2023.01.28

iPadOS 16.3にアップデートした

iPadOS 16.2から1ヶ月余りでのアップデートです。

特に見た目での変更はありません。パフォーマンスが上がったかもです。

iPadOS 16.3

このアップデートではiCloud用の高度なデータ保護とApple ID用のセキュリティキーが導入されます。このアップデートにはiPadでのその他の機能向上、バグ修正、およびセキュリティアップデートも含まれます
一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できません。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

| | コメント (0)

2023.01.14

Sモードをオフにした

Windows 11 Home in S modeのSurface Go 2をWindows 11 Homeにしました。もう、Sモードに戻ることはできません。

Sモードは、同じWindows 11でも細かな仕様が違っていて、ソフトウエアによっては正常に動作しない場合があります。これまでSモードであまりソフトウエアを使っていないので不都合はなかったのですが、ピュアWindows 11に切り替えて使う決断をしました。

セキュリティ面で後退するし、パフォーマンスに影響が出るかもしれませんが、chromeブラウザでGoogleアカウントによる共有を優先しました。

Sモードをオフする手順は次の通りです。

①検索でchromをダウンロードする。
②Microsoft storeで「Sモードから切り替える」を入手する。

54

③入手すると「Sモードがオフになる」。

55
その後、先にダウンロードしたchromeブラウザをインストールして完了です。

購入から3年近くSモードでSurface Go 2を使ってきましたが、ピュアWindows 11と比べてメリットを享受した訳でもなかったので、Sモードのオフは当然の流れかもしれません。

| | コメント (0)

2022.12.29

Pixel 7でマイナポータルが使えない不具合が解消しました

先日報告したマイナポータルが使えない不具合は、自動でマイナポータルがアップデートしていました。リリースノートは次です。

Ver46(2022/12/27)
・一部端末でカード読み取り後にエラーが発生する不具合の修正

これで、問題なく納税ワンストップ特例申請が出来ます。

後は、Google Pixel 6aの自動字幕起こしで問題ない翻訳の不具合が解消していれば、Pixel 7は理想的なスマホとなります。

| | コメント (0)

2022.12.17

iPadOS 16.2にアップデートした

iPadOS 16.1から2ヶ月でアップデートです。

新アプリのフリーボードを触ってみました。操作性は分かりやすくて抜群です。共同作業で能力を発揮すると思います。

iPadOS 16.2

フリーボード
・Mac、iPad、iPhoneで友達や同僚とクリエイティブに作業するための新しい“フリーボード” App
・自由自在なキャンバスに、ファイル、画像、付せんなどを追加可能
・描画ツールでキャンバス上のどこにでも指やApple Pencilでスケッチ可能

ステージマネージャ
・iPad Pro 12.9インチ(第5世代以降)、iPad Pro 11インチ(第3世代以降)、およびiPad Air(第5世代)で最大6Kの解像度の外部ディスプレイに対応
・互換性のあるデバイスと、接続されているディスプレイ間でファイルやウインドウをドラッグ&ドロップ
・最大で、iPadのディスプレイで4つ、外部ディスプレイで4つのAppを使用可能

Apple Music Sing
・Apple Music内の何百万もの曲から選んだお気に入りの曲に合わせて歌う新しい方法
・ボーカルの音量を自在に調整して、原曲のアーティストとデュエットしたり、ソロで歌ったり、それらを組み合わせたりすることが可能
・新しく強化された音節に合わせて表示される歌詞で、より簡単にミュージックの進行を追うことが可能

Game Center
・Game CenterのマルチプレイヤーゲームがSharePlayに対応し、FaceTimeで通話中の人とプレイ可能
・アクティビティウィジェットで、ホーム画面から直接、友達がプレイしているゲームやその達成状況を見ることが可能

ホーム
・スマートホーム用アクセサリとAppleデバイス間での通信の信頼性および効率の向上

機能改善とバグ修正
・“メッセージ”の検索の改善により、犬、車、人物、テキストなどの写真の内容に基づいて写真を検索可能
・トラッキング通知で、所有者の手元から離れたAirTagが近くにあり、移動していることを示すチャイムが最近再生された場合に通知
・“IPアドレスを公開”設定で再度読み込むとSafariでiCloudプライベートリレーのユーザが特定のサイトでサービスを一時的に無効可能
・“メモ”の参加者カーソルにより、ほかの人が共有メモをアップデートしている箇所をライブインジケータで表示可能
・AirDropの設定が10分経過すると自動的に“連絡先のみ”に戻るようになり、望まない相手からのコンテンツの受信リクエストを防止
・アップデート後に一部のメモがiCloudと同期できなくなる問題を修正
・アクセシビリティのズーム機能を使用しているときにMulti-Touchジェスチャが反応しなくなる可能性がある問題を修正
・日本語キーボードでの入力中にVoiceOverで変更を認識できないことがある問題を修正

| | コメント (0)

2022.11.15

Pixel 7に機種変更した

11月1日に届いていたPixel 7でしたが、ようやくPixel 6aから機種変更しました。

Pxl_20221115_102122655

Pxl_20221115_102134795

2週間も時間を要したのは、iDアプリのカード情報をカスタマサポートに電話をして再発行をしてもらったからです。

Pixel 6aでiD支払いは問題なかったのですが、機種変更でiDアプリのカード情報が登録されていないことが分かり、再発行手続きをしました。これに1週間かかりました。

昨晩、金融アプリで旧端末で事前手続きが必要な4サービスの対応をしました。

①iDアプリ
https://id-credit.com/support/change/idsmt.html

②モバイルSuicaアプリ
https://www.jreast.co.jp/mobilesuica/procedure/chg_model.html

③WAONアプリ
https://www.waon.net/card/mobile/change/

④ゆうちょ銀行アプリ
https://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/guide/dr_pc_gd_kishuhenhitudoku.html

ともかく①はdocomo回線で無ければ手続きが出来ないので厄介です。該当ページの手順通りに進めたところ、旧端末Pixel 6aで次の画面が表示されてしまいました。

Screenshot_20221115192527

まさか再びPixel 6aでのカード情報再発行が必要なのかと焦りましたが、とりあえず新端末となるPixel 7のiDアプリを実行したところ、こちらでも同じ画面になってカード情報が登録できましたのでセーフでした。iDアプリは不正防止のためかセキュリティを高めているため、マニュアル通りに進んだことはありません。

ちなみに、②③④は問題なくマニュアル通りに新端末に移行できました。

Pixel 7の第一印象ですが、Pixel 6aと比べてサクサクと動作します。Pixel 6aでも過不足ない出来だったのですが、chromeアプリのレスポンスに不満がありました。実はdショッピングで同じ商品を二重注文してしまうトラブルがありました。過去の端末でこのような失敗をしたことが無かったので、Pixel 6aのパフォーマンスに若干不満だったので、Pixel 7でようやく理想的なスマートフォンに近づきました。

短所は、重さ211gのPixel 6aと比べ、Pixel 7は227gで16g増えている点です。理想は200gを切って欲しいですね。

ちなみに、Pixel 4aの下取りは終わってません。後は見積金額になるかどうかです。


【Pixel 7技術仕様】
ディスプレイ
6.3 インチ(160.5 mm)フルスクリーン ディスプレイ アスペクト比 20:9 FHD+(1,080 x 2,400)OLED、416 ppi スムーズ ディスプレイ(最大 90 Hz 対応) Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス 常に表示状態のディスプレイ、Google Pixel のスナップショット、「この曲なに?」機能 最大輝度 1,000 ニト(HDR)、1,400 ニト(ピーク輝度) コントラスト比 1,000,000:1 以上 HDR サポート 24 ビット フルカラー(1,600 万色)

サイズと重量4
高さ 6.1 インチ x 幅 2.9 インチ x 奥行き 0.3 インチ 高さ 155.6 mm x 幅 73.2 mm x 奥行き 8.7 mm 197 g 6.9 oz

バッテリーと充電
24 時間以上のバッテリー駆動時間 最長 72 時間のバッテリー駆動時間(スーパー バッテリー セーバー使用時) 標準 4,355 mAh 急速充電 – 約 30 分間で最大 50% 充電 - USB-PD 3.0(PPS)対応 Google 30W USB-C® 充電器(別売り)を使用した場合 Qi 認証済み 急速ワイヤレス充電 バッテリー シェア

メモリとストレージ
8 GB LPDDR5 RAM 128 GB / 256 GB UFS 3.1 ストレージ

プロセッサ
Google Tensor G2 Titan M2 セキュリティ コプロセッサ

セキュリティ
Google One の組み込み VPN (近日提供開始) Google の設計によるエンドツーエンドのセキュリティ 複数レイヤによるハードウェア セキュリティ: Tensor セキュリティ コア、Titan M2 セキュリティ チップ、Trusty(高信頼実行環境) 最低 5 年間のセキュリティ アップデート フィッシング対策とマルウェア対策 セキュリティ ハブによる自動セキュリティ チェックとプライバシー管理 カメラとマイクの切り替えスイッチ Private Compute Core Android System Intelligence Android メッセージ アプリのエンドツーエンドの暗号化と Android バックアップの暗号化 詳しくは g.co/pixel/securityとg.co/pixel/certificationsをご覧ください。

背面カメラ
50 メガピクセル Octa PD Quad Bayer 広角カメラ ピクセル幅 1.2 μm 絞り値 ƒ/1.85 画角 82° イメージ センサーのサイズ 1/1.31 インチ 超解像ズーム最大 8 倍 12 メガピクセル ウルトラワイド カメラ ピクセル幅 1.25 μm 絞り値 ƒ/2.2 画角 114° レンズ補正 LDAF(レーザー検出オートフォーカス)センサー スペクトル センサー、フリッカー センサー 光学式および電子式手ぶれ補正機能 高速なカメラ起動

前面カメラ
10.8 メガピクセル ピクセル幅 1.22 μm 絞り値 ƒ/2.2 固定フォーカス 超広角な画角 92.8°
カメラ機能
消しゴムマジック モーション モード ボケ補正 リアルトーン 顔フォーカス パノラマ 手動によるホワイト バランス設定 ロックされたフォルダ 夜景モード トップショット ポートレート モード ポートレート ライト 超解像ズーム モーション オートフォーカス 「よく撮影する人」機能 デュアル露出補正 Live HDR+

動画
背面カメラ · 4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS) 1080p 動画撮影(30 FPS、60 FPS) · 前面カメラ(動画) · 4K 動画撮影(30 FPS、60 FPS) · 10 ビット HDR 動画 · シネマティックぼかし シネマティック撮影 スローモーション動画に対応: 最大 240 FPS 4K タイムラプスと手ぶれ補正 天体写真のタイムラプス 光学式手ぶれ補正機能 動画手ぶれ補正 4K シネマティック撮影動画手ぶれ補正 4K 動画手ぶれ補正(固定) 1080p 動画手ぶれ補正(アクティブ) デジタルズーム最大 7 倍 動画形式: HEVC(H.265)と AVC(H.264) · オーディオ · ステレオ録音 音声拡張 ウィンドノイズ低減 音声ズーム

認証
ディスプレイ内蔵指紋認証センサーによる指紋認証 顔認証 パターン、PIN、パスワード

センサー
近接センサー 周囲光センサー 加速度計 ジャイロメーター 磁力計 気圧計

ボタンとポート
USB Type-C® 3.2 Gen 2 電源ボタン 音量調節

SIM
デュアル SIM(ナノ SIM x 1 と eSIM)

メディアとオーディオ
ステレオ スピーカー マイク x 3 ノイズ キャンセレーション

接続性と位置情報
Wi-Fi 6(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz、HE160、MIMO Bluetooth® v5.2 対応およびデュアル アンテナ(信号品質と接続の強化) NFC Google Cast デュアルバンド GNSS GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou

ネットワーク19
[5G Sub 6GHz JP] モデル G03Z5 GSM / EDGE: クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz) UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 75 / 76 / 77 / 78 eSIM FeliCa

カラー
Obsidian Snow Lemongrass

デバイスとその付属品
1 m USB-C® - USB-C ケーブル(USB 2.0) クイック スタートガイド クイック スイッチ アダプター SIM ツール

補聴器の互換性
HAC レーティング M3 / T4 Google のデバイスは、米国連邦通信委員会(FCC)で定める補聴器両立性(HAC)の要件を満たしています。詳しくは、g.co/pixel/hac をご参照ください。

セキュリティ アップデートと OS アップデート
5 年間の Google Pixel アップデート

素材
傷が付きにくい Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラス ふちなしの Corning® Gorilla® Glass Victus™ 背面ガラスとマット仕上げアルミニウム製フレーム IP68 準拠の防塵、防水性能 指紋が付きにくいコーティング

AR / VR
ARCore

保証書
1 年

付属品
1 m の USB-C® - USB-C ケーブル(USB 2.0)

クイック スタートガイド

クイック スイッチ アダプター

SIM ツール

| | コメント (0)

2022.11.08

Google Pixel「下取りキット」で、ゆうパックのポケットが分かりにくい

Pixel 7を購入した際に下取りも申し込みました。

Google Pixel 4a (128GB Other)の推定下取り価格: ¥35,000

運営会社はPCSワイヤレスです。「下取りキット」で配送遅延トラブルが発生しているとネットニュースで流れていましたが、俺の場合は問題ありませんでした。

「下取りキット」は本人限定で送られるため、郵便局の基地局から封書で先週金曜日に届き、QRコードで自宅に送ってもらうように依頼し、翌日土曜日に届きました。受け取る際にマイナバーカードを提示しています。

「下取りキット」はゆうパックを使っています。

Pxl_20221106_133555305

手順は次の通り。
①Google Pixelを出荷時の設定にリセット
②ゆうパックの箱のポケットに固定して郵便ポストに投函

ポケットが分かりませんでしたが、一番端の紙が閉じているところであることがわかり挿入しました。

Pxl_20221107_011550915

付属のステッカーで箱を密封しました。

Pxl_20221107_011719508

郵便局窓口で出そうと思いましたが、混雑しているので郵便局前のポストに月曜日に投函して完了です。

後は、振り込まれるのを待つだけです。

| | コメント (0)

2022.11.01

Pixel 7を購入した

Google Storeから10月25日に購入して、1週間後に届きました。
きっかけは、Google Oneメンバーに10%オフで購入できるプロモーションメールが届いたことと、Pixel 4aの下取りが¥35,000と提示されたからです。

Pxl_20221101_123931178

Pixel 7本体 ¥82,500
Case-Mate Tough Clear ケース for Google Pixel 7 ¥2,899

小計     ¥85,399
割引     - ¥8,250
送料        ¥0
見積もり税額  ¥7,014
合計     ¥77,149

現在、Pixel 6aを使っています。Pixel 4aは5G対応では無いので、どんどん価値が下がることは間違いありません。Pixel 7購入のタイミングで高額下取りしてもらえるならばと考えて実行しました。

これから下取りに出すのですが、見積通りであれば、Pixel 7は実質4万円強になります。

¥42,149

最新のスマートフォンが安く入手できるまたとない機会が訪れました。

ところで、早速、機種変更をしようとしましたが、iDアプリの機種変更がメンテナンス中のため、明日に持ち越しです。詳細は追ってレポートします。

| | コメント (0)

2022.10.26

iPadOS 16.1にメジャーバージョンへアップデートした

iPadOS 15.7から1ヶ月強でアップデートです。

iPadOS 16をスキップして、iPadOS 16.1でメジャーバージョンになりました。
機能が盛沢山です。

iPadOS 16

iPadOS 16では、新しいパワフルな生産性向上および共同編集の機能が追加され、iPadの使い方がさらに広がります。iCloud共有写真ライブラリにより、ファミリーの写真の更新が簡単にできます。“メッセージ”には、送信済みメッセージを編集したり取り消したりする機能や、共同制作を開始および管理するための新しい方法が追加されています。“メール”には、新しい受信トレイやメール作成ツールが追加され、Safariには共有タブグループやパスキーを使用した次世代のセキュリティが追加されています。ステージマネージャでは、iPadでマルチタスクを行うためのまったく新しい方法が導入され、複数のウインドウを重ね合わせて作業したり、ウインドウ間を簡単に切り替えたりできます。
Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222


iCloud共有写真ライブラリ
個々のライブラリで写真とビデオを最大5人とシームレスに共有可能
ライブラリの設定時または参加時に、開始日や写真に写っている人をもとにして共有ライブラリに追加する写真を簡単に選択可能
ライブラリのフィルタ機能により、共有ライブラリ、個人用ライブラリ、または両方のライブラリの表示を素早く切り替えることが可能
編集や許可の共有により、参加者全員が写真の追加、編集、お気に入りへの追加、キャプションの追加、削除の操作が可能
“カメラ”で共有設定を切り替えることで、撮影した写真をそのまま共有ライブラリに追加するか、Bluetoothでほかの参加者が近くにいることが検出されたときに自動で共有する設定を有効にするかを選択可能

メッセージ
送信後15分以内はメッセージの編集が可能で、受信者は編集の記録を見ることが可能
メッセージの送信後2分間は送信を取り消すことが可能
メッセージを未開封にする機能により、チャットをあとで見つけやすくすることが可能
“メッセージ”でSharePlayを使用して、友達とメッセージをやり取りしながら映画、ミュージック、ゲームなどを一緒に楽しむことが可能
共同制作機能では、“メッセージ”を使ってファイルの共同作業への参加を簡単に依頼することができ、共有プロジェクトで編集が加えられたときにスレッドでアクティビティの更新情報を取得することが可能

メール
より正確で完全な結果を返すように検索機能が改善され、入力し始めた瞬間から検索候補を表示
メッセージの送信後10秒以内であれば“送信を取り消す”で送信をキャンセルすることが可能
“あとで送信”機能で、指定した日時にメールを送信することが可能
“リマインダー”機能でメールを読み直したり、返信を忘れないようにするためのリマインダーを受け取る日時を設定可能

Safariとパスキー
共有タブグループで、複数のタブをほかの人と共有することができ、タブグループの更新は共同制作をしながら即時に確認可能
タブグループのスタートページは、タブグループごとに異なる背景画像やお気に入りをカスタマイズすることが可能
タブグループごとによく閲覧するWebサイトを固定することが可能
トルコ語、タイ語、ベトナム語、ポーランド語、インドネシア語、オランダ語をSafariのWebページ翻訳機能に追加
パスワードの代わりに、より簡単で安全にサインインできるパスキーに対応
パスキーはiCloudキーチェーンによりAppleデバイス間でエンドツーエンドで同期され、お使いのすべてのAppleデバイスで使用可能

ステージマネージャ
マルチタスクを行うためのまったく新しい方法(iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、iPad Pro 11インチ(第1世代以降)、およびiPad Air(第5世代)で使用可能)
ウインドウの重ね合わせやサイズ変更が可能になり、Appの配置を調整して、理想的なワークスペースを構築することが可能
画面の左端に並んでいる“最近使ったApp”では、App間を素早く切り替えることが可能
Appをグループ化してAppのセットを作成すると、そのグループに素早く戻ることが可能

新しいディスプレイモード
リファレンスモードにより、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proで一般的な色基準のリファレンスカラーとビデオフォーマットのリファレンスカラーを表示でき、Sidecarを使ってAppleシリコン搭載Macのリファレンス用ディスプレイとしても使用可能
新しく追加されたディスプレイのサイズ調整設定でディスプレイのピクセル密度を増やすと、App内でより多くのものを表示可能(iPad Pro 11インチ(第1世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第5世代以降)、および iPad Air(第5世代)で使用可能)

天気
iPadの天気Appが大きなディスプレイに合わせて最適化され、臨場感あふれるアニメーション、詳細なマップ、タップできる予報モジュールなどに対応
天気マップでは、降水量、空気質、気温に切り替えることができ、地図を場所表示の横に並べるか、またはフルスクリーンで表示することが可能
モジュールをタップして、1時間ごとの気温や今後10日間の降水量といった詳しいデータを表示可能
空気質では、色分けした空気質、レベル、カテゴリーを表示し、マップ上に表示した空気質に関連する健康上の推奨事項や汚染物質の内訳などを確認することが可能
背景のアニメーションは、太陽の位置、雲の状態、降水量を数千種類ものアニメーションで表示することが可能
重大な気象警報の通知により、現在地付近で重大な気象警報が発表されたときに通知を受信することが可能

Game Center
ゲーム内ダッシュボードのアクティビティで、このゲームでの友達の達成項目や、すべてのゲームについて友達がプレイしているゲームやその達成項目をまとめて表示することが可能
Game Centerのプロファイルで、自分がプレイしているすべてのゲームの達成項目やLeaderboardのアクティビティのハイライトを表示することが可能
“連絡先”との統合により、友達のGame Centerでのプロフィールが表示され、友達がプレイしているゲームやその達成項目を見ることが可能

テキスト認識表示
テキスト認識表示により写真の中のテキストが操作可能なテキストになり、“写真”、スクリーンショット、クイックルック、Safari、および“カメラ”を使ったライブプレビューでコピー&ペースト、“調べる”、翻訳の機能を使用可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびiPad Pro 11インチのすべてのモデルで使用可能)
テキスト認識表示がビデオに対応し、一時停止したビデオフレーム内のテキストをコピー、翻訳、“調べる”、共有などの機能を使用可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
クイックアクションにより検出された写真とビデオ内のデータをシングルタップでフライトや配送の追跡、外国語の翻訳、通貨の変換などが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
画像を調べる
画像の被写体だけを背景から抜き出して、メールやメッセージなどのAppにコピー&ペーストすることが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびiPad Pro 11インチのすべてのモデルで使用可能)
“画像を調べる”で写真に写っている鳥、昆虫、蜘蛛、彫像を認識可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)

Siri
ショートカットの設定が簡単になり、何も設定しなくてもAppをダウンロードするだけでSiriからショートカットを使用可能
メッセージ送信前にSiriから確認を求められることなく送信可能にする新しい設定
“Hey Siri、何ができるの?”と尋ねることにより、iPadOSやAppでSiriができることを調べることが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
“Hey Siri、通話を終了”と頼んで電話やFaceTimeでの通話を終了するオプション(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
絵文字に対応し、iPadでメッセージを送信するときに声を使って絵文字を挿入することが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)

音声入力
音声入力機能が全面的に新しくなり、音声入力をキーボードまたやApple Pencilと一緒に使用してテキストの入力や編集を行うことが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
話す通りに読点、句点、疑問符を自動的に挿入する機能を装備
絵文字に対応し、音声入力中に声を使って絵文字を挿入することが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)

マップ
運転経路に15か所までの複数の経由地を追加することに対応
サンフランシスコベイエリア、ロンドン、ニューヨークなどでは、交通機関の運賃により移動にかかる費用を確認可能

ホーム
ホームAppが再設計され、スマートホーム用アクセサリのナビゲーション、整理、表示、コントロールを簡単に実行可能
ホームタブで、アクセサリ、部屋、シーンのすべてを1つのタブに統合し、家全体を一目で見渡すことが可能
照明、空調、セキュリティ、スピーカーとテレビ、水回りのカテゴリーで、部屋ごとに整理されたすべての関連アクセサリに素早くアクセスでき、より詳細なステータス情報を表示
最大4つまでのカメラ映像をホームタブの中央部に表示し、スクロールしてその他のカメラ映像を表示可能
アクセサリタイルのデザインを一新。カテゴリに合わせたカラーでより視覚的にわかりやすいアイコンを採用し、より正確なアクセサリの操作を実現
新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能

ファミリー共有
子供用アカウント設定の改善により、年齢に応じたメディア制限など、適切なペアレンタルコントロールが適用された状態で子供用アカウントを簡単に作成可能
クイックスタートを使って、子供用に新しいiOSまたはiPadOSデバイスを親/保護者が選択したペアレンタルコントロールが適用された状態で簡単に設定可能
子供からのスクリーンタイムのリクエストが“メッセージ”に表示されるようになり、承認や拒否をより簡単に実行可能
ファミリーチェックリストでは、子供のペアレンタルコントロール設定のアップデート、位置情報共有のオン、またはiCloud+のサブスクリプションをみんなと共有することを気づかせるようなヒントや提案を表示

デスクトップクラスのApp
ツールバーがカスタマイズ可能になり、Appで最もよく使う機能を追加することが可能
メニューに“閉じる”、“保存”、“複製”などのコンテキストが追加され、PagesやNumbersなどのAppで書類やファイルを簡単に編集可能
メール、メッセージ、リマインダー、Swift Playgroundsなど、システム全体のAppで検索と置換が可能
“カレンダー”の空き時間状況表示により、“カレンダー”で会議の予定を作成するときに、招待された参加者の空き時間を表示可能

個人情報安全性チェック
“設定”の新規項目の個人情報安全性チェックでは、同居する人や親密なパートナーからの暴力行為にあっている人が相手に許可したアクセス権を素早くリセットすることが可能
“緊急リセット”により、“探す”経由での位置情報共有の無効化、Appのプライバシー権限のリセットなど、すべての人とAppのアクセスをリセットするアクションを素早く実行可能
共有とアクセスを管理することで、情報にアクセスできるAppや人を確認し、カスタマイズすることが可能

アクセシビリティ
“拡大鏡”の“ドアの検出”機能によりドアを見つけ、ドア周辺の標識やシンボルを読み取り、ドアを開けるための手順を提供
バディコントローラで、複数のゲームコントローラからの入力を1つにまとめて、認知機能に不自由のある方がゲームをプレイする際に、介助者や友達のサポートを受けることが可能
VoiceOverが、バングラ語(インド)、ブルガリア語、カタロニア語、ウクライナ語、ベトナム語を含む20以上の新しい言語と地域で利用可能
このリリースには、以下の機能と改善も含まれています:
“メモ”に“水彩”、“モノライン”、“万年筆”が新しく追加
AirPods Pro(第2世代)では、“探す”や“正確な場所を見つける”がMagSafe対応充電ケースに対応し、AirPods(第3世代)、AirPods Pro(第1世代)、AirPods Maxでも利用可能な、より正確で没入感のあるリスニング体験を提供する空間オーディオにも対応
FaceTimeのHandoff機能により、iPadからiPhoneやMacに、またはiPhoneやMacからiPadにシームレスにFaceTime通話を引き継ぐことが可能
ミー文字では、ステッカーポーズ、ヘアスタイル、帽子類、鼻、リップカラーのバリエーションがアップデート
翻訳Appでカメラを使って身の回りのテキストを翻訳することが可能
“写真”の重複検出機能により、重複した写真を識別し、ライブラリを素早く整理することが可能
“リマインダー”でリストをピンで固定して、よく使うリストに素早く移動することが可能
ホーム画面上での検索により、ホーム画面下部から直接Spotlightにアクセスでき、Appを開いたり、連絡先を探したり、Webで情報を入手したりすることが簡単に実行可能
“緊急セキュリティ対応”では、重要なセキュリティの改善をより迅速にデバイスに適用するために、通常のソフトウェアアップデートとソフトウェアアップデートの間に自動的に適用
このリリースにはその他の機能と改善も含まれます。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-16/features/

一部の機能は、地域やiPadの機種によっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

| | コメント (0)

2022.09.15

iPadOS 15.7にアップデートした

iPadOS 15.6.1から1ヶ月弱でアップデートです。

Appleは9月12日(米国現地時間)、「iOS 15.7」「iPadOS 15.7」を公開しました。このアップデートには重要なセキュリティ修正が含まれており、すべてのユーザーに対し適用が推奨されています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT213445

| | コメント (0)

2022.09.06

ソニーのワイヤレスBluetoothイヤホンWI-C310も良い

WI-XB400はワイヤレスBluetoothイヤホンの中でピカ一です。まだまだ現役ですが、そろそろバックアップ用に同じシリーズで安く手に入るものはないかdショッピングで調べたところ、WI-C310(4,230円)が見つかりました。WI-XB400は2019年10月 5日 発売で、こちらは2019年7月6日です。

Pxl_20220904_042629330

どうしてソニーの同シリーズを選んだかというと、操作性が同じだからです。いろいろなワイヤレスイヤホンを使っていますが、いちいち違う操作を覚えるのが面倒です。その点WIシリーズはペアリングが分かりやすく、使い勝手は抜群です。

Pxl_20220904_122234184

さて、音の印象ですが、WI-XB400と比べて低音が出ていません。しかしながら、全広域に渡りバランスよくナチュラルです。長時間聴けます。悪くありません。コスパが良いと思います。

【WI-C310商品解説】
●上質なデザインと高い携帯性
上質な光沢加工ハウジングと選べる4色のカラーバリエーション。イヤホンをまとめるマグネットと丸めて持ち運んでも絡まりにくいフラットケーブルが携帯時に便利。
●快適な装着感
首まわりのバランスがいい形状で安定装着。さらに耳に沿うハウジング形状が耳にフィット。
●ロングスタミナ&クイック充電対応
一日音楽が楽しめる15時間のバッテリー搭載。さらに10分の充電で60分再生可能。
●iPhone スマートフォン、音楽プレーヤーとの接続時に便利なBluetooth機能
首元のボタンでのかんたん操作やハンズフリー通話、8台までのマルチペアリングや音声アシスタントの起動にも対応。
●首元のボタンでiPhone スマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作
iPhone スマートフォンや音楽再生機をポケットから取り出すことなく曲送り 曲戻し、再生 一時停止、音量の調節、電話の着信や終話(*)の操作が可能。* スマートフォンやiPhone、携帯電話がBluetooth機能を搭載し、HFPまたはHSPに対応している必要があります.
●高音質&音漏れ低減
クリアな中高音と重厚でパワフルな低音を再生する高磁力ネオジウムマグネット搭載。さらにワイヤレスでも高音質なAACに対応で音質劣化の少ないリスニングを実現。
●音漏れを低減する設計
空気の通気量を調整する孔を小さくした筐体構造で音漏れに配慮。
●Siri(R)(*1)やGoogle(TM)アプリ(*2)といったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応
スマートフォンを取り出さず、ヘッドホン側の操作と音声操作により、電話をかけたり音楽を再生したり、天気予報などのちょっとした調べ物をすることも可能です。*1 Siri(R)は、Apple Incの商標です
*2 スマートフォンの仕様やアプリバージョンにより対応しない場合があります。Google(TM)アプリは、Google LLC.の商標です

【WI-C310スペック】
●型式:WI-C310(WIC310BC(ブラ)
●JANコード:4548736098947
本体サイズ(H×W×D) mm:幅約100mm x 高さ185mm x 奥行20mm
本体重量:約71g
再生周波数帯域:20-20000Hz
リモコン・マイク:リモコン・マイク対応
インピーダンス:32Ω
機能:ネックバンド
ワイヤレス・接続端子:Bluetooth
Bluetooth:Bluetooth対応
BluetoothのClass:Class2
Bluetooth 対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
BluetoothVersion:Ver.5.0
Bluetooth対応コーデック:SBC、AAC
音楽再生時間:最大15時間
イヤホン充電時間:約3時間
充電端子:USB Type-C
付属品:ハイブリッドイヤーピースS/M/L (各2)、USB Type-CTMケーブル(約20cm)、保証書、取扱説明書、リファレンスガイド

| | コメント (0)

より以前の記事一覧