2021.10.10

三橋貴明氏の特別講座「皇統論」で日本人の誇りを多く学んだ

2021年10月3日に経営科学出版の三橋貴明氏の特別講座『世界に誇る21世紀の真・日本論 皇統と国体編』を申込み、今日受講が終わりました。

日本人に取って大切な講座です。三橋貴明氏の歴史観に敬意を評します。

戦後の自虐史観による歴史教育によって、皇統と国体に関する大切なことを学んでこなかったことがよく分かりました。

「皇統」とは、天皇の血統です。

「皇紀」とは、神武天皇が最初に即位した年を元年とした暦のことで、 紀元前660年を元年として数え、東京2020が開催された2021年は皇紀2681年にあたります。

日本の皇室は、初代天皇とされる神武天皇御即位の皇紀2680年前から万世一系を維持してきました。

しかし、戦後GHQによる宮家廃絶によって、近年、「女性宮家」の創設と女系天皇について検討されることになり、その問題点と、その対策についても理解出来ました。

そもそも世界最強の権威である日本国皇統は、中国共産党とグローバリズムの2ルートから攻撃を受けており、日本国民が守らなければならないことを深く心に刻みました。

| | コメント (0)

2021.10.06

モバイルSuicaでタッチ&ゴーを初体験した

通勤定期券が無くなり、スマホで自動改札機を初めて通りました。

JR、地下鉄など3箇所を往復したのですが、通勤定期券(ICカード)と違って緊張します。

ICマークの付いた読み取り部に、通勤定期券はタッチしていたのですが、スマホだと読み取り部から10センチくらい離れてのタッチになります。

電子マネーは他にiDとWAONのアプリが入っていますが、間違いなくモバイルSuicaが反応するのですね。よく出来ています。

当たり前ですが、利用前には入金(チャージ)が必要です。

「乗車時、入金(チャージ)残額が初乗り運賃(IC運賃)に満たない場合は、改札機をご利用になれません。」

2000円未満になるとオートチャージするように設定していますので、クリアしていますが、通勤定期券では入金(チャージ)の必要がなかったので、プリペイドの使い勝手に慣れるまで時間がかかりそうです。

| | コメント (0)

2021.10.02

新書『コロナとワクチンの全貌』、全国民の皆さん読みましょう!

 

題名:コロナとワクチンの全貌
著者:小林よしのり、井上正康
発行日:2021年10月5日
発行所:小学館

Pxl_20211002_083818284mp

大手マスコミのデマによるインフォデミックに対抗できる”尊い書籍”です。
小林よしのり氏と井上正康氏には感謝しかありません。

新型コロナに関して正しく、深く理解できます。全てが腑に落ちます。本書が決定版です。将来、新型コロナ騒動を振り返ったときに、馬鹿げた世の中を正しく導こうとされたことが残りますね。

これまで、両氏には新型コロナを紐解いてただいてきました。

2020.12.28 単行本『本当はこわくない新型コロナウイルス』で正しく怖がろう!
2021.07.17 mRNAワクチン接種を見送って良かったと思う
2021.08.26 小林よしのり氏の『コロナ論3』は正しい

Youtubeが反ワクチン動画を締め出してしまい、結局は紙の書籍で情報を得ることになりました。

改めて、書籍の大切さを実感しています。自分の頭で考えなけれならないことが大切だと痛感しました。

それにしても、政治家、専門家、マスコミは勉強していませんね。恥ずかしくないのでしょうか。

| | コメント (0)

PASMO定期券を払い戻し(カード回収)した

2021年9月30日で通勤定期券が切れ、職場は交通費実費支給になるので、駅窓口でPASMOを払い戻ししてもらいました。

PASMOを出すだけかと思ったのですが、運転免許証の提示を求められ、申請書が必要でした。

申請書は、氏名をカタカナ、電話番号を記入するだけの簡単なものですが、本人確認をしているのに、自著で紙を使わなければならないはちょっとだけ面倒です。

3つ揃えて提出すると、すぐに払い戻ししてくれました。

SF(ストアードフェア)※+デポジット500円が戻りました。
※PASMOにチャージ(入金)された、運賃として使用できる金銭的価値のこと。

2022年春からは、払い戻しに手数料が取られるとのことで、良かったです。

| | コメント (0)

2021.10.01

堤未果氏の「月刊アンダーワールド」を購読している

2021年9月13日から株式会社経営科学出版の「月刊アンダーワールド」を年間購読を開始しています。

年間購読に当たって、「国際機関のカラクリ」全3巻セットも合わせて購入しました。

第1巻:「国際機関のカラクリ」〜WHO編
第2巻:「国際機関のカラクリ」〜WTO編
第3巻:「国際機関のカラクリ」〜IMF編

国際機関は何となくわかったつもりでいたのですが、WHO、WTO、IMFのどれも実態を本講座で知ることになり本当にがっかりしました。発足当初の理想的な理念は形骸化しており、とんでもない組織になっているようです。

なかでも、WTO編の第2章で登場される特別ゲストの鈴木宜弘氏が語られる「アメリカと汚染される日本の食」には受講していて心底気持ち悪くなりました。

今や日本は、アメリカやオーストラリア、EUの自国民が危険だと食べていないものを、日本は押し付けられて食べているという状況だそうです。

何ということでしょう。日本人は食糧に関して危機的な状況のようです。グローバル化、すなわち新自由主義によって、日本国家は滅亡に向かっているのです。

たまたま、三橋貴明氏の「月刊三橋」藤井聡氏の「月刊表現者」の関連で、3つ目となる堤未果氏の「月刊アンダーワールド」も購読することになり、亡国に繋がる事実を知ることになりました。

日本人として知らなければならないことが多過ぎるのは、朝日・読売・毎日やNHKなどの大手マスコミが国民に何も知らせてくれないからです。新型コロナの報道で嫌というほど分かりました。

国民の一人として、自分たちの知る権利を守るには、3氏に代表されるようなジャーナリスティックな心意気を持つ知識人たちの情報を有料で購入するしかありません。

| | コメント (0)

2021.09.30

サラリーマン人生で初めて!明日から通勤定期券が無くなる

新型コロナの緊急事態宣言が本日2021年9月30日にようやく解除されます。

明日から日常を取り戻せると思いきや、職場の働き方がリモートワーク、すなわち在宅勤務が定常化されます。そのため、通勤定期券が廃止され、交通費は実費支給となります。

当面、週2日出社することになりそうです。

在宅勤務は健康面でマイナスです。通勤で強制的に身体を動かすのは絶対に必要です。
精神面でも超マイナスです。事務所で雑談しながら、業務を行ったほうがメリットは格段に高いです。色んな意味で職場の方が息抜きができます。

本当に新型コロナによる悪影響は、個人においても社会においても甚大ですね。

仕方がないので、うまいこと合わせるしかありません。

ちなみに、通勤定期券に替えて、スマホにモバイルSuicaを導入しました。過去にモバイルSuicaを導入したことはありましたが、電子マネーとして利用しただけで、交通機関では初めてになります。うまく改札を通過できるのでしょうか。ちょっと心配しています。

ところで、明日から使おうと考えていたのですが、あいにく台風16号の接近で、テレワークになりました。

| | コメント (0)

2021.09.20

単行本『デジタル・ファシズム 日本の資産と主権が消える』は、かつて無い衝撃だった

 

題名:デジタル・ファシズム 日本の資産と主権が消える
著者:堤 未果
発行日:2021年8月30日
発行所:NHK出版

ショックです。
日本に未来はありません。米国か中国に情報資産が侵略される危機が迫っています。
なかなか情報に関しては、見えないので絶えず不安ではありましたが、日本政府の無策と国会議員の無能により、情報資産に関して外堀を埋められているのですね。

それにしても、竹中平蔵の売国っぷりは信じられません。彼は日本人では無いのでしょうね。同胞のことなどどうでもよくて、「今だけ金だけ自分だけ」の上級国民なのでしょう。

デジタル庁がスタートしましたが、馬鹿な政府にまかせているとマイナンバーに紐付けられた日本国民に貴重な財産が、GAFAや中国共産党に乗っ取られる可能性が極めて高いですね。

著者の堤未果氏は凄い人ですね。以前から三橋貴明氏との対談動画で、米国の情報を基にさまざまなレポートを発信されていることは知っていましたが、初めて堤未果氏の著書を読みましたが、情報の分析力、洞察力は素晴らしいです。

| | コメント (0)

2021.07.14

東京都の4度目の緊急事態宣言で出社を週1に逆戻りした

東京都は2021年7月12日から8月22日まで4度目の緊急事態宣言に入りました。6月20日に解除され週2出社にしたのに、再び週4日テレワークです。

そもそも、昨年の緊急事態宣言は医療崩壊の危機にあるということが前提でした。そのためワクチン接種が推進されたのです。重症化しやすい高齢者のワクチン接種が進んだことで医療危機は軽減されたはずです。

しかも緊急事態宣言時にはイベント中止なのに、オリパラ実施期間(7月23日〜8月8日)を含めており、明らかにルールを破っています。

全ては、秋の選挙のために菅首相が強権的に進めています。

子どもの食事を給食に頼っている貧困層の家庭は、夏休みが重なり瀬戸際に追い詰められていると伝わって来ています。昨年は10万円の特別定額給付金がありましたが、今年は全くありません。「自助、共助、公助そして絆」とうそぶく菅首相は、救済する気は全く無いようです。

新型コロナという有事で国民が苦しんでいるにもかかわらず、デフレ脱却もぜずに、プライマリーバランスを御旗に緊縮財政を死守する政府にうんざりです。

| | コメント (0)

2021.07.13

文芸批評家・浜崎洋介氏の新講座「真説・日本近代精神史vol.3」に将来の日本の希望を見た

講座の受講が完了しました。
尊い内容でした。浜崎洋介氏に敬意を評したいと思います。

平成篇は、1989年から現代までの、まさに混迷した時代を解き明かす力作です。カオスと化した世界で、日本人として進むべき羅針盤を与えてくれています。

・「真説・日本近代精神史vol.1」戦前篇
・「真説・日本近代精神史vol.2」戦後篇
・「真説・日本近代精神史vol.3」平成篇

1800年から2021年までの200年間の日本近代精神史を一気に学ぶことが出来て、幸運でした。これほど多くの思想を知ることが出来るとは想像以上です。

本講座をベースに、自分自身の頭で考えて、日本を取り戻すために思考したいと思います。

講師:文芸評論家・浜崎洋介

真説・日本近代精神史vol.3 虚構と化した平成日本人の研究〜なぜ改革主義者が蔓延る世の中になったのか

第1章「冷戦の終結とネオリベ時代の幕開け」〜脅迫国アメリカによる第二の占領政策
第2章「政治改革の始まりとネオ自民党の誕生」〜日本政治の変革から読み解く失われた30年
第3章「デジタル全体主義と疑心暗鬼に満ちた世界」〜なぜ政治は嘘つき合戦になってしまったのか
第4章「近代日本人の弱点の自覚と武器としての哲学」〜日本人が再び地に足をつけて立つために

| | コメント (0)

2021.07.09

ウェビナーを初受講した

自己啓発で翔泳社主催の次の無料ウェビナーを受講しました。ウェビナーはWebとセミナーを組合せた造語で、オンラインセミナーを意味します。オンライン講座の受講は初めてです。

出版記念講座「コロナ禍における内部統制の現実解」
2021年7月8日(木)20:00〜21:00
打田昌行講師

会場はZoomです。

Zoomは職場で使っており、在宅勤務なので社給PCは使えますが、プライベート参加なのでChromebookを使うことにしました。

事前に接続環境をテストするために、Google PlayストアからZoomアプリを導入しましたが、利用できません。それならばブラウザChromeの拡張機能のZoomをインストールしましたが同じように利用できません。

ChromebookでのZoomは諦めかけていたのですが、米Zoom Video Communicationsが6月29日に「Chrome OS」向けにPWA版「Zoom」の提供を開始したという記事を見て、Google Playストアで検索したところ次のアプリを導入できました。

Zoom for ChromeーPWA

ウェビナー受講直前になって、 ようやくChromebookでZoomが利用できる環境が整いました。

PCモニターにZoomを表示させて、Chromebook本体のモニターはGoogleドキュメントでメモを取ります。

ZoomのURLをクリックして、画面が開き白いままで、「ブラウザで開きますか」のリンクで無事に該当の画面が表示されました。

Windows10と違うナビゲーションで戸惑いましたが、その後は問題なく講座が配信されました。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookは、元々音量が低いのでMAXにしても途中声が小さくなって聴き辛い時間帯がありました。

Chromebook本体のモニターとPCモニターの2画面で、メモを取りながらウェビナー受講は快適です。

また、機会があれば同じような環境で受講したいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧