2017.09.16

【ABCクッキング料理基礎クラス06】洋食②[6/24]

・海老マカロニグラタン
・手づくりチキンナゲット〜マスタードソース〜
・コールスローサラダ

DSC_0181

定員4人(女2、男1、欠席1)で受講です。1人足りないので講師とペアになりました。今日の出来上がりも満足できるもので、美味しく頂きました。作っているときには少なめかと思いましたが、意外とボリュームがあり満腹になりました。ちなみに4人分作ったので、1人分は女性の方に持ち帰ってもらいました。持ち帰りの容器がない場合には、教室で容器を購入することが出来ます。大が100円、小が60円でポイント支払いが可能でした。

今回の気づきは2つあります。1つは、ホワイトソースです。手づくりしたのですが、結構な手間がかかることを初めて知りました。バターと薄力粉を混ぜ、牛乳を入れシリコンゴムベラでかき混ぜる工程が何度もありかなり大変です。自宅で作る気になりません。もう1つは、チキンナゲットのマスタードソースです。砂糖と塩をマスタードに混ぜるのですが、マスタードのみと思っていたので少し驚きました。

なお、講師の方が9月末で辞められるとのことでした。受講後試食しているテーブルへ挨拶に来られました。6回のうちの半分計3回(2回目4回目、6回目)教えていただいており、テキパキとした指導で好感を持っていたので残念です。

DSC_0182

帰りにJR千葉駅のPERIEに寄りました。先週9月7日に2~7階が新規オープンしています。107店舗と13のレストランだそうです。元々広い駅ビルでは無いもののそれなりにコンパクトにまとめており、小さくもなく大きくもない印象です。エキナカ4階と改札で繋がっていて、駅構内からのアクセスは良く出来ています。6階に東急ハンズが入っているので今後利用する機会がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.02

【ABCクッキング料理基礎クラス05】洋食①[5/24]

・オムライス〜手作りトマトソース〜
・グリーンサラダ〜フレンチドレッシング〜
・クラムチャウダー

DSC_0145

※ランチョンマットはハロウィン柄です(写真)。

定員4名(女2、男2)での受講です。男女でペアを組みました。
どれもかなり美味しいです。外食料理に近い味でした。丁寧に作ると手料理でも高品質になるのですね。残念なのはオムライスが4名の中で一番形が悪くなったことです。フライパンからお皿を伏せて移し替えるのは慣れていないと駄目です。何と言っても見た目の美しさは大切です。家で練習が必要だと痛感しました。

トマトソースは初めての手作りですが、市販のものよりもワンクラス上です。やさしい甘みがグッドです。手作りのドレッシングも想像以上のハイレベルです。上品でお酢が効いてサラダを引き立てていました。

いや〜、今回の出来でモチベーションが上がりました。遅ればせながら頑張ります。

ところで、いつも早く教室に入ってしまうのでギリギリに行ったのですが、入室時の受講票がプリントアウト出来ない不具合が発生し、カードリーダーに何度もカードを通してやり直しをしたので、数分遅れてしまいました。見ず知らずの人に迷惑をかけたので、授業の序盤は居心地が悪く空回りしていました(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.11

【ABCクッキング料理基礎クラス12】おもてなし②[4/24]

・お肉ごろごろボロネーゼ
・ヴィシソワーズ(冷たいジャガイモのポタージュ)
・サーモンとほたてのレモンマリネ

DSC_0177
おもてなし①に続いての洋食です。結構美味しい出来上がりでした。これならば客人用に使えそうです。
4回目で大分慣れてきました。定員4名の半分、2名(女1、男1)での受講で2時間の予定が1時間半で完了しました。

ヴィシソワーズは、学生の頃に同居していた友人たちのために、料理本を見ながら作った記憶があります。作るのに相当手間がかかるのに、冷たいので直ぐに無くなってしまい有り難みが無いというトラウマ(笑)で、以降封印してきた料理です。しかし、丁寧に作ると冷たいながらも美味しいので、この料理に対する向き合い方を変えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.08

Kindel本『人工知能の革新(NHK出版新書)』で羽生善治の見識に驚いた

人工知能(AI)に関する書籍を読んでいるのは、次の2冊です。


レイ=カーツワイル著『シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき
松尾豊著『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの


どちらも、人工知能の開発者としての視点で書かれています。一方の羽生善治著『人工知能の革新』はユーザ側からの視点で、相当深い洞察がされています。

コンピュータ将棋で起こっていることを、今後の社会が人工知能を迎える先駆けとしてのモデルケースとして考察されています。

実際に羽生善治氏が、コンピュータ将棋を通して、近い将来起こりうるメリットとデメリットを分かりやすく解説し、人工知能との向き合い方を真摯に提言してくれています。

一番驚かされるのは、人工知能に関しての知識が広範で、多角的に分析を試みているところです。

プロ棋士としての至高の存在としての認識はあったものの、人工知能に関しての考察力は世界でもトップクラスだと感じました。本書は先の2冊に肩を並べるほどの内容です。

今のタイミングで本書を読めたのは幸運でした。来るべき人工知能の時代への心構えが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

LINE HEREをアンインストールして、子ども見守りアプリは「Filii」のみとした

半年前の今年2月に息子にGalaxy S7 edgeを渡してスマホデビューさせました。その際に次の“子ども見守りアプリ”をインストールしています。
 
①au 安心アクセス for Android(無料)
②Filii(フィリー)(400円/月)
③LINE HERE(無料)
 
①については、キャリアをdocomoにしたので必然的に使わなくなりました。年がら年中スマホをいじっていますが、夜は自分の部屋からリビングに持ってこさせて充電させています。高校生ならばこれだけの最低限の縛りは耐えられます。ちなみにGalaxy S7 edgeはSIMロック解除をして、ドコモのSIMで使わせています。
 
③はやはり家族であってもプライバシーが見えてしまう弊害が大きいことが、親子共々実感したので今週子どものほうからアンインストールしています。親のほうも本日アンインストールしました。待ち合わせに一時的に使うのは非常に役立つものの、時間無制限だと監視に繋がってしまいます。また、時たまありえないところにいると誤表示されて、変にストレスを感じることもありました。
 
残ったのは②です。いまのところ、LINE友だちは息子自身がかなり制限しているのでこのアプリが役立つことはないのですが、保険として残してあります。
 
生活の中で使って行くことで、当初の想定と実際の隔たりは若干ありましたが、子ども見守りアプリのアンインストールを通して子どもが成長が感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.08

【ABCクッキング料理基礎クラス01】魚料理①[3/24]

・鯖のみそ煮
・いかと里芋の煮物
・ほうれん草のごま和え
・わかめとネギのおみそ汁

DSC_0101

いかを生まれて初めておろしました。小さい頃に母が頻繁にいかをおろしていたので、その復習として学習した感じです。
知らなかったのは、足を包丁の背でウロコ(ウロコのようなもの?)を取り除く作業でした。また、足先を1〜2cm切ることも学びました。生臭くなくコツさえ掴めば扱いやすい食材ということが理解できました。
魚料理は、きめ細かな下処理が必要で奥深さを感じました。場数を踏んで慣れが必要です。

ところで、出来上がった料理ですが全体的に味がぼやけていてイマイチです。自分で料理するよりも、冷凍食品で頂く方が美味しいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.17

【ABCクッキング料理基礎クラス11】おもてなし①[2/24]

・ハンバーグ
・温野菜サラダ〜サウザンアイランドドレッシング〜
・コーンポタージュスープ

DSC_0032
 
定員4名(女3、男1)で受講です。

おもてなしの料理ですが、微妙です。家族に食べさせるなら良いでしょうが、わざわざ訪問客に食べさせる美味しさではありません。同じハンバーグ料理なら体験入学のときの煮込みハンバーグのほうが好ましい印象です。

ところで、受講開始後直ぐに腕時計は外すように指示されました。本教室はイロハのイを事前に十分に教えてくれないので、他の受講生の所作を見ながら真似することが多く、慣れるのに時間がかかりそうです。布巾の配布は1クラスに1つで、出来上がった料理を食べた後の食器まで面倒をみなければならないことが、一緒に受講した方にお聞きしてわかりました。

教室と言いながら、講師の方の指示で流れ作業を一生懸命に取り組んでいるだけで料理の技が磨けるのか疑問です。週末の予約は人気が高く次回はキャンセル待ちで申し込みました。モチベーション維持が課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.21

【ABCクッキング料理基礎クラス9】中華①[1/24]

・五目炒飯
・ジューシー焼き餃子
・中華風かき玉スープ
・チンゲン菜の塩炒め

KIMG0829

まあまあの出来です。
調理料をしっかりと使うと美味しくなることが学べました。

初クラスで、3名(女1、男2)で受講しました。餃子の皮から作ったのは人生初かもしれません。ひだを寄せるのは思った以上にうまくできません。
それにしても中華は調味料が多くて、敷居が高いですね。

初参加で教科書をいただきました。綺麗な装丁です。

KIMG0828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.13

ABCクッキングスタジオメンバーズに親子で入会した

500円体験レッスンを1週間前にWeb予約して、息子と一緒に受講しました。煮込みハンバーグを2時間で作って食べるレッスンです。先生が1人付いて、息子と俺を指導してくれました。煮込みハンバーグとオニオンスープ、ご飯も作ります。ご飯は鍋で短時間で作れるのですね。驚きました。息子は料理に関して超初心者にも関わらず、先生の的確な指導の基で無難に作業を進めました。料理の進行に合わせて、空いた時間に料理道具を洗います。先生が的確に指示してくれるので、意外なほど簡単に料理が出来上がりました。出来上がりの写真です。特別な材料を使っていないのに想像以上に美味しい仕上がりです。息子と2人で美味しく頂きました。

KIMG0797

体験レッスンの前後にクッキングコースの説明を受け、息子はパン44回とケーキの30回で計74回のクラス、俺は料理基礎12回、料理習得12回の計24回のクラスを申し込みました。生徒としての期間は息子は2021年、俺は2020年になります。息子は学生なので学割50%が適用され、親子での入会で俺の入会金も割り引かれました。チケット制のようで1回当たり息子は3500円、俺は6500円ほどのレッスン料になります。

支払いはクレジットと振込の2つで、クレジット支払を選択しました。その場でクレジットの審査があります。

ABCクッキングスタジオに入会する動機ですが、息子が将来の職業として目指したいとの希望です。俺はそれを後押しするために一緒に入会しました。

ABCクッキングスタジオの施設はこれまでいろいろな場所を遠巻きに見ていました。一見すると女性ばかりの料理教室の印象で、男性は馴染めないだろうと諦めていたのですが、実際体験レッスンに参加してみると、そのようか気負いは杞憂だったことがわかりました。思った以上に個別レッスンなので、女性男性と意識する必要はありません。息子もかなり気に入ったようで、パン職人を目指したいとのことです。俺も料理教室の生徒として基礎から料理の腕を磨きたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.15

子ども見守りアプリとなる「安心アクセス」「Filii」「LINE HERE」の3つを導入している

中学を卒業する息子にGalaxy S7 edgeを使わせることにしました。キャリアはauです。
渡す前に次の“子ども見守りアプリ”を3つ導入です。
 
①au 安心アクセス for Android(無料)
Filii(フィリー)(400円/月)
LINE HERE(無料)
 
機能は次の通り。
・Webフィルタリング機能①
・アプリフィルタリング機能①
・通話相手先制限機能①
・利用時間帯制限機能①
・LINEトーク分析機能②
・リアルタイム位置情報共有機能③
 
何といっても②が重要です。SNSによるいじめは絶対に阻止しなければなりません。FiliiによるLINEトーク分析で、子どものLINE交流関係を可視化し、利用動向を確認します。メッセージ中に危険ワードがあると、親にメールでアラートを直ぐに送信してくれます。内容を見る訳でないので子どものプライバシーは守られます。管理画面が洗練されていてよく出来たシステムだと感心しました。1年間の契約で割引があるので、年払いとしました。
 
③は待合せにとても便利です。家族でLINEグループを作って、グループ内トークから招待して各々で承認させます。そのうえで「タイマー設定」を常時に変更して、絶えずお互いがどこにいるかを確認できる設定にしています。もちろん知らせたくない場合には各々で退出できます。
 
最後の①は、スマホを使わせる上でベースとなる制限です。子どもなので深夜利用を禁止しました。朝5時から夜10時まで利用できる設定にしています。これで何とかスマホ依存を回避したいと思っています。また、子どもが勝手にアプリをダウンロードしてもブロックでき、子どもと話し合って使用許可を与えることができます。
 
見守り3アプリの前提として、ウイルス対策「ウイルスバスター for au」は導入済みです。とりあえず、親として安心できるガードは固められたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧