2018.07.21

【ABCクッキング料理基礎クラス02】魚料理③[13/24]

・鯵のフライ〜タルタルソース〜
・かぼちゃの煮物〜そぼろあん〜
・たこときゅうりの三杯酢
・豚汁

DSC_0011

定員4名のところ3名(女2、男1)、小学6年生と生後5ヶ月の男の子のお母さんで、4連続同じ先生です。
三枚おろしを覚えるために7月は魚料理を連続で3つ受講しまいた。今回で何とか身についたと思います。出来上がった鯵のフライは、市販のものとは比べ物にならない位に美味しく、今までになく充実していました。これほどの味ならば自分で料理する価値があります。3回目となると魚の臭みは気にならなくなりました。

ところで、今回2回目となる小学生と一緒の受講です。小学生で三枚おろしとは大したものです。包丁さばきもなかなかで、スピードも俺とほとんど変わりません。自宅では女の子らしくパンやケーキを作っているそうで、1人で教室に来ていると話してくれて驚きました。一方のお母さんは、トマトのグチュグチュなところが苦手で、付け合せを食べてほしいとのことで頂きました。赤ちゃんは離乳食に入っており、食が細いことを心配されているご様子でした。今日が最終とのことでご主人に子守をしてもらって、何とか基礎クラスを全て修了されたそうです。本当にお母さんは大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

【ABCクッキング料理習得クラス12】おもてなし④[10/24]

・黒豆
・田作り
・海老の旨煮
・筑前煮
・菊花かぶ
・伊達巻き
・栗きんとん
・関東風雑煮

DSC_0092

4ヶ月ぶりの受講は、半年早いおせち料理です。
定員4名のところ、1名欠席で3名(女2、男1)になりました。2時間で7品なので密度の濃さは半端ありません。講師の指示に従ってともかく作業を進めるだけでした。
田作りだけ、溶けたきび砂糖が固まってしまいとんでもなく固い出来になった以外は、出来たてのおせち料理は美味しいものでした。

考えさせられたのは、おせち料理は段取りがしっかりしていれば割りと短時間で出来るということです。いままで自分で作ったことが無く、例年オンラインショッピングで購入するのが当たり前になっていましたが、やる気になればそれほど敷居は高くないようです。その昔、おせち料理は各家庭の母親が作っていたものなのですから。2019年のおせち料理は自分で作るのもいいかもしれません。ABCクッキングに10回通って1年目ですが、ようやくやる気が出てきました(遅)!

ところで、プレゼントをもらいました。ガチョウの顔がロゴマークのシカゴを代表するクラフトビールブランド「グースアイランド」の「HONKERS ALE(ホンカーズエール)」です。

DSC_0093DSC_0094

全く知らないビールです。検索したらYahoo!ショッピングで1本435円でした。帰宅して冷蔵庫で冷やして頂きました。「フルーティなホップのアロマと、モルトの苦味が絶妙なバランス」だそうです。飲んだ感じは、日本の地ビールの銀河高原ビールに近いです。

「HONKERS ALE(ホンカーズエール)」
・商品名:ビール
・原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
・原産国:アメリカ
・アルコール度数:4.3%
・内容量:355ml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.06

日経トレンディネットの連載コラム「終わることのない人工知能の話」でAIの恐怖が無くなった!

2018年02月02日からスタートしていますが、元々は「nikkei BPnet」で2016年7月25日から掲載された記事を転載したものです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/121800058/

AIの未来を紹介する記事は、ほとんどが悲観的です。AIによって仕事が無くなるとか、AIの暴走が核兵器と並んで人類を滅ぼすリスクの1つとさえ報じられています。私自身もこれまでにAIを学ぶべく次の書籍を読んでいます。AI本を読めば読むほど、AIに対してネガティブになってしまいました(泣)。

小林 雅一著『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』
レイ=カーツワイル著『シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき』
松尾豊著『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』
羽生善治『人工知能の革新(NHK出版新書)』

しかし、本コラムを読んでAIに対して不安が無くなりました。AI研究の第一人者である東京大学の中島秀之先生と公立はこだて未来大学の松原仁の対談で、AIに対して誤解していることが分かりました。

特に、シンギラリティとAIの能力について誤った解釈をしてきたことが、次の引用箇所で理解でしました。

「『シンギュラリティは近い』でカーツワイル氏が展開している理論の主旨は、「人間の生物的進化はあまり進まないが、そこをテクノロジーの進歩で超えよう」というもの。だから「When Humans Transcend Biology」というサブタイトルがついている。 」

「要するに、将棋や囲碁、会計や法律、医療にしても、受験で試されている“大人の知能”の範疇にある。はっきりと言えば、AIは、やさしいところ、つまり、自分が得意とする“大人の知能”の分野から攻めている。一見、その分野での勝利が目立つから、世間のみなさんは「AIが人間の知能を超えたんじゃないか」って、心配する。でも、はっきり言って、今のAIは、小さな子どもが普通にやっている「積み木遊び」も満足にできない。 」

AIを必要以上に怖がっている方は是非、本コラムを読まれることをお勧めします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.24

【ABCクッキング料理基礎クラス03】肉料理①[9/24]

・豚のしょうが焼き
・きんぴらごぼう
・なめこと豆腐のおみそ汁
・鍋炊きごはん

IMG_1338

肉料理②の前段のクラスです。
定員4人(女2、男2)での受講で、ペアを組んだのは何と小学5年生男子でした。大人に混じって堂々たる包丁さばきです。まだ器用さはありませんが、講師の指示について来ていました。今どきの子どもは大したものです。作業の合間にいくつか質問しました。「家で料理をするのか」「友だちで料理をしている子はいるのか」に対してどちらも無いとのことでした。将来料理人を目指してもおらず、純粋に料理をしたいというのが動機のようです。

それにしてもABCクッキングは年齢層が10代から60代くらいまで幅広くて面白いです。以前は女性ばかりだったようですが、今では老若男女の食育の場に成長しています。

さて、今回の学びですが、付け合せのキャベツのせん切りです。葉のせん切りは当たり前ですが、芯に関してはこれまで何も考えずに捨てていました。芯は斜めに薄切りにして、さらにせん切りをする捌き方だということがわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

【ABCクッキング料理基礎クラス04】肉料理②[8/24]

・から揚げ
・ポテトサラダ
・ひじきの煮つけ
・大根とお揚げのおみそ汁
・炊き込みごはん

DSC_0396

少しさぼっていて3ヶ月ぶりの参加になりました。定員4人(女3、男1)での受講で、今回の講師の方の授業は2回目です。

予約が取れず、肉料理①をスキップして②になります。作業のボリュームが多くて、講師の指示通りにこなすのが精一杯でした。

自宅で揚げ物は油の処理が面倒なので、天ぷらくを数回やったくらいです。から揚げは挑戦したい料理の一つなので勉強になりました。ただし、揚げ物用のIHクッキング専用鍋を用意しなければならないので、そこまで手を伸ばすか考え中です。

今日の授業で特にためになったのは、ポテトサラダを作るときにポテトを潰して温かいうちにお酢(小さじ1)入れると、塩気を感じるようになり、マヨネーズを多く入れなくても良くなるというテクニックでした。是非実践したいと思います。

出来上がりは満足の行く美味しさでです。授業の後の試食会では子育てを含めてお話が出来てとても楽しかったです。それにしても子育て中のお母さんは授業に参加するだけでも大変です。

ところで、エプロンを新調しました。amazonで一番売れている男女兼用のカフェエプロンです。1080円で安い黒を選びましたが、黒は繊維がつきやすいので失敗したかも、、、

DSC_0393DSC_0394

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.12

【ABCクッキング料理基礎クラス10】中華②[7/24]

・麻婆豆腐
・揚げ春巻き
・青椒肉絲(チンジャオロースー)
・春雨中華サラダ

DSC_0283
 
定員4人(女3、男1)での受講です。5月の初授業の中華①の続編になります。ともかく工程が多くて、流れ作業をこなすのにやっとでした。そのかいあって出来上がりは美味しく満足のいくものでした。麻婆豆腐に使った花椒(ホワジャオ)が辛く、予想以上の辛さに驚きました。少し残念だったのが、春巻きが巻ではなく、包のような形になったことです。
 
中華の調理にはいろいろなコツがあり、奥深さを感じました。ともかく中華は調味液を最初に合わせておくことが基本とのことです。
 
教室ですが、男性スタッフを初めて見かけました。料理教室の世界にも男性陣が進出しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.24

Google Homeにあいさつしよう!

Google Home Miniを使い始めた昨日から次のあいさつをしています。「OK!Google」か「ねぇ!Google」の後に4ワードです。
①おやすみ
②おはよう
③いってきます
④ただいま

②の返答後に「一日のお知らせ」と「ニュース」が1時間くらい流れました。朝のあいさつだけで自動に対応してくれる便利さに驚きました。アプリ「Google Home」の設定にあるのですね!「今日はどんな日」のコマンド同じ動作をしてくれたようです。

Screenshot_20171024-125254Screenshot_20171024-125234Screenshot_20171024-163637

出勤前に最適な項目です。よく考えられています。まだまだ発展途上ではあるものの、スタートから実用的なプログラムが用意されていました。

①、③、④は人間味溢れる返答です。2日目以降はどのような返答になるのか楽しみです。

ただし、返答する声ですが、思ったほど人格は感じられません。かと言って人工的でもないのですが、感情移入しにくい設定にしているようです。映画『her/世界でひとつの彼女』の世界が訪れないように、近親感がわかないように設計をしているのではと深読みしました。AIに必要以上に依存させないような配慮なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.16

【ABCクッキング料理基礎クラス06】洋食②[6/24]

・海老マカロニグラタン
・手づくりチキンナゲット〜マスタードソース〜
・コールスローサラダ

DSC_0181

定員4人(女2、男1、欠席1)で受講です。1人足りないので講師とペアになりました。今日の出来上がりも満足できるもので、美味しく頂きました。作っているときには少なめかと思いましたが、意外とボリュームがあり満腹になりました。ちなみに4人分作ったので、1人分は女性の方に持ち帰ってもらいました。持ち帰りの容器がない場合には、教室で容器を購入することが出来ます。大が100円、小が60円でポイント支払いが可能でした。

今回の気づきは2つあります。1つは、ホワイトソースです。手づくりしたのですが、結構な手間がかかることを初めて知りました。バターと薄力粉を混ぜ、牛乳を入れシリコンゴムベラでかき混ぜる工程が何度もありかなり大変です。自宅で作る気になりません。もう1つは、チキンナゲットのマスタードソースです。砂糖と塩をマスタードに混ぜるのですが、マスタードのみと思っていたので少し驚きました。

なお、講師の方が9月末で辞められるとのことでした。受講後試食しているテーブルへ挨拶に来られました。6回のうちの半分計3回(2回目4回目、6回目)教えていただいており、テキパキとした指導で好感を持っていたので残念です。

DSC_0182

帰りにJR千葉駅のPERIEに寄りました。先週9月7日に2~7階が新規オープンしています。107店舗と13のレストランだそうです。元々広い駅ビルでは無いもののそれなりにコンパクトにまとめており、小さくもなく大きくもない印象です。エキナカ4階と改札で繋がっていて、駅構内からのアクセスは良く出来ています。6階に東急ハンズが入っているので今後利用する機会がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.02

【ABCクッキング料理基礎クラス05】洋食①[5/24]

・オムライス〜手作りトマトソース〜
・グリーンサラダ〜フレンチドレッシング〜
・クラムチャウダー

DSC_0145

※ランチョンマットはハロウィン柄です(写真)。

定員4名(女2、男2)での受講です。男女でペアを組みました。
どれもかなり美味しいです。外食料理に近い味でした。丁寧に作ると手料理でも高品質になるのですね。残念なのはオムライスが4名の中で一番形が悪くなったことです。フライパンからお皿を伏せて移し替えるのは慣れていないと駄目です。何と言っても見た目の美しさは大切です。家で練習が必要だと痛感しました。

トマトソースは初めての手作りですが、市販のものよりもワンクラス上です。やさしい甘みがグッドです。手作りのドレッシングも想像以上のハイレベルです。上品でお酢が効いてサラダを引き立てていました。

いや〜、今回の出来でモチベーションが上がりました。遅ればせながら頑張ります。

ところで、いつも早く教室に入ってしまうのでギリギリに行ったのですが、入室時の受講票がプリントアウト出来ない不具合が発生し、カードリーダーに何度もカードを通してやり直しをしたので、数分遅れてしまいました。見ず知らずの人に迷惑をかけたので、授業の序盤は居心地が悪く空回りしていました(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.11

【ABCクッキング料理基礎クラス12】おもてなし②[4/24]

・お肉ごろごろボロネーゼ
・ヴィシソワーズ(冷たいジャガイモのポタージュ)
・サーモンとほたてのレモンマリネ

DSC_0177
おもてなし①に続いての洋食です。結構美味しい出来上がりでした。これならば客人用に使えそうです。
4回目で大分慣れてきました。定員4名の半分、2名(女1、男1)での受講で2時間の予定が1時間半で完了しました。

ヴィシソワーズは、学生の頃に同居していた友人たちのために、料理本を見ながら作った記憶があります。作るのに相当手間がかかるのに、冷たいので直ぐに無くなってしまい有り難みが無いというトラウマ(笑)で、以降封印してきた料理です。しかし、丁寧に作ると冷たいながらも美味しいので、この料理に対する向き合い方を変えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧