2018.11.14

「YouTube Music」がスタートした

グーグルは11月14日に、YouTubeの音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」を開始しました。

Screenshot_20181114-133941

Google Play MusicはYouTube Musicに統合されていく予定で、現在Google Play Musicの有料会員はYouTube Music Premiumを自動的に利用できます。

早速、iPad Proにアプリ「YouTube Music」をインストールして試しています。

IMG_3757

IMG_3758

主な特長は次の通り3つです。

①広告なしで音楽を再生
②バックグラウンドで音楽を再生
③オフラインで音楽を再生

楽曲提供はGoogle Play Musicと同じですが、それにプラスして現状でYouTubeにアップされている動画が鑑賞できます。

米津玄師で試しました。

IMG_3761

彼の動画が広告なしで連続再生してくれます①。シンプルな機能ですが、これが想像以上に評価できます。

アプリ「YouTube」だとバックグラウンドの再生は出来ませんが、アプリ「YouTube Music」は音声のみモードでバックグラウンド再生が出来ます②。他のアプリを操作したいときにもってこいの機能です。

さらに、オフラインに保存してパケットを使わなくても音楽を再生させることが出来ます③。

サブスクリプションサービスの中でも「YouTube Music」は新たな音楽体験をさせてくれます。Google Play Musicの自分がリッピングしたライブラリがYouTube Musicに統合されたら、Google Play Musicは用済みですね。

ともかく広告なし連続動画再生が目玉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.07

定額制音楽配信サービス時代ならではの「とっておきのプレイリストの作り方」を紹介します

ユーミンの全曲が9月14日からサブスクリプションサービスで配信開始されてから、最近になって次の通り実践しています。利用しているのはGoogle Play Musicです。

「ユーミン」と名付けた1つのプレイリストを作成し、ユーミンのオリジナル・アルバム38枚を発表順(1973〜2016年)に全部コピーして、頭から聴くです。

【ユーミンのオリジナル・アルバム38枚のプレイリスト】
・全部で384 曲
→28時間15分01秒

ファンなら当たり前の聴き方だと思いますが、ライブに数回行ったくらいでアルバムやDVDも数枚購入しただけのゆるいファンでは、このような贅沢なプレイリストを作ることは今まで不可能でした。それがサブスクリプションサービスのお陰でファンの真似事が出来るようになりました。

実は、ユーミンのサブスクリプションサービスが開始されて真っ先に『40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。』に飛びついたのですが、ヒット曲の寄せ集めは1回で飽きてしまいました。昔から誰のベストアルバムであっても買ったときだけですぐに聴くのを止めてしまうパターンを繰り返してきました。ユーミンでも同様でした。美味しいもの(ヒット曲)だけだと、すぐに食べ飽きてしまう典型です。

ユーミン三昧の毎日を過ごしていますが、全く聴き飽きませんし、時系列で当時の雰囲気を蘇らせながら、彼女の偉大な足跡を辿ることが出来ます。さすがに384 曲を一巡するには数日かかりますが。

発表順のオリジナル・アルバムを1つのプレイリストにまとめて、是非お試しください!お気に入りの歌手を長時間連続して飽きずに聴き続けられる方法だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.27

10/27ワンマンライブ「米津玄師 2018 LIVE / Flamingo」に行った

3月に購入した8thシングル「Lemon」の特典によるライブ申し込みが当選していました。7ヶ月経ってようやく念願のライブです。場所は、千葉・幕張メッセ国際展示場1~3ホールで、人人です。女子トイレ前は長蛇の列でした。16時半に到着して、18時の開演を待ちました。写真は、スマホのQRコードで入場した際にスタッフから手渡されたリストバンドです。

DSC_0031

ステージ右側に陣取りました。今か今かと待ち続け、18時10分を過ぎてようやく派手なパーカーのフードを目深にかぶって米津玄師が登場、「LOSER」でのスタートでた。いきなり盛り上がりをみせます。ステージ左右にスクリーンが設置され、彼独特の音楽に揺れながらの踊りで向かって右のスクリーン前まで移動すると、右側の観客が最高潮の歓声で答えます。ポップミュージックなのにロック張りなノリです。

タイトルは新曲のFlamingoが入っていますが、セットリストは4thアルバム『BOOTLEG』が中心でした。ともかく歌唱に迫力があって、楽曲がライブ向きです。周りの中高生を始めとする若い観客がノリノリでした。息子もライブ体験2度目ながらノッています。

ともかくライトによる光の洪水で幻想的な演出が新鮮でした。米津玄師のかき鳴らすギター姿がカッコよかったです。

アンコール前のトリは、お待ちかねの「Lemon」でした。19時半頃で少し早い気がしましたが、すぐにアンコールで再登場して、メンバー紹介とメンバーとの会話で会場を和ましてくれました。20時前には終演しました。

本人もMCで反省したいたのですが、何曲か高音になったときに、声が飛んでいたのが気になりました。まだまだ発展途上だと思います。今後ライブをこなして、さらに観客の一体感が作り上げられると、日本を代表するアーティストに成ると思います。

ところで、当日の朝シャワーを浴びているときに、ぎっくり腰になってしまいました。立っていることや歩くことは支障が無いものの、3時間半も立ちっぱなしのライブは流石に堪えました。終演後、幕張メッセ内の長椅子に息子と一緒に腰掛けて休みました(笑)。

それと、長椅子に座ろうとした際に、会社の同僚から声をかけてもらいました。事前に行くことは互いに伝えてあったのですが、まさか2万人のライブでお会い出来るとは驚きました。僅か数秒でしたが、お会い出来て嬉しかったです。お元気で!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.24

ユーミンの全曲がサブスクリプションサービス配信開始した

9/24からユーミンの全曲424曲が、Google Play Musicなどのサブスクリプションサービスで配信されました!

ニュースです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.22

ぼくのりりっくのぼうよみ、活動終了を9/21日「NEWS ZERO」で発表した

音楽ナタリーで事前に重大発表があることを知り、ほとんど観たことがない日テレのニュース番組「NEWS ZERO」を録画しました。

零時26分から6分間のCultureコーナーで、ぼくのりりっくのぼうよみ本人がインタビューに答える形で、「天才をやめようかなと思って」から始まり、来年1月に音楽活動をやめるとのこと。理由は「自由になりたいです。できあがった他の人たちの中にある偶像に自分が支配されちゃうということ、それにとても耐えられない。自分の欲求に従っていくそれが僕の理想の人生というかやりたい生き方なので。むしろやめることを決意して理想の人生の最初の一歩が始まってる。」

略称「ぼくりり」。2015年17歳でメジャーデビュー、雑誌「文學界」でエッセイのオファー、今年(2018年)2月に20歳を迎える。3月のファイナル公演後に取材中断し半年後にインタビューを受けた。12月にオリジナルアルバムとベストアルバムをリリースする。

今年1月に放送されたTVアニメ「刻刻」のエンディングテーマ「朝焼けと熱帯魚」から彼を知って、好んでその他の楽曲を聴くようになり、近いうちにコンサートに行きたいと思っていたので残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.10

篠崎愛には歌手で成功して欲しい

今年のGWに入った時に、休み中に聴ける良い音楽が無いかなとGoogle Play Musicの「おすすめの新作」を物色しました。

サビの部分で自分に合ったものを探していたところ、篠崎愛のメジャー1thアルバム『YOU & LOVE』(2018年4月25日リリース)に惚れ惚れしました。

歌のテクニック、上手さ、表現力が物凄く、楽曲も今流行りの女性歌手のものよりも光っています。掘り出し物です。

しかし、待てよ。名前聞いたことがあるなと思って、インターネット検索したところ巨乳グラビアアイドルの彼女でした。歌手だったことは全く知りませんでした。どうしても彼女の容姿から歌っている姿が連想出来ないので、Youtubeを検索したところ、バラエティ番組「カラオケバトル」で95点以上の高得点を叩き出す強者だということが分かりました。

なるほど〜、これだけの歌唱力があるのであれば、歌手デビューしていてもおかしくありません。

Google Play Musicに戻って、篠崎愛の全ての楽曲をプレイリストに集めたところ、2008年にプリンセス・プリンセス「M」をカバーしてシングルを出していることがわかりました。既に10年経ってます。

『YOU & LOVE』も良いのですが、2016年12月7日に発売されたメジャー2ndシングル「TRUE LOVE」が優れています。タイアップ曲で日テレ系テレビアニメ「タイムボカン24」EDテーマです。アニメ好きではあるものの、このアニメはスキップしていたので当時出会える機会を逃していました。

Google Play Musicでは、TRUE LOVE(Special Edition)として5曲まとめてあります。

1. TRUE LOVE
2. Specialすぎて
3. 真っ赤隠して
4. 想い出の溜息
5. 愛しい

IMG_1884
この5曲がどれも素晴らしい楽曲です。最近ではこれを繰り返し聴いています。Google Play Musicをチェックできる人は是非聴いてみてください。

ちなみに、メジャー1thアルバム『YOU & LOVE』ですが、所属するソニーミュージックのサイトは力が入っていません。インフォメーションの最新は昨年のものです。

http://www.sonymusic.co.jp/artist/aishinozaki/

どうしても音楽活動はグラドルのサブ的な位置付けのようで、ミュージックビデオもグラビア撮影のメイキングをそのまま流用したようなものも見受けられました。

クラビアアイドルとしては年齢が高くなってきているので、ここはひとつ歌手をメインとして頑張って欲しいものです。

本当に歌が上手いので、コンスタントに楽曲をリリースできる存在になって欲しいと思います。


ところで、Mr.Childrenの全シングル・アルバム曲の配信が、今日5月10日から始まっています。いよいよ大物ロックバンドがサブスクリプションサービスに参入してきました。帰宅時に「GIFT」「HANABI」「Sign」をプレイリストに入れて聴きました。良いですね〜〜〜、贅沢な時代が到来しつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.01

転売サイトViagogoでチケットを購入してしまった

実は先月のライブチケットは転売サイトViagogoで購入したものでした。
ライブのチケット購入が久しぶりだったことと、時間が無かったので転売サイトの認識が無いままに利用してしまいました。

次の経緯です。
昨年からAimerに興味を持ったので、Sony MusicオフィシャルサイトのメールサービスでAimerを登録しました。

smojnewsからメールで3月17日午前10時9分に東京追加公演一般発売開始のインフォメーションが届きました。URLで該当のページを表示するも、どこでチケットが販売されているかわかりません。

IMG_1847

一般販売なので直ぐに売り切れるだろうとあせりました。

とりあえず、チケット販売先を検索したところ、一番最初に「Viagogo」が表示され、チケットが若干あるとのことです。「Viagogo」なんて全く聞いたことがありません。時間に余裕があれば、冷静にe+(イープラス)やチケットピア、ローソンチケットを探すのですが、時間がありません。

直ぐにチェックして購入手続きに入りました。手続きが完了するまで残タイマーが表示されて、ギリギリで滑り込んで何とか2枚ゲットしてクレジットカード支払で完了しました。料金は27717円です。途中で手数料が1枚当たり7000円と表示されました。料金は正規ルートであれば6500円×2=13000円+αですから、倍の料金になりました。しかし、Aimerのライブに行けるのであれば文句ありません。

一番の心配はちゃんとチケットが届くかどうかです。
そして、「Viagogo」は信頼がおけるのか?

インターネット検索をしたところ、Yahoo!知恵袋にありました。その多くがちゃんとチケットが送られるのかという俺と同じ質問です。その回答は普通に届くとのあっさりとしたものでした。届かなかった場合はサポートに連絡すると返金処理してくれるとの情報もありました。とりあえず、一安心です。

さらに調べたところ、世界60ヶ国以上で展開するチケットの売買をC2Cのサービスで提供するEコマース会社だそうです。利用者同士が直接取引でなく、viagogoが介入するビジネスモデルを採用しています。したがって、営利目的の転売サイトではなさそうです。

3月22日には「Viagogo」からチケット送付のメールが届き、日本郵便の配送追跡用ウェサイト(英語版)のURLがあり、京都市山科区から簡易書留で送付されたことがわかりました。3月24日には自宅に到着しました。宛名は日本人です。

ということで、追加公演一般発売開始と同時に販売目的でチケットを手に入れた人が「Viagogo」で転売したチケットが手に入ったことになります。一般販売が開始されている中で、「Viagogo」にチケットが出品されていたのは解せないのですが、、、

世の中では転売が槍玉に上がっていますが、グローバルに展開したサービスなので制約を受けないのかもしれません。

4月クレジットカードの請求明細を確認できたので、即「Viagogo」のアカウントを削除しました。知らなかったとはいえ、転売に協力してしまったようです。今後は正規ルートから購入します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.23

シンガーソングライター・ぼくのりりっくのぼうよみの才能に驚いた

今年1月に放送されたTVアニメ「刻刻」のエンディングテーマ「朝焼けと熱帯魚」の斬新さに驚いて、それからGoogle Play Musicでぼくのりりっくのぼうよみ(略すと「ぼくりり」)の楽曲を最近毎日聴いています。

ヒップホップのジャンルになるようですが、曲によってはジャズのようでもあるし、J-POPとは一線を画する曲調で、その独創性に驚かされます。

ともかくハイセンスなメロディで、1998年生まれながら老獪さも兼ね備えておりその才能に驚かされます。唱法のテクニックもなかなかです。

2015年12月16日に、1stアルバム『hollow world』でメジャーデビューしたそうで、当時は17歳の現役高校3年生でした。早熟ですね。

Aimer(エメ)米津玄師と並んで、ぼくりりは最近のお気に入りです。この半年で3人を知りました。Aimerと同様にGoogle Play Musicで全曲配信しているようなので、CDは購入していません。サブスクリプション(定額制聴き放題)配信サービスとともに、新しい才能が台頭して来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.05

「amazarashi × Aimer Asia Tour 2018 in Tokyo」で息子をライブ鑑賞デビューさせた

チームスマイル・豊洲PITで行われたamazarashiとAimerによるツーマンツアーに息子と一緒に行きました。息子にとってはライブ鑑賞デビューとなります。

DSC_0024

18時開場、19時開演ということで30分前にゆりかもめ東京臨海新交通臨海線の新豊洲駅に到着しました。

DSC_0025

新豊洲駅の近くにチームスマイル・豊洲PITがありました。

DSC_0027

17時50分から整理番号順に並べということで、スタッフに誘導され2200番以降はチームスマイル・豊洲PITに面した道路側に横4名で整列です。2900番台なので一番最後に入場することになりますが、何と1時間後です。

入場時にドリンク代として1人500円支払いドリンク用コインを受け取ります。息子はトイレを我慢していたので入場すると直ぐにトイレに直行しました。酷い施設です。入場するのに途方もなく時間がかかるのに、会場の外にトイレはありません。我慢するか近隣の公衆トイレを利用しろとのことです。

トイレが終わったら直ぐにコインをドリンクに交換して会場内に入りました。チームスマイル・豊洲PITのキャパはスタンディング時3,103名とのことです。一番後ろのドアから入ったのですが、立錐の余地もないほど満員でドアから5歩ほどのところで鑑賞することになりました。

amazarashiは定刻19時から演奏開始です。ステージに薄い幕がかかっていて、そこをスクリーンにして映像を流すという演出です。観客側から照らすと映像が現れ、ステージ側からライトをつけるとamazarashiのメンバーが見える仕掛けです。

amazarashiが大きく声を張り上げると音が割れました。最後から3曲めから調整されたのですが、1時間のうち大半が耳障りな大音響でがっかりでした。

20時過ぎに終わって、いよいよAimerの登場ですが、薄い幕の撤去やセッティングで20分間のインターバルあり、20時半からスタートです。白いドレスを着たAimerが遠くに小さく見えました。歌声はこれまでライブ映像で知っていたよりも、歌の巧さにプラスして声量も迫力もありました。大したものです。

Aimerのバンドは大音量になってもクリアでした。音響技術スタッフの腕が良いようです。

残念ながら、明日は息子の学校の始業式なので3曲聴いたところで20時50分頃に会場を後にしました。(それでも帰宅は22時半でした...)

ちなみに、ライブは4年前の Zepp DiverCity Tokyo以来です。

【amazarashi × Aimer Asia Tour 2018】
2018年3月3日(土)中国 上海 Bandai Namco Shanghai Base(DREAM HALL)
2018年3月4日(日)中国 上海 Bandai Namco Shanghai Base(DREAM HALL)
2018年3月24日(土)台湾 台北 Legacy MaX
2018年3月31日(土)シンガポール Zepp@BIGBOX Singapore
2018年4月5日(木)東京都 チームスマイル・豊洲PIT ※追加公演

【2018年4月5日 チームスマイル・豊洲PIT セットリスト】

amazarashi
01. ワードプロセッサー
02. フィロソフィー
03. 季節は次々死んでいく
04. 僕が死のうと思ったのは
05. 悲しみ一つも残さないで
06. 水槽
07. 空洞空洞
08. ラブソング
09. 空に歌えば
10. 美しき思い出
11. 命にふさわしい
12. スターライト

Aimer
01. insane dream
02. Brave Shine
03. holLow wORlD
------------------------
↓以下聴けてません(泣)
------------------------
04. 花の唄
05. ninelie
06. LAST STARDUST
07. Ref:rain
08. 蝶々結び
09. カタオモイ
10. ONE
11. Stars in the rain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.22

Perfume×テクノロジー公演「Reframe」のお土産いただきました!

Aimer(エメ)に引き続き、ありがとうございます。

3月20、21日に東京・NHKホールで開催されたライブイベント「This is NIPPON プレミアムシアター『Perfume × TECHNOLOGY』presents "Reframe"」のステッカーです。

DSC_0011

ニュースサイト「ナタリー」によると、最先端テクノロジーによるステージだったようです。

Perfumeを最新テクノロジーで再構築、観客は1時間ノンストップで驚きの連続

YouTubeで3曲の映像が公開されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧