2020.11.10

Googleマップで評判の良い病院が簡単に探せる

今までは、単に近くの総合病院に行っていましたが、コロナ禍もあり人が集まるところより、スムーズに診察してもらえて評判が良い専門の開業医に行くようにしています。

Googleマップを表示させて、左上の検索窓に診察を受けたい科を入力します。例えば「脳神経外科」と入力すると自宅近くの医院一覧が表示されます。

病院名の下に総合評価が★の5段階で示されているので、4以上を選択して、レビューの中身を確認したうえで受診するようにしています。

家族が通院していた病院を転院する際にも、この総合評価を頼りにしましたが、間違いなく成功しています。

総合評価が高い医院は共通して、待ち時間が少なく、スタッフが丁寧で親切、担当医の説明がしっかりしているところです。

昔は名医を紹介する書籍や雑誌MOOKを見て、病院を探していましたが、Googleマップで簡単に近所の医師を探せるようになりました。有り難いです。

| | コメント (0)

2020.11.03

息子がABCクッキングスタジオを修了した

2017年に親子で入会したABCクッキングスタジオですが、息子がパンとケーキの74回コースを無事修了しました。立派ですね。俺は昨年一足先に退会しています。

最後の受講の作品はシブーストです。
ご馳走になりました。Gongcha(ゴンチャ)のタピオカも買ってきてくれました。

Img_0336

ABCクッキングスタジオで作るケーキはレベルが高く、市販されているものと比べても遜色はありません。

今回のシブーストも絶品でした。しかも食べごたえがあります。ありがとうね♪

| | コメント (0)

2020.08.29

Kindle本『ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言』で前向きになれた

 

発行日:2019年12月27日
著者:長谷川和夫、猪熊律子
発行所:KADOKAWA

認知症の権威が認知症になって書かれたので興味深く読みました。
母が認知症で2018年から介護しているので、今後の進行と接し方を参考にしたいと考えましたが、より深い学びを得ることが出来ました。

認知症の定義は次の通りです。

「成年期以降に、記憶や言語、知覚、思考などに関する脳の機能の低下が起こり、日常生活に支障をきたすようになった状態」

そしてどうなるのかを次に引用します。

「アルツハイマー型認知症になると、もの忘れなどの記憶障害や、時間や場所などがわからなくなる見当識障害など、さまざまな認知障害が起こり、生活に支障をきたします。時間をかけて徐々に進行し、重度になると自分でものを食べることや着替え、意思疎通などができなくなります。自分で座ることも不可能になり、寝たきりになり、最終的には意識が低下し、昏睡状態となって死を迎えます。」

長寿になれば認知症は避けられず、やがて間違いなく自分に降りかかる病気だということが理解出来ます。子育ては子どもの成長を糧に出来る喜びであり、認知症は治すことができないので、日々後退していく様子を悲劇として嘆くしかないと考えてきました。

しかし、本書の次の記述で前向きに捉えることができました。認知症当事者がどうとらえるか、どうとらえられるものなのかを理解できたことが重要です。

「認知機能は脳表面にあって、親の躾や学校の教育、社会から受けた教育など長年にわたるインプットの集大成です。この「認知脳」の下には喜怒哀楽の「感情脳」があります。そして、さらにその下には人間の核になる、その人らしさが詰まった脳があります。アルツハイマー病ではいちばん上の「認知脳」の機能が失われ、次に「感情脳」が壊れていくのです。  ブライデンさんは、やがて感情さえ壊れ、自分はどこへ行くのだろうと不安でいっぱいだったのです。ところが2冊目を書くころにはこの心配は消え、自分らしさだけの脳になって「私は最も私らしい私に戻る旅に出るのだ」と思い直した。」

| | コメント (0)

2020.08.04

危険な中国の動向がわかる動画です

ノンフェクション作家・川添恵子が2019年2月に三橋TV第55~57回の3回に渡って合計1時間、危険な中国の動向を語っていました。

ファーウェイCFO逮捕にしても真相がようやくわかりました。個人的にファーウェイの情報家電を購入していますが、この動画を観ていたら絶対に買わなかったことでしょう。

親中派だろうが反親中派だろうが、日本が将来中国に乗っ取られないためにも日本国民が一致団結して十分に注意しなければならないことがわかりました。それにしてもウイグル弾圧MMT、中国の狙いなど日本国民に重要なことをマスコミは何にも報道しません。インターネット時代において、自らの知恵と努力で探さないとなりません。

河添恵子先生登場!中国共産党の真実[三橋TV第55回]三橋貴明・河添恵子・高家望愛 2019/02/19

 

衝撃!ファーウェイCFO逮捕の理由[三橋TV第56回]三橋貴明・河添恵子・高家望愛 2019/02/21

 

中国の属国化を回避せよ![三橋TV第57回]三橋貴明・河添恵子・高家望愛 2019/02/24

 

| | コメント (0)

2020.07.27

「月刊三橋」購読特典の書籍3冊を読んで、日本復活に合点がいった

「月刊三橋」購読特典で入手した三橋貴明 著の次の3冊は非常に勉強になりました。間違いなくMMT(現代貨幣理論)によって、日本経済の復活が可能になると思います。少子高齢化も怖くありません。

『2021年 第2次世界大恐慌と日本の危機』
『経済学が引き起こした2つの大罪』
『日本が国債破綻しない24の理由』

いろいろと学べたのですが、次の3点を理解できたのは自分の頭で経済を考えるにあたって強力な武器になるでしょう。

「貨幣とはモノでも商業用品でもなく、単なる債務(負債)と債権(資産)の記録である。」
「お金というのは、一部例外があるものの、必ず誰かの債権であり、誰かの債務なのです。」
「日本国民は「莫大な借金を負っている」のではない。むしろ、巨額のお金を日本政府に貸し付けている「債権者」こそが日本国民だ。」

それにしても、これまで日本経済に関して誤った情報に基づいた多くのマスコミによって洗脳されてきたものです。消費税が消費をする抑制する悪税ということも論理的に理解できました。

ところで、書籍とは直接関係ないのですが、MMT(現代貨幣理論)提唱者のステファニー・ケルトンと三橋貴明が対談している動画も参考になります。

コロナ休業補償「日本に財源問題はない」MMT(現代貨幣理論)提唱者が徹底解説|ステファニー・ケルトン(NY州立大学教授)×三橋貴明

| | コメント (0)

2020.07.23

「月刊三橋」の年間購読を申し込んだ

当ブログで紹介した「MMT(現代貨幣理論)はコペルニクス的転回をもたらす」のYouTube動画を視聴して、大変勉強になりました。講師の経世論研究所 所長 三橋 貴明氏の明確で論理的な説明に深く感心しました。

彼は、YouTubeで「新」経世済民新聞 三橋貴明 公式チャンネルを運営しています。

https://www.youtube.com/channel/UCza7gpgd6heRb8rH4oEBZfA

最新刊の著書『2021年 第2次世界大恐慌と日本の危機』が動画で案内されていたので、購入することにしました。直販のみということで、Webから申し込みを行ったのですが、「月刊三橋」の購読がナビゲーションされており、第一弾の特典は写真の3冊の書籍とデジタルコンテンツがセットで1,178円(税込)です。

『2021年 第2次世界大恐慌と日本の危機』
『経済学が引き起こした2つの大罪』
『日本が国債破綻しない24の理由』

Img_9457

第二弾の特典は、「月刊三橋」を年間購読をすることで、とても興味深いデジタルコンテンツが用意され、さらに2ヶ月分割引きがあるため21,780円(税込)しましたが申し込みました。

それにしても、三橋貴明のコンテンツである「月刊三橋」を購読させる仕組みはよく考えられています。

まだ、書籍のほうは読んでいませんが、年間購読に用意されていたデジタルコンテンツは数時間あり、‍非常に勉強になりました。いかに新聞やテレビなどのマスコミが事実を伝えていないかが理解出来ました。日本の政治と経済に関して、それはもう目から鱗の数々です。何故財務省が力を持っているのかも理解できました。

コロナ禍において、これほど知的な刺激を受けるとは思いもよりませんでした。今まで政治や経済は池上彰を頼ってきましたが、「新」経世済民を唱える三橋貴明の日本経済を始めとして政治を分析する能力と説得力は長けているので、彼から今後は多くを学びたいと思います。

また、彼の公式チャンネルに登場する藤井聡や中野剛志も注目して行きたいと思います。

| | コメント (0)

2020.07.18

MMT(現代貨幣理論)はコペルニクス的転回をもたらす

日本は借金によって財政破綻するという財務省の嘘に、政治家も国民も騙されていたことが分かりました。
たまたま、YouTubeで次の動画を視聴したのですが、日本経済の仕組みが理解できました。
素人にも分かりやすく解説しているので、是非とも視聴すべきです。

MMT(Modern Monetary Theory:現代貨幣理論)という言葉を、最近目にする機会が増えたのですが、勉強する価値が大いにあります。

「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜ー令和元年5月17日 講師:経世論研究所 所長 三橋 貴明氏

 

| | コメント (0)

2020.05.11

陥入爪、新テーピング法による治療を再開した

yukiさんが息子の陥入爪に関する記事に、次の通り具体的な治療法のコメントをくださいました。

「肌荒れ防止にピュアバリアを塗って、ニチバン エラストポア 25mm×5m×1巻(No.25)でテーピング(アマゾンで購入)。新テーピング法で陥入爪の症状・形成異常が著明に改善
日本の皮膚科医らが米の家庭医学誌で報告・・
この記事を参考に対処法しています。」

東京医科歯科大学付属病院 皮膚科 フットケア外来でも、何度も受けた治療法なのですが、直ぐにテーピングが剥がれてしまい、効果が見られず諦めていました。

昨年5月に手術をして治ったと思っていたのですが、今年の3月に再発して近所の皮膚科でとりあえず化膿止めをしてもらいました。それ以降は患部から少量の出血を繰り返しており、外出時には絆創膏を貼っています。

そこで改めて新テーピング法で治療することに決めました。

ピュアバリアニチバン エラストポア 25mm×5m×1巻(No.25)をamazonからそれぞれ1924円、795円で購入しました。

Img_8693

具体的な治療方法はMedical Tribune ウェブの次の記事です。

新テーピング法で陥入爪の症状・形成異常が著明に改善(2014年11月11日)

4月上旬には材料が揃っていたものの、2020年GW明けから治療を開始しています。大分悪化してからの対処なので時間はかかると思います。

| | コメント (0)

2020.04.07

新型コロナ、インフルエンザとの比較から深刻さが分かる啓蒙動画です

YouTubeチャンネルVoxの動画です。
新型コロナウイルスとインフルエンザとの違いを分かりやすく説明し、外出自粛が必須だということを教えてくれます。

Coronavirus is not the flu. It's worse.(コロナウイルスはインフルエンザではありません。 悪いです。)

 

 

| | コメント (0)

2020.03.10

令和元年度卒業式が新型コロナ感染防止の中で行われた

息子が高校の卒業式を迎えました。
先週から、全国の小中高は新型コロナ感染防止のために臨時休校になっていますが、子どもが通っている学校では卒業式を行ってくれました。

参加人数を最小限に抑えるため、来賓と在校生は参加せず、卒業生、保護者、職員とし、式時間を短縮しています。
また、自家用車での来校を可としてくれました。

体育館では、イスの前後両隣を離す配置で空間を取るように配慮されていました。

そんな厳戒態勢でもシンプルで中身のある卒業証書授与式を行ってくれました。

次のシーンでは泣いてしまいました。

・卒業生入場
・卒業生代表 答辞
・卒業生退場

本当に心に残る良い卒業式でした。

「息子よ、卒業おめでとう!学生生活見事にやり遂げた、立派だ。」

| | コメント (0)

より以前の記事一覧