2019.10.22

ドキュメンタリー番組『クイーン ~デイズ・オブ・アワー・ライブス』(お薦め度★★★★)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』よりも断然良いです。
クィーンがどのように成功しいったのかの足跡が、当時の映像とブラアイン⁼メイとロジャー⁼テイラーの回顧発言で、真の彼らの姿とともに浮かび上がって来ます。

思っていた通り、メンバーのチームワークは良くて映画のようなフレディ=マーキュリーがかき回すワンマンなバンドではなかったことが分かります。メンバー4人がそれぞれ切磋琢磨していたからこそ世界的な成功を収めたことが理解出来ます。

世界屈指のロックバンドになる様子が、アルバムとヒット曲が時系列で紹介されているので、クィーンを知るうえで最良のプログラムです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
クイーン ~デイズ・オブ・アワー・ライブス 輝ける栄光の日々-PART1(59分)
クイーン ~デイズ・オブ・アワー・ライブス 輝ける栄光の日々-PART2(59分)

制作年:2011年
制作:BBC

<イントロダクション>
クイーン結成40周年を記念して制作されたドキュメンタリー。ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーの全面協力のもと、貴重な映像でクイーンの真の姿が浮き彫りとなる。 

オリジナリティーにあふれたサウンド構築、誰にも真似のできない卓越したテクニック、抜群のチームワーク、圧倒的な影響力で、その数々の作品が世界中の人々に愛され、歌い継がれている伝説のバンド、クイーン。そのメンバーであるブライアン・メイ、ロジャー・テイラーの全面的な協力のもと、結成40周年に合わせて制作されたドキュメンタリーを放送する。
クイーン代表曲にまつわるエピソードや病床のフレディと交わした言葉など関係者によるインタビューや、これまでに日の目を見ることのなかった貴重なレコーディング風景やライブのバックステージの模様などの映像が多数収録された充実の内容は、PART1、PART2合わせ120分にも及ぶ特大ボリューム。さまざまなエピソードとともに、彼らの40年の歴史が積み上げてきた音楽・バンドへの思いを通して、新たなクイーン像が発見できるプログラムだ。(2011年)

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

2019.09.15

WOWOW presents「サザンオールスターズLIVE TOUR 2019」でうれし涙が流れた

2019年8月24日にWOWOWで放送された「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!』」(190分)を観ました。2018年6月にデビュー40周年を迎え、2019年3月より40周年イヤーの集大成となるライブツアーです。

良く出来たライブコンテンツでした。
カメラワークが見事で、曲調に合わせて編集されており優れものです。
セットリスト全36曲が放送されました。ヒット曲オンリーと思っていたのですが、ほとんど知らない曲ばかりでした。それでも会場は大盛り上がりで、熱烈なファンばかりの印象です。

ステージ上のメンバーは良い意味で肩の力が抜けていて、十分にパフォーマンスを発揮してます。1曲歌い終わるたびに桑田佳祐が「ありがとう」と観客に絶えず感謝する姿勢はそれだけで胸が熱くなりました。

ラスト曲前の「勝手にシンドバッド」ではうれし涙が溢れました。熱心なファンではありませんが、40年間もの長きにわたって、サザンオールスターズの曲が近くにあったことに対して感謝の気持ちが高まりました。

以前からWOWOWが彼らのライブを放送していますが、真面目に観たのは初めてです。今回も大ファンでライブにも行っている弟にダビングするために録画していました。3連休ということで、観たのですが本当に良かったです。

1978年に「勝手にシンドバッド」でデビューしたときは、コミックバンドか何かと軽く考えていたのですが、翌1979年の「いとしのエリー」の大ヒットで、2枚目のオリジナルアルバム『10ナンバーズ・からっと』を購入して聴き入っていたのを覚えています。

日本屈指のバンドなのに偉ぶることなく、庶民的なフレンドリーさを変えずに、40年経っても音楽シーンの第一線で活動を続ける姿に勇気付けられます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

過去最大規模の全国ツアー
東京ドーム最終公演で披露されたセットリストをもとに全曲オンエア!!

2018年にデビュー40周年を迎えたサザンオールスターズ。デビュー記念日の6月25日から2日間にわたり開催した40周年イヤーのキックオフライブ以降、精力的な活動を展開した。プレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』をリリースし、13年ぶりに出演した「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」では大トリを務め、さらに大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」でお茶の間をにぎわせたことは記憶に新しい。

そんなサザンオールスターズは、 2019年3月から6月にかけて過去最大規模の全国ツアー「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!』」を開催し、 6大ドームを含む全11カ所22公演で55万人を動員した。このライブツアーから東京ドーム公演の模様を中心に放送! 東京ドーム最終公演で披露されたセットリストをもとに全36曲をオンエア!ファンを歓喜の渦に包みこんだ興奮のライブ映像をお届けする。

さらなる勢いを見せるサザンオールスターズの今後の活動にも注目だ!

| | コメント (0)

2019.08.15

Aimerの5thオリジナルアルバム『Sun Dance & Penny Rain』が8/15にサブスク解禁された

2019年4月10日発売の『Sun Dance & Penny Rain』は購入しようかどうか大いに悩みました。音楽定額配信サービス、サブスクリプションの登場でCDは購入しないことに決めたのですが、初回限定盤に映像特典が付いてくるので彼女への応援も兼ねて購入を逡巡しました。まだライブBlu-ray Discしか持っていないので。

「12cmCD(2枚)+BD(初回限定盤A)」は9720円もします。どうしようかと考えているうちに、Amazonの早期割引期間を逃してしまい、発売後の4月14日にYahoo!ショッピングから7822円で注文しました。しかし、完全生産限定盤ということもあって4月17日に生産終了のためキャンセルされてしまいました(泣)。

こうなったら当初の決意通りCDを購入せずにサブスクリプション一本にすることにしました。そこで5月5日に月1780円の「YouTube Premium ファミリープラン」を申し込みです。

『Sun Dance & Penny Rain』はYouTubeのAimer Official YouTube Channelで3曲ミュージックビデオが先行配信されていたので、それをオフラインに保存して聴いていました。「YouTube Premium」だと、サブスクを解禁していない歌手、例えば米津玄師もミュージックビデオがYouTubeに数十本あるのでそれをダウンロードして聴けます。

しかし、米津玄師と違ってAimerの場合、先行配信されているミュージックビデオはショートバージョンなので全部が聴けないため、サブスク解禁を今か今かと待ち焦がれていました。特に「Monochrome Syndrome」を待望しました。昨年のツアー『Aimer Hall Tour 18/19 "soleil et pluie"』で披露したようなのですが、ほとんど覚えておらず先行配信で大のお気に入りになりました。

 

 

常にアプリ「YouTube Music」で『Sun Dance』を表示させては、配信されていないことを確認する毎日でした。トホホ、、、

Img_6017

そして4か月を過ぎた8月15日の早朝1時過ぎに『Sun Dance & Penny Rain』が配信されていることを確認しました。

Img_6071

超うれしい!イヤホンを付けて一晩中再生しながら寝ました。今日はいい目覚めができました♪

サブスクリプションの「YouTube Premium」に決めましたが、一押しアーティストの楽曲配信が解禁されるまでの期間が辛いです(笑)。

| | コメント (0)

2019.05.05

「YouTube Premium ファミリープラン」を申し込んで、「Google Play Music ファミリープラン」を解約した

YouTubeとYouTube Music の利用が広告なしになるので、YouTubeアプリから「YouTube Premium ファミリープラン」を申し込みました。利用料金は1780円/月となり、1480円/月から300円アップします。

Img_5250

そして直ぐに「Google Play Music ファミリープラン」を解約しました。解約の仕方は、Google Play Musicヘルプにあります。

Google Play Music の定期購入または無料トライアルの解約

明日(5/6)で4月の定期購入期間が終わります。丁度いいタイミングでした。

以前よりも格段とYouTubeの視聴が増えています。それに伴って広告をスキップする煩わしさが増えていたので、これで解消します。

YouTube Musicに関しては、動画再生をchromecast経由で連続してTV視聴できます。早速、AimerのMusicビデオを一気見しました。

Img_5251

ちなみに、「YouTube Premium」の特典として、YouTube Originals のコンテンツも視聴可能になりますが、日本向けコンテンツがほとんどないので今のところ様子見です。

| | コメント (0)

2019.01.01

2019年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年も当ブログよろしくお願いします。

元旦早々にトレブル発生です。
年賀状をローソンに出しに行ったついでに、パンと牛乳を買っていつものようにiDで支払おうとしたところ、エラーになりました。昨年導入してから初めてです。仕方がないのでSuicaカードで支払いました。

自宅に戻ってアプリ「dカード」を確認したところ、何故か初期設定が外れていたので再設定をしました。成功しましたが、dカードの券面とアプリ画面のiD会員番号が違っています。

原因を確かめるべくドコモに電話しました。システム側からは問題ないようなので、別の店でiD支払してエラーになるか確認して欲しいとのことです。もしもエラーだとケータイ本体の不具合かもしれないとのことで、その場合はドコモショップに行くようにと回答されました。なお、iD会員番号が違っているのは仕様とのことでした。

以下、年末の雑感です。

【おせち料理は大晦日に自作した】
今年からおせち料理は購入することを止めました。昨年ABCクッキング教室でおせち料理の回で、簡単で美味しいものが作れることを学びました。そうなると毎年2、3万円も出して購入するのがバカらしくなりました。

大晦日の朝8時から夕方まで次の料理を作りました。
①筑前煮
②黒豆
③雑煮
④栗きんとん

とりあえず、4品あればおせち料理の格好になるでしょう。①②③はホットクックで、④は鍋です。

伊達巻も簡単なので作りたかったのですが、ミキサーを持っていないので断念しました。スーパーで買おうかと思いましたが、1000円以上もするので見送りました。自分で作れば原価100円くらいでしょう。

ホットクックで作るので時間がかからず簡単なのですが、③は昨年のレシピを参考に作っていたのですが、めんつゆを入れようとしたところカビが生えていていることが分かり、新たに買い物しました。醤油と同じ保管をしていたのですが、開封後は冷蔵しなければならないことにその時気づきました。また、②と④の途中で必要な砂糖が足りなくなったので再び買い物に行ったりして、無駄な時間がかかりました。

次の気付きがありました。
①は、たけのこの水煮とこんにゃくは残したくないので袋から出して全て使ったところ、必要の量を倍になってしまい、出来上がりが薄味になってしまいました。そのため、しょうゆ大さじ3に大さじ1追加して再加熱したところ味がしっかりしました。

②は、メニューを見て2日かかることがわかりました。事前に一晩つけて、加熱後一昼夜おいて味を含ませる必要があるのですが、1日で終わらせました。結構柔らかくて美味しかったです。黒豆は280gのところ、購入したものが400gあったのでそのまま使いました。一晩つけるところ、8時から7時間後の15時から加熱(3時間)させました。案の定、出来上がりが甘くありません。そこで砂糖50g追加して再加熱させて甘くしました。

④安納芋で試しました。手作りきんとんの色付けに「くちなしの実」が必要です。初めての購入だったのでスーパーで見つけるのに時間がかかりました。ハウス食品のティーパックタイプはティーパック1袋がくちなしの実1個分に相当するそうです。ありがたいことに栗きんとんの作り方が書かれていました。

[材料(4人分)]
さつまいも:800g
くちなしの実ティーパックタイプ:2袋
栗の甘露煮:1びん(300g入り)
水:200〜400    ml
砂糖:100g
みりん:大さじ4
塩:少々

IMG_4178IMG_4177

[作り方]
(1)さつまいもとかぶるくらいの水、くちなしの実を火にかけて、(2)柔らかくなったらゆで汁とくちなしの実を捨て、裏ごしする。(3)栗のシロップと水、砂糖、みりん、塩を加えて弱火で練り上げ、栗の甘露煮を加えて冷ます。※裏ごしは面倒だったのでヘラで潰しただけです。

【第69回(2018年)紅白歌合戦に感動した】
紅白はほとんど観ないのですが、息子が音楽に熱中しているので付き合いました。

何と言っても今年の一押し米津玄師が初登場です。2018年に日本で一番売れた「Lemon」を熱唱してくれたところからテンションが高くなっていました。

ユーミンがNHKホールとは別のセットで「ひこうき雲」を歌ったときに、どこからの中継と気をもんだところ、「やさしさに包まれたなら」のイントロが流れる中でユーミンがNHKホールにサプライズの登場しました。もう涙でした。

さらに、大トリで結成40周年のサザンオールスターズが「希望の轍」から「勝手にシンドバッド」で盛り上げてくれました。「勝手にシンドバッド」が始まってユーミンが桑田佳祐のほっぺにチューする場面は、本当に良いものが見れたと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.19

『Aimer Hall Tour 18/19 "soleil et pluie"』

2018年12月19日(水)
東京都 国際フォーラムA
開場17:30開演18:30
7000円
1階25列

Aimer(エメ)のライブは2回目になります。前回4月のライブは3曲聴いただけでしたので、今回が本格的なライブ鑑賞になります。

ツアーのタイトル"soleil et pluie"は”太陽と雨”のフランス語で、前半は白いドレスで太陽を連想するもの、後半は黒いドレスで雨を連想するものと2部構成です。

前回のライブは、スタンディングで今回は指定席なので、ゆっくりと彼女の歌声を味わうことが出来ると思いました。

ところが、いきなり1曲目からスタンディングになりました(泣)。ロケットスタートです。予想外でした。結構パワフルに歌い上げており、後半になるほど歌唱が冴え、アンコールでの最後の曲が本日の最高の歌声だったと感じました。

切ない曲を切々と聴かせるというイメージでいたのですが、ロックのようなノリもあり、結構な引き出しがあることが分かりました。表現者としてかなり進化している印象です。

さて、今回のライブは会社の同僚から譲ってもらいました。18、19日の2日間のチケットを1枚ずつ購入されていて、俺が前回中途半端だったことを覚えていてくれて、19日良かったらと前日に声を掛けてくれました。このツアーは最初からチケットが取れないと諦めていたので有難かったです。

会社を17時過ぎに出て、17時半頃に銀座駅で降車しました。帰宅は22時を過ぎるので、ケンタッキー フライドチキン 銀座INZ店でチキンフィレサンド(690円)で腹ごしらえをしました。そこから、徒歩でJR有楽町駅を経由して会場を目指し、18時に入りました。

5000人収容できる東京都 国際フォーラムAは初めてで、音響や座席の良さに感心しました。舞台から20メートルくらいの席です。

観客は男女半々くらいで、高校生からビジネスパーソンの大人が中心です。アンコール時にエメがアンケートで、平日なのにどうやって来たかの問に、半数近くが有休orさぼりで手を上げていました(笑)。

また、遠くから来た人との問に、国内の県名が出ると思っていたら、驚いたことに台湾、香港、インドネシア、タイと次々に声が上がり拍手が起きました。香川県が霞んでしまった...彼女が東南アジアで人気があることに気づきました。

ちなにみ、前回ライブで一緒だった息子には内緒です。話そうか話すまいか考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.14

「YouTube Music」がスタートした

グーグルは11月14日に、YouTubeの音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」を開始しました。

Screenshot_20181114-133941

Google Play MusicはYouTube Musicに統合されていく予定で、現在Google Play Musicの有料会員はYouTube Music Premiumを自動的に利用できます。

早速、iPad Proにアプリ「YouTube Music」をインストールして試しています。

IMG_3757

IMG_3758

主な特長は次の通り3つです。

①広告なしで音楽を再生
②バックグラウンドで音楽を再生
③オフラインで音楽を再生

楽曲提供はGoogle Play Musicと同じですが、それにプラスして現状でYouTubeにアップされている動画が鑑賞できます。

米津玄師で試しました。

IMG_3761

彼の動画が広告なしで連続再生してくれます①。シンプルな機能ですが、これが想像以上に評価できます。

アプリ「YouTube」だとバックグラウンドの再生は出来ませんが、アプリ「YouTube Music」は音声のみモードでバックグラウンド再生が出来ます②。他のアプリを操作したいときにもってこいの機能です。

さらに、オフラインに保存してパケットを使わなくても音楽を再生させることが出来ます③。

サブスクリプションサービスの中でも「YouTube Music」は新たな音楽体験をさせてくれます。Google Play Musicの自分がリッピングしたライブラリがYouTube Musicに統合されたら、Google Play Musicは用済みですね。

ともかく広告なし連続動画再生が目玉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.07

定額制音楽配信サービス時代ならではの「とっておきのプレイリストの作り方」を紹介します

ユーミンの全曲が9月14日からサブスクリプションサービスで配信開始されてから、最近になって次の通り実践しています。利用しているのはGoogle Play Musicです。

「ユーミン」と名付けた1つのプレイリストを作成し、ユーミンのオリジナル・アルバム38枚を発表順(1973〜2016年)に全部コピーして、頭から聴くです。

【ユーミンのオリジナル・アルバム38枚のプレイリスト】
・全部で384 曲
→28時間15分01秒

ファンなら当たり前の聴き方だと思いますが、ライブに数回行ったくらいでアルバムやDVDも数枚購入しただけのゆるいファンでは、このような贅沢なプレイリストを作ることは今まで不可能でした。それがサブスクリプションサービスのお陰でファンの真似事が出来るようになりました。

実は、ユーミンのサブスクリプションサービスが開始されて真っ先に『40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。』に飛びついたのですが、ヒット曲の寄せ集めは1回で飽きてしまいました。昔から誰のベストアルバムであっても買ったときだけですぐに聴くのを止めてしまうパターンを繰り返してきました。ユーミンでも同様でした。美味しいもの(ヒット曲)だけだと、すぐに食べ飽きてしまう典型です。

ユーミン三昧の毎日を過ごしていますが、全く聴き飽きませんし、時系列で当時の雰囲気を蘇らせながら、彼女の偉大な足跡を辿ることが出来ます。さすがに384 曲を一巡するには数日かかりますが。

発表順のオリジナル・アルバムを1つのプレイリストにまとめて、是非お試しください!お気に入りの歌手を長時間連続して飽きずに聴き続けられる方法だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.27

10/27ワンマンライブ「米津玄師 2018 LIVE / Flamingo」に行った

3月に購入した8thシングル「Lemon」の特典によるライブ申し込みが当選していました。7ヶ月経ってようやく念願のライブです。場所は、千葉・幕張メッセ国際展示場1~3ホールで、人人です。女子トイレ前は長蛇の列でした。16時半に到着して、18時の開演を待ちました。写真は、スマホのQRコードで入場した際にスタッフから手渡されたリストバンドです。

DSC_0031

ステージ右側に陣取りました。今か今かと待ち続け、18時10分を過ぎてようやく派手なパーカーのフードを目深にかぶって米津玄師が登場、「LOSER」でのスタートでた。いきなり盛り上がりをみせます。ステージ左右にスクリーンが設置され、彼独特の音楽に揺れながらの踊りで向かって右のスクリーン前まで移動すると、右側の観客が最高潮の歓声で答えます。ポップミュージックなのにロック張りなノリです。

タイトルは新曲のFlamingoが入っていますが、セットリストは4thアルバム『BOOTLEG』が中心でした。ともかく歌唱に迫力があって、楽曲がライブ向きです。周りの中高生を始めとする若い観客がノリノリでした。息子もライブ体験2度目ながらノッています。

ともかくライトによる光の洪水で幻想的な演出が新鮮でした。米津玄師のかき鳴らすギター姿がカッコよかったです。

アンコール前のトリは、お待ちかねの「Lemon」でした。19時半頃で少し早い気がしましたが、すぐにアンコールで再登場して、メンバー紹介とメンバーとの会話で会場を和ましてくれました。20時前には終演しました。

本人もMCで反省したいたのですが、何曲か高音になったときに、声が飛んでいたのが気になりました。まだまだ発展途上だと思います。今後ライブをこなして、さらに観客の一体感が作り上げられると、日本を代表するアーティストに成ると思います。

ところで、当日の朝シャワーを浴びているときに、ぎっくり腰になってしまいました。立っていることや歩くことは支障が無いものの、3時間半も立ちっぱなしのライブは流石に堪えました。終演後、幕張メッセ内の長椅子に息子と一緒に腰掛けて休みました(笑)。

それと、長椅子に座ろうとした際に、会社の同僚から声をかけてもらいました。事前に行くことは互いに伝えてあったのですが、まさか2万人のライブでお会い出来るとは驚きました。僅か数秒でしたが、お会い出来て嬉しかったです。お元気で!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.24

ユーミンの全曲がサブスクリプションサービス配信開始した

9/24からユーミンの全曲424曲が、Google Play Musicなどのサブスクリプションサービスで配信されました!

ニュースです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧