2020.11.08

iPadOS 14.2にアップデートした

約2週間でiPadOS 14.1からアップデートです。
結構多くのバグを修正しています。

Img_0405

https://support.apple.com/ja-jp/HT211807

iPadOS 14.2

iPadOS 14.2には、iPad用の以下の改善が含まれます:

・動物、食べ物、顔、家庭用品、楽器、性差別のない絵文字など、100種類以上の新しい絵文字
・ライトモードとダークモードの両方のバージョンでデザインされた8枚の新しい壁紙
・拡大鏡で近くにいる人を検知し、12.9インチiPad Pro(第4世代)および11インチiPad Pro(第2世代)に搭載されているLiDARセンサーでその人との距離を報告可能
・“カメラ”のシーン検出では、インテリジェントな画像認識を使用してシーン内のオブジェクトを識別し、iPad Air(第4世代)の写真を自動的に改善
・“カメラ”の自動FPSでは、ビデオ撮影時に自動的にフレームレートを下げて低照度での撮影品質を改善し、iPad Air(第4世代)のファイルサイズを最適化
・AirPodsのバッテリー充電を最適化し、AirPodsがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を抑制
・新しいAirPlayコントロールで家中にエンターテイメントをストリーミング
・iPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、CarPlayでHomePodおよびHomePod miniのインターコムに対応
・HomePodをApple TV 4Kに接続してステレオ、サラウンドサウンド、ドルビーアトモスオーディオを再生可能

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:

・カメラを起動したときに、カメラファインダーが黒く表示されることがある問題
・パスコードを入力しようとしたときに、ロック画面のキーボードをタッチしても認識されない可能性がある問題
・“リマインダー”で過去の時間がデフォルトで設定されることがある問題
・“写真”ウィジェットにコンテンツが表示されないことがある問題
・“天気”ウィジェットで華氏を設定しているのに最高気温が摂氏で表示されることがある問題
・“ボイスメモ”の録音中に電話がかかってくると中断される問題
・Netflixのビデオを再生中に画面が黒くなることがある問題

| | コメント (0)

2020.11.06

オフィスグリコにd払いが追加された

職場のオフィスグリコにd払いのQRコードが追加されているのに気付き、d払いで購入しました。
PayPayの前払い(プリペイド)型と違い、iDのように、後払い(ポストペイ)型でした。紐付いたクレジットカード(dカードゴールド)で支払います。こちらの方がしっくり来ます。

NTTドコモは10月21日に次のリリース(PDF)を出していました。

「d ポイント」「d 払い」加盟店が拡大~モスバーガー、オフィスグリコ、ほっともっと他で利用可能に~

その中で、オフィスグリコは200円(税込)毎に1ポイントで、2020年10月15日開始日でした。

さらに、期間中、オフィスグリコ商品を「d払い」アプリを使ってお買い物をするともれなくdポイントが+40%還元されるキャンペーンが実施中でした。

Img_0319

https://www.nttdocomo.co.jp/kansai/cp_glico/

<キャンペーン期間>
2020年10月15日(木)00:00~2020年12月31日(木)23:59

ということで、本日2回目となるd払いから200円の購入をしています。

Screenshot_20201106213105

dポイントの1ポイントは即日付与されています。

| | コメント (0)

2020.11.05

ソニーの完全ワイヤレスBluetoothイヤホンWF-1000XM3を購入した

完全ワイヤレスイヤホンはHUAWEI FreeBuds 3iに続いて2台目になるSONYのノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック) SONY 1000Xシリーズ WF-1000XM3Bを10月20日のdショッピングデーでJosinから23,960円(税込)で購入しました。2019年 7月13日発売され、現在売れ筋です。

完全ワイヤレスイヤホンの弱点ですが、バッテリー切れには交換機が必要になります。そこで、もう1台の購入になりました。

パッケージです。

Img_0305

中身です。

Img_0306

充電ケースに本体をセットしました。

Img_0340

Bluetoothペアリングは、両耳に本体をセットして両方の丸い部分のタッチセンサーを同時に触れると出来ます。

音は流石に良いです。ノイズキャンセリング機能も性能が高いです。
しかし、外耳孔にイヤーピースを押し込むだけの装着は頂けません。奥までしっかり押し込まないと落ちます。デフォルトでMサイズがセットされていますが、左耳はゆるくて職場の椅子に座ってっているときに、何度も落ちました。床がカーペットだったので無事でしたが、怖くて外で使う気になれません。

まさか、装着がこれほど貧弱だったとは思ってもいませんでした。これに比べて形状が耳からうどんのHUAWEI FreeBuds 3iの方が優れています。通勤時に使用していますが、落ちたことはまだありません。

正直、イヤーピースだけで装着するタイプはオススメ出来ません。当たり前ですが、落ちないように押し込むので長時間使うと耳が痛くなります。街で多くの方がこのタイプを利用していますが、本当に指示されているのでしょうか。

さて、設定をカスタマイズする専用アプリ「Headphones Connect」をiPadにインストールしました。

Img_0308

よく出来ています。導入後WF-1000XM3バージョン2.0.2から3.0.0にアップデートしましたが、音楽を再生中に行えます。完了すると自動的に再起動してくれます。

Img_0309

チュートリアルがわかりやすく、タッチセンサーの主な操作を確認できます。ただし、使い慣れていなためか、うまく操作できません。Googleアシスタントも設定したものの使えていません。

HUAWEI FreeBuds 3iの充電ケースを並べてみました。WF-1000XM3は大きくて重くかさばります。

Img_0339

本体の重さ17gです。

Img_0342

充電ケースにセットした時の重さ93gです。

Img_0320

【SONY 1000Xシリーズ WF-1000XM3Bの特徴】

◆完全ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質に浸る
CDやMP3などの圧縮音源の高音域を補完し、ハイレゾ相当(※1)の高音質を楽しめるDSEE HX(※2)を搭載。
※1 DSEE HX ON時にCDやMP3などの圧縮音源をSBC/AACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張。
※2 DSEE HXは Headphones Connect アプリから機能を有効にすることでお楽しみいただけます。

◆「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」搭載
電力ながら高性能なノイズキャンセリング処理を可能にしたことで、さまざまな環境においてもノイズを気にせず、こだわりの高音質に浸ることができます。
ポータブル向けとして最高クラスのS/N比と低歪な特性を持つD/A変換回路およびヘッドホンアンプを内蔵しているだけでなく、24bitのオーディオ信号処理を行うことで、音質の向上を実現しました。

◆高精細にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」
ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化。
DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成。
より静かな環境で、よりクリアな音楽再生が可能となりました。

◆高い装着性と安定性
人間工学に基づき、耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用。
高い密閉性を実現し、物理的にもノイズを防ぐことでノイズキャンセリング性能向上に寄与しています。
また、耳に接する部分にハイフリクション・ラバー・サーフェスを採用し、摩擦が高く、外れにくい構造になっています。

◆ヘッドホンを外さず瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」
本体に搭載されたタッチセンサーの左側を指で触れている間、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞きやすくする機能を搭載。
緊急のアナウンス時などに周りの状況をすぐ把握したい場合や、とっさに会話をする際に便利です。

◆左右両側での使用はもちろん、片側での使用も可能
・左右両側でのハンズフリー通話…左右両側から電話の音声が聞こえるため、より自然なハンズフリー通話が可能です。
・左または右だけでの片側使用も可能…左または右どちらか片方を充電ケースにしまったままでも、片側だけでのリスニングが可能です。片方を充電しながらもう片方で音楽を楽しんだり、ハンズフリー通話したりできます。
 ※Googleアシスタントを左右どちらかに割り当てた場合は、Googleアシスタントを割り当てた側でのみ、片側使用が可能。

◆装着検出機能
左右両側を装着した状態で音楽を再生し、一時的に片側を外すと、自動で音楽が一時停止。再度装着すると自動で音楽が再生します。
また、片側を外したまま約5分経過すると、自動で外した方のイヤホンの電源がOFFになり、バッテリーの消費を防げます。
※再生機器や、ご使用のアプリによっては、正しく動作しない場合があります。
※Headphones Connectアプリ上で音楽の一時停止ON/OFF、自動電源ON/OFFの設定の変更ができます。

◆長時間の外出も安心、最長24時間のロングバッテリーライフ
本体のみで6時間、付属のケースで3回分充電して合計24時間の音楽再生が可能。また、突然の外出時も安心な急速充電にも対応。

◆便利な充電ケース
充電ケースにマグネットを採用しているため、本体を充電ケースに戻すと正しい位置にすぐに収まります。

◆安定した接続性で動画視聴時の遅延も低減
型のBluetoothチップを搭載し、音楽再生機器から、左右の本体それぞれに同時伝送する方式を採用。
加えて、アンテナの構造と配置を最適化することで、安定した接続を実現し、動画視聴時の映像と音声の遅延も低減。

◆Googleアシスタントに対応
音楽を聴く際の操作や、ニュースの確認、スケジュールの管理、調べものなどを音声操作で行うことができます。

◆タッチセンサーでの本体操作が可能
スマートフォンなどの音楽再生機の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、ノイズキャンセリング/外音取り込みの切り替え、さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能。
スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応。
スマートフォンを取り出さず、ヘッドホン側の操作と音声操作により、電話をかけたり音楽を再生したり、天気予報などのちょっとした調べものをすることも可能です。
※スマートフォンの仕様やアプリバージョンにより対応しない場合があります。
※Google (TM)アシスタントを有効にしている場合は操作が無効になります。

◆専用アプリ「Headphones Connect」に対応。さまざまな機能をアプリ上でカスタマイズ可能
※アプリはBluetooth接続時のみ使用できます。
・タッチセンサーの操作をカスタマイズ
・ノイズキャンセリングや外音の取り込み方のレベルを調整できる「外音コントロール」
・ノイズキャンセリングや外音取り込みモードを自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」
・お好みの音質にカスタマイズする事ができる「イコライザー」
・ソフトウェアのアップデート設定


■ 仕 様 ■

型式:ダイナミック密閉型
ドライバー口径:φ6mm(CCAWボイスコイル採用)
マグネット:ネオジウム
ヘッドホン質量:約8.5g×2 ※ケーブル含まず
トークマイク:エレクトリックコンデンサー型、全指向性
充電ケース:付属(約77g、充電時間:約3.5時間)
電源:DC3.7V:内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間:約1.5時間
電池持続時間…
 連続音声再生時間:最大6時間(NC ON時)、最大8時間(NC OFF時)
 連続通話時間:最大4時間(NC ON時)、最大4.5時間(NC OFF時)
 待受時間:最大9時間(NC ON時)、最大15時間(NC OFF時)
ワイヤレス通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.5.0
出力:Bluetooth標準規格 Power Class1
最大通信距離:見通し距離約10m
対応プロファイル…A2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデック:SBC、AAC
対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP):20~20000Hz (44.1kHz)
付属イヤーピース…
 ハイブリッドイヤーピースロングSSSML(各2個)
 トリプルコンフォートイヤーピースSML(各2個)
付属品:充電ケース、USB Type-Cケーブル(約20cm)、保証書、取扱説明書、使用上のご注意/主な仕様

| | コメント (0)

2020.10.28

SONYワイヤレスイヤホンMDR-EX31BNのケーブルが断線した

3年前に購入して毎日使用しているMDR-EX31BNのケーブルが内部で断線し、右側が聞こえなくなりました。

Img_0281

電話がかかってきたときに、本体にマイクがあるので、イヤホンを付けたまま通話しやすいので重宝していたのですが、いよいよ寿命と諦めていました。

なぜならMDR-EX31BNのフォーンプラグは写真下の4極なので、写真上の3極は使えないだろうと考えていたのです。とりあえず、試しに3極のフィリップスSHE9720を繋げたところ普通に聴こえました。

Img_0282

コードが80cmだったものが、140cmになって扱いにくくなりますし、機能面での制約があるのかもしれませんが、本体はまだ問題ないのでフィリップス・SONY連合で使っていこうと思います。既に、完全ワイヤレスイヤホンHUAWEI FreeBuds 3iが後継として用意してあるので、交互に使うつもりです。

Img_0283

| | コメント (0)

2020.10.22

iPadOS 14.1にアップデートした

約1ヶ月でiPadOS 14.0.1からアップデートです。
インストールに1時間くらいかかったと思います。メジャーバージョンアップに近い感じです。

Img_0247
https://support.apple.com/ja-jp/HT211807

iPadOS 14.1
iPadOS 14.1には、iPad用の機能改善とバグ修正が含まれています。

・12.9インチiPad Pro(第2世代)以降、11インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPad Air(第3世代)以降、およびiPad mini(第5世代)の“写真”で10ビットHDRビデオの再生と編集に対応
・一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処
・“メール”で一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題を修正
・アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題に対処
・ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題を解決
・“ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題に対処

| | コメント (0)

2020.10.15

何故かdポイントカードに制限がかかっている

支払いでdポイントが付く店で、レジを担当された方から、「このdポイントカードは貯めることが出来ても、支払いが出来ません。」と唐突に言われました。
支払いは電子マネー「iD」で、dポイント付与はdポイントカードなので何ら問題ないのに気になりました。

帰宅してから、レシートを確認したところ次の注意メッセージです。

「お客様のdポイントカードはdポイントでお支払い頂けません。dポイントカスタマーセンターへご連絡頂き、カードの利用再開手続きを実施してください。」

気になったので「dポイントカード 支払いできない」で検索したところ、dポイントクラブに次のQ&Aです。

Q 街のお店(dポイント加盟店)でこのdポイントカードは使用できないといわれたが、どうすればいいのか?
A 街のお店(dポイント加盟店)でdポイントカードが使用できない場合、以下の理由が考えられます。
<dポイントをためることはできるが、dポイントがつかえない>
①dポイント利用者情報登録が完了していない。
②dポイントカードの利用停止をしている。
③ポイント共有グループの代表会員からポイント利用拒否設定をされている。
④dポイントカード利用上限設定をしている。
<dポイントをためることもつかうこともできない>
⑤磁気不良などでdポイントカードに何らかの不具合が生じている。

①〜④が理由になるようですが、全く心当たりがありません。

そこで、dポイントカスタマーセンターに電話しました。
本人確認の後、dポイントカードの状態を教えてもらったところ、dポイントがつかえないのはポイントカード会社の判断で、不正利用されるのを防ぐため利用停止しているとのことでした。結論として②が理由でしたが、詳細はわからないとのことです。ただし、利用者側の問題では無いと断言してくれました。dカードGOLDを利用して2年間気づきませんでした。

なお、解決方法は2つ、新たなdポイントカードを登録して使うか、dポイントカードを再発行するかのどちらかとの案内です。

せっかくdカードGOLDとペアでdポイントカードを発行してもらっているので、新たな赤白のdポイントカードを登録してもう一枚持ちたくありません。そもそも1枚で良いから気に入っていたのです。

再発行となるとdカードGOLDごとクレジットカードの手続きになるので面倒です。ともかくdポイントカードでdポイントがつかえないのを避ければ良いだけです。3年後に新規dカードGOLDが送られてくるので、そこまで待つことにしました。

| | コメント (0)

2020.09.25

iPadOS 14.0.1に1週間余りでアップデートした

iPadOS 14からのアップデートです。

出社して設定に①が表示されていて既にダウンロードされていたので、事務所でアップデートを行いました。
再起動するとデフォルトにリセットされる」がフィックスされました。

Img_0020
https://support.apple.com/ja-jp/HT211807

iPadOS 14.0.1
このアップデートにはiPadのバグ修正が含まれます。

・iPadの再起動後にブラウザとメールのデフォルト設定がリセットされる可能性がある問題を修正
・iPadがWi-Fiネットワークに接続できない可能性がある問題を修正
・一部のメールプロバイダでメールが送信できない可能性がある問題を解決
・Newsウィジェットで画像が表示されない可能性がある問題に対処

| | コメント (0)

2020.09.21

2台目のChromebookを購入した

パーソナルユースとして理想的なタブレットとして、Chrome OSを搭載した2-in-1タブレットのLenovo IdeaPad Duet Chromebookをdショッピングで購入しました。42,800 円 (税込)でした。

1台目のChromebookは、昨年廃棄処分にしています。新製品として6年ぶりとなります。

Androidタブレット並に使いたいと5月にSurface Go 2 LTE Advancedを購入にしていますが、こちらはノートパソコンとしての役割しかありません。

今回購入した大きな理由はパーソナルユースとして使いたいことにあります。

パッケージです。

Img_0009

中身です。

Img_0011

セッティングして、Surface Go 2 LTE Advancedと並べました。向かって右です。

Img_0018

右側面のみ、上から音量ボタン、電源ボタン、バッテリーインジケーター、USB-Cコネクターです。

Img_0019

3つのプラットフォームでタブレットとして使い勝手を比較したときの順位は次の通りでした。

1位 iPad Pro
2位 Androidタブレット
3位 Windows10タブレット

しかし、Chromebookのプラットフォームを追加しての順位は次になります。

1位 Chromebook
2位 iPad Pro
3位 Androidタブレット
4位 Windows10タブレット

理由は、最近のChromebookはAndroidアプリをインストールできるため、ノートパソコン+Androidタブレットとして使えるためです。

Surface Go 2 LTE Advancedとの大きな違いは、Chromecastに連携できることです。ノートパソコンとして単体として使う分には差はありませんが、例えばYoutubeを再生していて大画面で視聴したいときは、Surface Go 2 LTE Advancedでは出来ません。

ところで、iPad Proにキーボードを付けてノートパソコンとして使えば、Chromebookと遜色無くなりますが、俺の場合、iOSの日本語入力は馴染めないのでその選択肢はありません。

1年ぶりのChromebookですが、操作性が洗練されていて文句無しです。俺のようなマシンリソースを使わない人間にとっては最適なマシンです。


【IdeaPad Duet Chromebookの製品仕様】

名前:Lenovo IdeaPad Duet Chromebook ZA6F0038JP(量販店向けモデル)
モデル:Lenovo CT-X636F
バージョン:WLAN

OS : Chrome OS
ディスプレイ : 10.1型 WUXGA IPS液晶 (1920x1200ドット) 、グレアパネル、マルチタッチ対応(10点)
CPU : MediaTek Helio P60T プロセッサー
グラフィックス : CPU内蔵(Arm Mali-G72 MP3)
メモリ : 4GB
ストレージ : 128GB eMMC
光学ドライブ : なし
有線LAN : なし
無線LAN : IEEE 802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth : Bluetooth v4.2
インターフェース …
USB2.0 Type-C ×1(DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き)
キーボード : 78キー、JIS配列
Webカメラ : あり (前面:200万画素 FF、背面:800万画素 AF)
スピーカー : ステレオスピーカー
マイク : デジタルアレイマイクロホン
生体認証 : なし
バッテリー駆動時間 : 約10時間
本体サイズ(W×D×H) : タブレット本体:約 239.8x159.8x7.35mm、キーボードとスタンドカバー装着時:約 244.9x169.3x18.2mm
質量 : タブレット本体:約 450g、キーボードとスタンドカバー装着時:約 920g
主な付属品 …
ACアダプター
USBケーブル
キーボード
スタンドカバー
USB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル
マニュアル類

| | コメント (0)

2020.09.18

iPadOS 14でデフォルトアプリ変更が可能になった

ブラウザはどの端末でもchromeで使っていますが、iPad ProはデフォルトがSafariなので使い勝手が悪かったのですが、iPadOS 14になってデフォルトアプリ変更が可能になりました。

すべてのアプリでchromeにならないものの、とりあえず設定>chromeではデフォルトのブラウザAppはSafariからchromeに変更しました。

Img_0005

Img_0006

iOS 10で標準アプリ削除が出来るようになった時と同じくらいの自由度を感じます。

ただし、再起動すると設定が戻るバグがあるようです。
CNET Japanのニュースは次です。

「「iOS 14」デフォルトアプリ変更にバグ、再起動すると「Safari」「メール」に戻る」

| | コメント (0)

2020.09.17

iPadOS 14にメジャーアップデートした

9月17日の朝からiPadOS 14がリリースされました。

https://support.apple.com/ja-jp/ios/update

Img_9938

今月のiPadOS 13.7からのアップデートになります。

Img_9937

https://support.apple.com/ja-jp/HT211807#14

iPadOS 14
iPadOS 14には、再設計されたAppやApple Pencilの新機能、およびその他の改善が含まれます。

再設計された体験

・表示する情報量に応じて、ウィジェットのサイズを小、中、大から選択可能
・ウィジェットのスタックでホーム画面のスペースを最大限に活用でき、スマートスタックはデバイス上の知能を使って最適なタイミングで最適なウィジェットを表示
・新しいAppのサイドバーにより、Appの多くのコア機能にメインウインドウからアクセス可能
・新しいAppのツールバー、ポップオーバー、プルダウンメニューにより、Appのすべてのコントロールに簡単にアクセス可能

コンパクトなデザイン

・Siriのコンパクトなデザインにより、画面上の情報を参照しながらシームレスに次のタスクに取り掛かることが可能
・コンパクトサーチは、ホーム画面上やApp上で動作するシンプルなデザイン
・電話とFaceTime通話の着信を画面上部のバナーとして表示

検索

・App、連絡先、ファイルの検索、天気や株価などの簡単な情報、人や場所に関する一般的な知識、Web検索をすぐに開始することも可能なすべてを見つけることができる1つの場所
・App、連絡先、知識、関心があるスポット、Webサイトなど、最も関連性の高い情報を“トップヒット”に表示
文字をいくつか入力するだけでAppやWebサイトを開くことができるクイック起動機能
・入力しながら検索候補を表示する機能により、入力を始めるだけでより関連性の高い結果を表示
・Web検索候補からSafariを起動し、最も関連性の高いWebの結果を表示
・メール、メッセージ、ファイルなどのApp内で検索を開始

スクリブル

・Apple Pencilでテキストフィールドに書いた文字を自動的にキーボード入力のテキストに変換
・単語やスペースをこすって削除することが可能
・編集する単語を丸で囲んで選択可能
・単語と単語の間を押したままにして、追加で書くためのスペースを追加
・ショートカットパレットに使用中のAppでよく使うアクションを表示
・英語、簡体字中国語と繁体字中国語、および中国語と英語を混ぜた文にも対応

Apple Pencilを使ったメモ機能

・スマート選択により、手書き文字と描画を区別してテキストを簡単に選択可能
・テキストとしてコピー&ペーストする機能により、手書きのメモをキーボード入力のテキストに変換して、ほかの書類で使用可能
・手書きのメモのためのスペースを作る、新しいジェスチャー
・データ検出により、電話番号やメールアドレスなどの手書きの情報を操作可能
・図形の認識により、線や円弧などの図形を完全に描くことが可能

Siri

・まったく新しいコンパクトなレイアウトで画面の右下隅に表示
・Siriの知識が増え、3年前と比べて20倍以上の情報を入手可能
・Webの回答は、インターネットのあらゆる情報を使用して、幅広い質問に答えることが可能
・iOSとCarPlayでSiriを使ってオーディオメッセージを送信可能
・Siriの新しい声とSiri翻訳での言語のサポートを拡大

メッセージ

・チャットをピンで固定すると、お気に入りのメッセージのスレッドをリストの上部に9件まで固定可能
・“名前の言及”を使って、グループチャットで特定の人にメッセージを送信可能
・インラインの返信を使って、特定のメッセージに返信したり、関連するすべてのメッセージを独自のビューで表示したりすることが可能
・グループ写真をカスタマイズして、共有グループの見た目を変更可能

ミー文字

・ミー文字をカスタマイズするために、11個の新しいヘアスタイルと19個の新しい帽子類を追加
・新しいミー文字ステッカーを使って、グータッチ、ハグ、頬を赤くした顔を送信可能
・6つの年齢オプションを追加
・フェイスカバーのオプションを追加

マップ

・自転車の経路案内では、道の勾配や道路の混雑状況を考慮して、自転車レーン、自転車専用道路、および自転車に適した道路の経路を提示
・信頼できるブランドが選定したガイドにより、食事をしたり、友達と会ったり、探索したりする場所を紹介
・電気自動車の経路で、対応している電気自動車でのドライブを計画し、経路に沿った充電スタンドを自動的に追加することが可能
・渋滞区域の表示により、ロンドンやパリなどの都市で交通量の多い区域を迂回したり、通過したりすることが可能
・スピードカメラを使用して、経路上で速度取り締まりカメラや信号無視抑止システムに近づいたときに通知を受けることが可能
・位置情報の精密化により、GPS信号が不十分な都市部にいるときでも、高精度の位置と方向を確認可能

ホーム

・オートメーションの提案機能により、タップするだけでオートメーションを設定可能
・“ホーム” Appの上部にある視覚的な状況表示により、注意を向けるべきアクセサリの概要を確認
・最も関連性の高いアクセサリとシーンの状況に応じた提案をコントロールセンターのホームのコントロールに表示
・適応型照明により、快適さと生産性を最大限に引き出すために、1日を通してスマート電球の色を自動的に調整
・ビデオカメラとドアベルの顔認識では、デバイス上の知能を使って、“写真” Appでタグ付けした人と、ホームAppで認識した最近の訪問者に基づいて、その場所にいる人を通知
・ビデオカメラとドアベルの活動ゾーンでは、ビデオを撮影または定義した領域で動きが検知されたときにのみ通知することが可能

Safari

・より高速なJavaScriptエンジンによってパフォーマンスが向上
・インテリジェント・トラッキング防止機能によってブロックされているサイト越えトラッカーをプライバシーレポートに表示
・パスワードの監視により、データ漏洩に関わっている可能性がある保存済みのパスワードを確実に検知

AirPods

・AirPods Proの空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングにより、空間のどこにでも音を配置し、臨場感あふれるサラウンドサウンド体験を提供
・デバイスの自動切り替えで、iPad、iPhone、iPod touch、Macからオーディオを転送
・AirPodsの充電が必要になると知らせるバッテリー通知

拡張現実

・深度APIによって、iPad ProのLiDARスキャナで測定されたより正確な距離を利用し、バーチャルなオブジェクトと現実世界の間のよりリアルなインタラクションを実現
・ARKit 4のロケーションアンカーにより、AppでAR体験を特定の地理座標に配置可能
・12.9インチiPad Pro(第3世代)以降、11インチiPad Pro以降で、前面カメラを使ったAR体験に対応した顔の認識を利用可能
・RealityKitのビデオテクスチャにより、Appのシーンや仮想オブジェクトのどこにでもビデオを適用可能

App Clip

・App Clipは、デベロッパが作成可能なAppの一部をコンパクトにしたもので、必要なときにすぐ見つかるように特定の機能に限定
・小型のデザインでわずか数秒間で使用可能
・メッセージ、マップ、SafariからQRコードをスキャンして、適切なタイミングでApp Clipを検出
・最近使用したApp Clipは、Appライブラリの“最近追加した項目”カテゴリに表示されるので、引き続き使いたい場合は、フルバージョンをダウンロード可能

プライバシー

・Appがマイクまたはカメラにアクセスするたびに録音/録画のインジケータを表示
・正確な位置情報ではなくおおよその位置情報をAppと共有することが可能
・“写真” Appからアクセスを要求されたときに、選択した写真のみをAppと共有するオプションを利用可能
・AppやWebのデベロッパはユーザが既存のアカウントを“Appleでサインイン”にアップグレードするオプションを提供可能

アクセシビリティ

・ソフトな音を増幅し、特定の周波数を調整し、各ユーザの聞こえ方に合わせてカスタマイズできるヘッドフォン調整
・FaceTimeのグループ通話で手話を使っている参加者を検出してその人を目立たせる、手話へのフォーカス機能
・サウンド認識ではデバイス上の知能を使ってアラームなどの重要な音を検出して識別し、通知を使用して警告
・デバイス上の知能を使って画面上の要素を認識し、AppやWebでのVoiceOverのサポートを強化
・App内とWeb上のイメージや写真について完全な文章で読み上げて説明する画像の説明
・イメージや写真に含まれるテキストを認識して読み上げるテキスト認識
・インターフェイスコントロールを自動的に検出してAppの操作を支援する画面認識
このリリースにはその他の機能と改善も含まれます。

App Store

・友達がプレイしているゲームを確かめる方法を含め、各Appに関する重要な詳細情報が、一目で分かるスクロール可能なビューに表示

Apple Arcade

・“近日公開”では、もうすぐ公開されるApple Arcadeゲームのプレビューをチェックし、リリースされたらすぐに自動的にダウンロード可能
・“すべてのゲームを表示”では、リリース日、アップデート、カテゴリ、対応するコントローラなどによる並べ替えとフィルタリングを改善
・達成項目を“Apple Arcade”タブ内から直接見ることが可能
・“プレイを続ける”を使用して、最近プレイしたゲームを複数のデバイスで簡単に引き継ぐことが可能
・Game Centerのダッシュボードにより、プロフィール、友達、達成項目、Leaderboardなどをゲーム内からすべて参照可能

カメラ

・ビデオモードでビデオ解像度とフレームレートの切り替えを“カメラ” Appから素早く変更可能
・前面カメラの左右反転により、フロントカメラのプレビューを反映させたセルフィーの撮影が可能
・QRコードの読み取り精度が向上し、小さなコードや曲がった面に印字されているコードもスキャン可能

FaceTime

・ビデオ画質が向上し、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Pro(第1世代)以降、12.9インチiPad Pro(第2世代)以降では最大1080pの解像度で表示
・新しいアイコンタクト機能により、目と顔の位置を機械学習で微妙に調整し、カメラではなく画面を見ていても相手と視線が合うため、より自然なビデオ通話が可能

ファイル

・ファイルや機能に素早くアクセスできるよう、コントロールを新しいサイドバーとツールバーに統合
・APFS暗号化を使った外付けドライブに対応

キーボードと多言語対応

・デバイス上の音声入力では、すべての処理を完全にオフラインで実行することでプライバシーを保護。検索の音声入力では、インターネット上から検索している用語を認識するために、サーバベースの音声入力を使用
・絵文字キーボード内で、単語や語句を使用して検索可能
・App内で必要なメールアドレス、電話番号などの自動入力候補を連絡先からキーボードに表示
・フランス語-ドイツ語、インドネシア語-英語、日本語-簡体字中国語、およびポーランド語-英語の新しい辞書
・簡体字中国語の五筆字型入力プログラム
・自動修正機能がアイルランドゲール語とノルウェー語(ニーノシュク)に対応
・数字を簡単に入力できるように再設計された日本語のかなキーボード
・メールでラテン語以外の言語を使用したメールアドレスに対応

ミュージック

・“今すぐ聴く”タブで、お気に入りの音楽、アーティスト、プレイリスト、ミックスを再生したり見つけたりすることが可能
・途切れることなく音楽を再生できる自動再生機能。曲やプレイリストの終わりにきたときに、似ている曲を検索して再生を継続
・検索機能では、お気に入りのジャンルやアクティビティに合わせた音楽を表示。検索に役立つ提案を入力と同時に提示
・ライブラリのフィルタにより、ライブラリ内のアーティスト、アルバム、プレイリスト、およびその他の項目をさらに素早く検索可能

メモ

・アクションメニューが強化され、ロック、スキャン、ピンでの固定、削除の機能に簡単にアクセス可能
・検索のトップヒットで、最も関連性の高い検索結果を表示
・“ピンで固定”のメモのリストの折りたたみと展開が可能
・スキャン機能が強化され、より鮮明なスキャンと正確な自動トリミングを実現

写真

・新しいサイドバーでは、“アルバム”、“検索”、“メディアタイプ”に素早くアクセスでき、“マイアルバム”表示で・アルバムの順序を簡単に編集することが可能
・コレクションの絞り込みと並べ替えにより、写真とビデオの検索と整理が容易に
・ピンチやズームで、“お気に入り”や“共有アルバム”など、より多くの場所で写真やビデオを素早く見つけることが可能
・写真やビデオのキャプションをサポート
・iOS 14またはiPadOS 14で撮影したLive Photosにおいて、“年別”、“月別”、“日別”の表示で自動再生するときの手ぶれ補正を改善
・“メモリー”が強化され、メモリームービーにより適した写真やビデオを選択。BGMの選択肢も拡大
・App内の画像ピッカーのデザインが新しくなり、“写真” Appと同じスマート検索を使用して、共有するコンテンツを簡単に見つけることが可能

Podcast

・“今すぐ聴く”に自分専用のエピソードキューや自動的に厳選された新しいエピソードが追加され、一層便利に

リマインダー

・リストの共有相手にリマインダーを割り当てる機能
・特定のリストに入らなくても、リスト画面から新しいリマインダーを作成可能
・スマートな提案により、日時や場所をワンタップで追加
・絵文字や新しく追加された記号でリストをパーソナライズ
・スマートリストの並べ替え/非表示

設定

・デフォルトのメールAppとWebブラウザを設定するオプション

ショートカット

・ユーザに合わせてカスタマイズされたショートカットが内蔵フォルダから使い始めることができるスターターショートカット
・ユーザの使用パターンに基づき、“ショートカット”がオートメーションを提案
・ショートカットを整理でき、ウィジェットとしてホーム画面に追加できるフォルダ
・ショートカットを実行するための新しいコンパクトなデザインで、別のAppの使用中でも状況の把握が可能
・新しいオートメーショントリガーで、メールやメッセージの受信、バッテリー残量、Appの終了などに基づいてショートカットを実行可能
・就寝準備のショートカットで、良質な睡眠のためのリラックスできるショートカットのコレクションを提供

ボイスメモ

・ボイスメモの録音を整理できるフォルダ
・最善の録音にマークを付け、あとで“よく使う項目”でそれらの録音に素早くアクセスすることが可能
・Apple Watchでの録音、最近削除した録音、“よく使う項目”のマークを付けた録音を自動的にグループ化するスマートフォルダ
・録音機能の強化により、バックグラウンドのノイズと室内の反響を低減

9.7インチiPad Proセルラーを使って4年目ですが、iOS 10からスタートして4つ目のメジャーアップデートです。未だに経年劣化はありません。タブレットはiPadで間違いありません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧