USBケーブル、電源アダプタ、取説です。

DSC_0298
Micro USBケーブルを本体に接続しました。隣の丸い穴はAUXオーディオ出力端子で、スピーカーに繋げます。

DSC_0299

Google Homeと並べました。一回り小さい大きさです。

DSC_0300

セッティングは次の通りです。
①Amazon Echo Dotを電源に接続。
②上部のライトリングがオレンジ色に変わり、Alexaが挨拶メッセージを流す。
③スマオにアプリ「Amazon Alexa」をインストール。

205209
④アマゾンアカウント/Passwordを入力。
⑤アプリ「Amazon Alexa」を使ってAmazon Echo DotのセットアップをWi-Fi接続から開始。

205524205618205637
以上で一般の設定は完了です。続いてヘルシオ ホットクックを音声操作するためにアプリ「Amazon Alexa」のスキルの設定を行います。


⑥アプリ「Amazon Alexa」のすべてのスキルのカテゴリー>フード・ドリンクを選択。

232449232826232833
⑦「COCORO KITCHEN」のボタン「有効にする」をタップ。

210949
⑧「COCORO KITCHEN」の認証画面で「許可する」をタップ。

211000
⑨COCORO IDでログイン。

211012
⑩「Amazon Alexa」と「COCORO KITCHEN」のリンクが完了。

211130

ここから取説のマニュアルに習って、音声によるニュースや音楽を操作を始めました。
音声認識は正確だが、返事がワンテンポ遅れます。Google Homeの自然なレスポンスと比べてレベルが一段下がった印象です。

さらに、ヘルシオ ホットクックに電源を入れ、 Alexaでヘルシオ ホットクックを音声操作しました。
「アレクサ、COCORO KITCHENを開いて献立相談お願い」と言ったところ、会話を開始できました。COCORO KITCHEN階層に入ると、いちいち「アレクサ」という接頭語は必要なくなります。

「こんにゃくのレシピ教えて」に対して、ヘルシオ ホットクックの基本メニューに設定されている材料にも関わらず「思いつきませんでした」と連れない回答です。何度も繰り返したものの、こんにゃくのレシピは無視されました。このときに、前述のニュースや音楽の操作をしようとしたところ、COCORO KITCHENでは操作できないと否定されます。

どうやら、アレクサの基本コマンド階層の下にCOCORO KITCHENがあり、ここから基本コマンドは通じません。そこで上の階層に抜けるため「アレクサ、COCORO KITCHENを終了」と伝えるものの反応せず、COCORO KITCHEN階層で堂々巡りです。接頭語が必要ないため、音声コマンド以外の言葉にもイチイチ反応して「できない」を何度も繰り返して制御できない事態に陥りました。Google Homeでは必ず「OK、Google」が用いるのでAlexaのようなことが起こりません。

で、結局COCORO KITCHEN階層を抜けるための音声コマンドは「終了」だけでした。これによって、アレクサの基本コマンド階層に戻ります。

Google Homeと違って、音声コントロール以外の言葉に反応する厚かましさがあって、リスクがあります。そこで、設定>音声ショッピングの設定を外しました。不用意な言葉が注文にならないようにしました。

225911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.23

スマートスピーカーGoogle Home Miniを使ってみた

予約していたビックカメラから発売日に予定通り配達されました。
立方体のパッケージで、蓋をあけるとキノコのようなGoogle Home Miniが顔を出します。

DSC_0246DSC_0247

本体と電源、マニュアルが入っています。

DSC_0250

裏です。

DSC_0249

設定は、スマートフォンにアプリ「Google Home」をインストールして、アプリ画面で進めます。

Screenshot_20171023-200317Screenshot_20171023-200404Screenshot_20171023-200433

簡単です。

Screenshot_20171023-200740Screenshot_20171023-201055Screenshot_20171023-201650

ただし、何故かChromecastが設定できません。そこで既にiPad Proに導入済みのアプリ「Google Home」を起動すると直ぐに設定できました。部屋の隅に設置して2〜3m離れて話しかけても音声認識が可能です。

DSC_0252

呼びかけは「OK!Google」か「ねぇ!Google」どちらかです。

何か調べるときは、「OK!Google」「○○とは」と聞けば、だいたい「Wikipediaによれば・・・」と回答してくれます。

テレビでYouTubeを観る場合は、「○○の動画再生」で適当な○○の動画が始まります。観ている途中で「OK!Google」「○○の動画再生」と次の動画を呼び出せます。ちなみに「永野芽郁の動画再生」で今まで観たことがなかった動画が再生されました。

音楽は、「○○の音楽を再生」と言えば、Google Home Mini本体のスピーカーで曲が再生されます。音はラジオ並ですが、悪くありません。「ジャズピアノ」はSpotify、「coldplay」「来生たかお」はGoogle Play Musicを自動的に選択してくれました。

現状では、話ことばで話しかけるよりも、検索ワードで呼びかけた方がヒットします。

Google HomeはスマートフォンのGoogleアシスタントと同じことができますが、直接クラウドAIが対応しているのでよりパーソナライズが進むようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.27

ハイレゾ音源をXperia XZ SO-01JとMDR-1000Xで体験した

Xperia XZ SO-01J+MDR-1000XのエンコードLDACによる音楽体験は驚異的でした。そこで更に究極を目指すべくハイレゾ音源(High-Resolution Audio)を体験することにしました。

Xperia XZ SO-01Jにアプリ「mora」をインストールしてハイレゾ音源を初ダウンロードです。

楽曲は、ジャスティン=ビーバー『Purpose』(発売日: 2015年11月13日)にしました。料金は4200円もします。高いですね!

Screenshot_20170826-221901

ファイル形式はFLACで、土曜日22時半からダウンロードを開始して、翌1時半まで約2時間かかりました。この深夜帯は避けるべきでした。

Screenshot_20170826-223035

ダウンロード完了を確認するとXperia XZ SO-01Jにインストールされていたドコモアプリ「メディアプレーヤー」が自動的に起動され、MDR-1000Xで再生開始です。

Screenshot_20170827-012329

Google Play MusicでCD音源を最近ずっと聴いていたのですが、別の楽曲のように聴こえます。音がきめ細かく広がりがあり、メリアリがあって極上の音が鳴り響きます。

ハイレゾ音源は極上です。素晴らしい。何故注目されるのかようやく理解でしました。ハイレゾにハマるとCD音源に戻れなくなります。それほど魅力的で最先端な音です。

Xperia XZ SO-01J+MDR-1000Xはノイズキャンセリング機能で音楽に没頭できます。しかも、無線なので家の中を動き回ることが出来ます。電話がかかってくると再生中でも直ぐにわかりますので、MDR-1000XのR側のタッチセンサーコントロールパネルをダブルタップするだけで電話を受けられます。音楽を聴くにはXperia XZ SO-01J+MDR-1000Xによるスマホ+無線ヘッドホンの組合せしか考えられません。

ただし、自宅内での使用という制限があります。流石に大きなヘッドホンをつける訳にはいきません。通勤時はハイレゾ対応でないXperia XZ SO-01J+MDR-EX31BNになります。以前はiPad ProとMDR-EX31BNを組合せていましたが、Xperia XZ SO-01Jの方が音が良くなるのでソニー同士の組合せになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.24

ソニーのワイヤレスヘッドホンMDR-1000Xを購入した

Bluetooth対応ノイズキャンセル搭載ダイナミック密閉型ヘッドホンです。2016年10月29日に発売されたコーデックにLDAC(エルダック)を導入したモデルです。

DSC_0077
初めて試聴せずに指名買いです。既に我が師匠が購入しているので失敗はないので決断しました。結果は大成功、大満足です。

パッケージです。

DSC_0068

化粧箱は、高級感があります。

DSC_0069

蓋を開けるとシンプルな佇まいです。

DSC_0070

左の裏側に付属品が入っています。

DSC_0071

キャリングケースを空けると、コンパクトに入っています。

DSC_0072

左(L)側に電源等、スイッチが集約されています。

DSC_0075

密閉型はBose AE2をメインで使ってきました。ナチュラルな音で装着感が良く、俺にとってヘッドホンのベストとしていました。これを超える訳が無いと思っていたのですが、MDR-1000Xは無線なのに有線のAE2よりも良いのです。まさかのBose超え!!

MDR-1000XとXperia XZ SO-01Jとの相性が抜群です。LDACの効果が素晴らしい。アプリ「Google Play Music」で聴いていますが、今までの最高の音だと思います。これまで何度も聴いてきた楽曲であっても、隠れていた音がバランス良く登場してきて驚きです。

ボーカルはナチュラルで艶があり立体的です。しかも長時間でも疲れません。音楽を聴きながら寝てしまうこともしばしばです。AE2で体験したことのない無線ならではのコードに縛られない癒やしがあります。

実は、Bose AE2を使い続けようと考えていいました。すでにイヤークッションがボロボロで、交換しようと検索したところ5400円もします。本体の3分の1もするので、いまさら有線ヘッドホンでもないだろうとあきらめました。

となると、2016年6月24日に発売されているBoseの「QuietComfort 35 wireless headphones」を考えたのですが、4万円もするので手が届きません。また、コーデックが非公開なので技術的に遅れているイメージもあります。

そこで、ソニーのMDR-1000Xです。同じく4万円しますが、既にご報告した通り、キャリアをドコモにした際に紹介キャンペーンで2万ポイントを取得していました。これがソニーのMDR-1000Xで使えます。dショッピングでポイント利用して3万5221円のうち2万669ポイント利用して、残り1万4552円はドコモケータイ払いで、8月18日に届きました。


【MDR-1000X仕様】

ヘッドホン部 *1
型式:密閉, ダイナミック
ドライバーユニット:40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
感度:103dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、98dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
マグネット:ネオジウム
再生周波数帯域:4Hz-40,000Hz
インピーダンス:46 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、14Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
コード長:約1.5m、銀コートOFC線、金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホンケーブル)
コードタイプ:片出し(着脱式)
入力プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
質量 *2:約 275g

ヘッドホン部(その他)
電源:DC3.7V 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間:約4時間
充電方法:USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間):最大20時間(NC ON時)、最大22時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間):最大24時間(NC ON時)、最大26時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間):最大34時間(NC ON時)、最大120時間(NC OFF時)
周波数特性:4Hz-40,000Hz
対応インピーダンス:46 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、14Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
音声入力端子:ステレオミニジャック

マイクロホン部
型式:エレクトレットコンデンサー
指向特性:全指向性
有効周波数帯域:100Hz-8,000Hz

 
付属品
USBケーブル、保証書、キャリングケース、航空機用プラグアダプター、接続ケーブル、取扱説明書

Bluetooth
通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.1
出力:Bluetooth標準規格 Power Class2
最大通信距離:見通し距離 約10m
使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式:FHSS
対応Bluetoothプロファイル *3:A2DP(Advanced Audio Ditribution)、 AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)、 HFP(Hands-free profile)、 HSP(Headset Profile)
対応コーデック *4:SBC, AAC, aptX, LDAC
対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP):20Hz - 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時) / 20Hz - 40,000Hz(LDAC 96kHzサンプリング、990kbps 時)

*1レシーバーのある製品はレシーバー部を含みます
*2コードは含みません
*3Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth製品の特性ごとに機能を標準化したものです
*4音声圧縮変換方式のこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.13

Google Play Musicのトップチャートで多くの楽曲と出会える

現在定額音楽配信サービスは、次の3サービスを利用中です。
Google Play Music
Amazon prime music
Spotify Free
 
そのなかでも常時利用するのがGoogle Play Musicです。何と言ってもiTunesでリッピングした楽曲も5万曲まで登録して利用できるので、配信されていないメジャーどころはもっぱらリッピングしたものをで補完しています。
 
しかし、そもそも定額音楽配信サービスの大きな目的の1つは新しい音楽との出会いの機会を多く用意しているかにあります。中でもAmazon prime musicのプレイリストは優れものなのですが、過去の作品の選りすぐりを集めるため、どうしても最新の楽曲には後手に回るのではないでしょうか。
 
そこで、注目するのがGoogle Play Musicのトップチャートです。オリコンなどと比べて配信される楽曲に制限があるので、現時点でのヒットチャートとは言えません。
 
それでも、最近耳にする楽曲が聴けます。
現在の1位、2位、4位に4月スタートで佳境に入った春の人気ドラマ主題歌が並んでいます。
 
1位「Destiny」シェネル → ドラマ「リバース」
2位「I need your love」Beverly → ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
4位「CQCQ」神様、僕はきづいてしまった → ドラマ「あなたのことはそれほどでも」

IMG_0446
 
3曲ともに今まで知らなかった歌手で、Google Play Musicを通じて最新ドラマの主題化をまとめて聴けます。さらに彼らの他の楽曲も簡単に聴けるので、音楽消費が活発化しています。
 
さらに、トップチャートは洋楽も豊富で、ブルーノ=マーズ「That’s What I Like」やチャーリー=ブース「Attention」、The Chainsmokers & Coldplay「Someting Just Like This」など垂涎の洋楽に接触出来ています。
 
トップチャートを流しているだけで満員で不快な電車内も気にならなくなってきます。旬で人気のある音楽は日常を豊かにしてくれています。

もちろん、以前ご紹介した半世紀前の美人女性ジャズシンガーのジュリー=ロンドンもGoogle Play Musicで聴き続けています。amazonプライムミュージック以上により多くのアルバムが配信されていて、充実したスタンダードナンバーを堪能しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.01

ついにワイヤレスイヤホンを購入した

耐火金庫を解体してくれた知人への御礼と自分用にワイヤレスイヤホンを購入することにしました。イヤホンは有線しか購入意欲が無かったので、いざどこのメーカーのどの機種にするかとなると意外と難しいことが判明しました。
 
以前から師匠にワイヤレスイヤホンを頂いているので、適当なものをアドバイスしてもらいました。まず、最初にワイヤレスイヤホンの有線と比べたときのデメリットを教わりました。
①電車内などで混線する。
②有線よりも音は悪い。
 
以上を割り切って購入すべしでした。検索していろいろな機種をピックアップしますが、値段が手頃で適当なものが見つかりません。
 
そこで、師匠が持っているSONYのMDR-EX31BNを持ってきてもらって試聴しました。2013年に発売されたBluetooth3.0のハイレゾ未対応ながら未だに売れ続けているノイズリダクションのモデルだそうです。
 
イヤホンの耳の装着が悪くありません。音はナチュラルで長時間でも負担に感じません。即決してJoshin Webから2月に2台購入しました。1台8,280円でした。
 
知人のプレゼントした後、自分用を朝晩の通勤時にiPad Pro接続で毎日使っています。

KIMG0849

ノイズリダクションの効果も実感できて大満足です。バッテリーは2、3日間隔のタイミングで充電なので手頃です。

KIMG0569
 
満員電車の中でも、ワイヤレスイヤホン本体のクリップを襟に付けると他の人にぶつからないので取扱が良いです。

KIMG0568

音に関しては物足りなさがあるものの、線の引っかかりの心配の無い使い勝手から考えると、これまでの有線イヤホンに戻る気がしません。

KIMG0570

自宅でもワイヤレスイヤホンを使うようになっています。

 
 
【MDR-EX31BN 主な仕様】
 
ヘッドホン部 *1
型式:密閉ダイナミック型
ドライバーユニット:約13.5mm
質量 *2:約34g

ヘッドホン部(その他)
電源:リチウムイオン充電池(内蔵)
充電時間:約2.5時間
電池持続時間(連続音声再生時間):(NC ON) 最大9.0時間, (NC OFF) 最大10.5時間
電池持続時間(連続通話時間):(NC ON) 最大6.5時間, (NC OFF) 最大7.5時間
電池持続時間(待受時間):(NC ON) 最大30時間, (NC OFF) 最大100時間

マイクロホン部
型式:エレクトレットコンデンサー型
指向特性:全指向性
有効周波数帯域:100-4,000Hz

ノイズキャンセリング
総騒音抑制量(TNSR):約17dB

付属品
USBケーブル:●マイクロUSBケーブル
イヤーピース:ハイブリッドイヤーピースS,M,L(各2)
保証書:●

Bluetooth
通信方式:Bluetooth標準規格 Version3.0
出力:Bluetooth power class2
最大通信距離:見通し 約10m
使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式:FHSS
対応Bluetoothプロファイル *3:A2DP,AVRCP,HFP,HSP
対応コーデック *4:SBC,AAC,aptX
対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP):20Hz-20,000Hz *5

*1レシーバーのある製品はレシーバー部を含みます
*2コードは含みません
*3Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth製品の特性ごとに機能を標準化したものです
*4音声圧縮変換方式のこと
*544.1kHzサンプリング時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧