2017.11.20

『全点99円(税込)』の Kindle雑誌セールが11/17~30実施中です

amazonでKindle雑誌セールが実施されています。

雑誌

※キャンペーン期間:2017年11月17日 (金) 0時00分~2017年11月30日(木) 23時59分(日本時間)

一覧は1ページ当たり16点掲載されていて最後の頁数が232なので、単順に計算すると次の点数になります。

16点/頁×232頁=3,712点

「dマガジン」で興味のある雑誌は目を通しているのですが、特別欲しい雑誌は無いのですが、保存したい雑誌があれば購入しておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.19

伊藤詩織著『Black Box ブラックボックス』を読んだ

著者:伊藤詩織(いとう=しおり)
発行所:文藝春秋
発行日:2017年10月18日
ファイルサイズ:1073 KB

著者の勇気に頭が下がります。レイプ被害者として名前と顔を晒して、可能な限りの方法で事実を追求し続ける真のジャーナリストです。辛い体験をノンフィクションとして上梓し、不条理な司法システムに戦いを挑む姿勢はまさに鉄人です。

性犯罪を犯した男が、現政権の御用マスコミだといかに権力が揉み消しにかかるかがわかります。逮捕状が出ているにも関わらず、中村格警視庁刑事部長(当時)がストップをかけ、マスコミは報道を自粛するという小説のようなあり得ない話が現実に起こっていたことを本書で目の当たりにします。

山口敬之・元TBSワシントン支局長はレイプだけでなく、記事の捏造も疑惑が上がっています。週刊新潮2017年10月26日号で次の記事が掲載されています。

「詩織さん」準強姦逮捕状の男にもう一つの”罪”!「安倍総理」を援護したくて虚報発信!!週刊文春「韓国軍に慰安婦」記事は山口記者の捏造か

こんな人間を記者やコメンテーターとして重宝してきたテレビやマスコミの異常さはホラーのようです。

性犯罪被害者の本は『性犯罪被害にあうということ』に続いて2冊目ですが、彼女たちの魂の告発は、より良い社会に進化させる原動力であることは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.05

Prime Readingがスタートし、Amazonプライム会員の特典は12になった

本日、アマゾンからのメールで本・雑誌・漫画読み放題のPrime Readingがスタートしたことを知りました。

IMG_0819
 
早速、アプリ「Kindle」のカタログメニューから漫画「幕張」選択してダウンロードしました。
 
Kindle Unlimitedと同じく同時に10冊までダウンロード可能で、追加する場合は追加分だけ購読終了にすれば良い操作です。
 
今回の新サービスでAmazonプライム会員の特典は12になりました。2年前は8でしたので、4つ増えています。


以下、プライム会員の特典一覧を転載します。


 
①プライム・ビデオ
映画もTV番組も見放題。テレビ、パソコン、モバイル端末、ゲームコンソール等のデバイスで楽しめる。Kindle Fireならビデオをどこへでも持ち歩ける。
 
②プライム・フォト
カメラ・携帯で撮った写真を何枚でも保存できます。 専用のAmazon Photo無料アプリをダウンロードすれば、自動に保存したり、写真を撮ったその場でFacebook, Twitter, LINEにて家族や友人と共有することも。
 
③配送特典
迅速で便利な配送特典を無料で提供。対象のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料。Amazon.co.jpはプライム会員の皆様に迅速で便利な配送特典をご提供できるよう引き続き努めてまいります。
 
④会員限定先行タイムセール
通常より30分早くタイムセールに参加可能。お得なタイムセール商品が購入しやすくなり、Amazonでのお買い物をさらに楽しめる。
 
⑤Prime Reading
さまざまなデバイスで、豊富な本・マンガ・雑誌が読み放題。Amazonでしか読めない限定タイトルも。
 
⑥Prime Music
100万曲以上が聴き放題。お気に入りの楽曲や音楽の専門家が選曲した数百のプレイリストを追加料金なしで楽しめる。
 
⑦Prime Now(プライム ナウ)
専用アプリでのお買い物を1時間以内にお届け。配送は早朝から深夜まで、好きな時間をお選びいただけます(対象エリアのみ)。
 
⑧Amazonファミリー
プライム会員ならおむつとおしりふきが定期おトク便でいつでも15%OFF。さらにお子様情報のご登録で、おむつやベビー用品の限定セールや、ベビー用品に使えるクーポンなど特典多数。
 
⑨Kindleオーナーライブラリー
Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちの場合、対象のKindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料で楽しめる。
 
⑩Amazon Dash Button
ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単注文。100種類以上のブランドからお選びいただけます。
 
⑪Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格帯の商品をひとつから必要な分だけ、ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届け。
 
⑫Amazonフレッシュ
生鮮食品や専門店グルメから日用品まで、必要なものをまとめてお届け。配送は8時から深夜0時まで。(対象エリアのみ)

 
以上の特典の中で使ったのは①③④⑤⑥⑨で、半分を利用しました。Amazonプライムの特典による囲い込みは目を見張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.06

フリーペーパー「TBSラジオPRESS」を見つけた

JR構内のマガジンラックにあったフリーペーパー「TBSラジオPRESS」を初めて手にしました。B5判16頁です。このような紙媒体でプロモーション活動していたのですね。

DSC_0148

Powered by 東京ウォーカーと表記されています。KADOKAWAが編集しています。詳細をしりたいと検索したのですが、偶数月に発行しているくらいしかわからず、創刊がいつだったのかとかはわかりません。

フリーペーパーの形を取っていますが、宣伝及び販促のパンフレットを定期的に刊行しているので、雑誌という位置付けではないのでしょう。

TBSラジオはradikoで日曜を除いて毎日聴いています。月〜金曜日は朝5時から「生島ヒロシのおはよう定食&一直線」、土曜日は9時から「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」です。

帰宅途中だったので、このフリーぺーパーの記事を読んでradikoタイムフリーで番組を直ぐに確認しました。タイムフリー機能によってメディアミックスが進化しています。

1週間のタイムテーブルが、最後の見開きで番組のMCの顔写真付きで見れます。全ての番組が把握できて紙媒体のメリットが感じられます。

ところで、フリーペーパーといえば「R25」の終了で、その形態そのものの役割が終わったと思っていたのですが、本誌のようにラジオ局の宣伝媒体としてまだまだ利用価値があることを再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.08

Kindel本『人工知能の革新(NHK出版新書)』で羽生善治の見識に驚いた

人工知能(AI)に関する書籍を読んでいるのは、次の2冊です。


レイ=カーツワイル著『シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき
松尾豊著『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの


どちらも、人工知能の開発者としての視点で書かれています。一方の羽生善治著『人工知能の革新』はユーザ側からの視点で、相当深い洞察がされています。

コンピュータ将棋で起こっていることを、今後の社会が人工知能を迎える先駆けとしてのモデルケースとして考察されています。

実際に羽生善治氏が、コンピュータ将棋を通して、近い将来起こりうるメリットとデメリットを分かりやすく解説し、人工知能との向き合い方を真摯に提言してくれています。

一番驚かされるのは、人工知能に関しての知識が広範で、多角的に分析を試みているところです。

プロ棋士としての至高の存在としての認識はあったものの、人工知能に関しての考察力は世界でもトップクラスだと感じました。本書は先の2冊に肩を並べるほどの内容です。

今のタイミングで本書を読めたのは幸運でした。来るべき人工知能の時代への心構えが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.04

無料Kindle版「ブルーバックス通巻2000番小冊子」は掘り出し物です

KindleストアのAmazonランキングの無料 Top100に掲載されていたので、講談社ブルーバックスの目録だと軽い気持ちで0円購入しました。内容紹介は次の通りです。

1963年に創刊した科学新書ブルーバックスは、2017年1月に通巻番号2000番を突破しました。本書は、シリーズと科学技術のこれまでのあゆみ、有名著者・著名人によるエッセイ、ベストセラー・ランキング、名著からの抄録などを収録した記念小冊子の無料電子版です。

いやいやどうして、1冊の書籍としてガツンとくる読み応えのある内容です。4部構成でブルーバックスのこれまでの歩みから、著者などの関係者が語るブルーバック像、名著の抄録などボリュームたっぷりです。

自分の科学する心に改めて火をつけてくれる水先案内の書でした。有難いです。

【目次】

第1部 科学技術とブルーバックス2000冊のあゆみ

第2部 特別エッセイ
著者が語る私とブルーバックス
「物理はなぜ不人気か」小林誠
「ブルーバックスのせいでサイエンス作家になってしまったオレ」竹内薫
「ブルーバックスという連鎖」池谷裕二
「ブルーバックによせて」福岡伸一
「インフレーション理論、天文学的実証への期待」佐藤勝彦
「超弦理論が究極の基本法則となる日には」大栗博司
「「死なないやつら」とは何か」長沼毅
「科学者への夢を断った日」山根一眞
私の本棚にあるブルーバックス
「ポケットサイズだからこそ」上橋菜穂子
「私が「常備」する4書目」佐藤優
「「理系の知の世界」を知るための地図」森田真生
「ブルーバックスから広がる想像力」山崎直子
「立ち読み気分で手軽に楽しめる科学新書」松尾貴史
「私にとってのブルーバックス」松本大
ブルーバックスを彩るイラスト
「ブルーバックス2000番によせて」永美ハルオ

第3部 データでみるブルーバックス

第4部 編集部が選ぶ30冊一気読み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

「R25」が4/28にサービス終了する

R25サイト、編集部からのお知らせで告知されました。

2017.03.01
『R25』サービス終了のお知らせ
R25ユーザー、読者の皆様へ

いつもR25の記事をご覧いただき、ありがとうございます。

R25は、2017年4月28日をもってサービス終了となります。

2004年のフリーマガジン創刊以来、若手ビジネスマンを応援すべく、
話題になっている旬のトピックをはじめ、
ビジネスマンとして知っておきたい情報を分かりやすく紹介してきました。

13年にわたり、R25というメディアが続いてきたのは、
何よりも読者やユーザーの皆様のお陰です。
本当にありがとうございました。

R25編集部

(終了対象サービス)
■R25(ブラウザ版、アプリ版、ニューススタンド版)

当ブログの「R25」に関連する記事は14本で、次の通りです。本誌でエステ体験しました。映画や書籍、アイドル等々いろいろな刺激を受けたメディアでした。寂しい限りです。

【関連記事】
2004.07.01 リクルート、男性向けフリーペーパー創刊
2004.10.29 『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
2005.10.15 ロボットクリエイター・高橋智隆
2005.12.11 エステ体験
2006.05.12 新書『ホラーハウス社会』
2007.02.21 日本初の無料マンガ雑誌「コミック・ガンボ」を初入手
2007.10.17 映画『ローグ アサシン』(お薦め度★★)
2008.11.22 R25「今週の彼女」に掲載された中村果生莉に興味津々
2009.11.25 中村果生莉(かおり)が2010年サッポロビールイメージガールに決定した
2011.06.21 MEGWINTVが面白い
2012.01.19 フリーペーパー「R25」が8年目で300号達成した
2012.02.16 ローソンで宝くじを購入した
2013.05.26 タブレットを選ぶならiPadが良いようだ
2014.02.20 株式投資を題材にした小説『波のうえの魔術師』は非常に面白かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.02

息子の陥入爪を診てくれている主治医の本を購入しました

高山かおる医師の『巻き爪、陥入爪、外反母趾の特攻セルフケア』です。
息子の陥入爪を治す参考にしたいと思います。

KIMG0539

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

書籍『「シン・ゴジラ」私はこう読む』で映画を10倍楽しめる

映画「シン・ゴジラ」は大傑作です。その映画をさらに面白くさせる書籍が『「シン・ゴジラ」私はこう読む』です。知的好奇心を非常に満足させます。映画に関連して国防や防災、さらには日本人の意識にまつわるいろいろなことを深く考えさせられました。

中でも、文芸評論家・加藤典洋氏の「ゴジラは亡霊なんだ」と「あのゴジラが、現天皇」という解釈に驚かされ納得させられました。なぜゴジラは日本を目指すのかも解明できます。

本書を詳しく語ると、映画のネタバレにもなるので止めますが、映画「シン・ゴジラ」が面白かった方は、絶対に本書を読まれるべきでしょう。本当に‏いろいろなことがわかってきます。邦画界における映画「シン・ゴジラ」の意義も理解できます。

ちなみに、映画を観る前から本書の存在を知っていて、映画「シン・ゴジラ」を観るきっかけの一つとなりました。もしかすると本書が発行されていなければ、映画館に行かなかったかもしれません。

本書を読んで、なぜ劇場鑑賞を躊躇していたのかわかりました。

エヴァンゲリオンのアニメ出身の庵野秀明監督には、実写映画を成功させるのは無理だろうと考えていたからです。事実、彼はエヴァンゲリオンの後に実写映画を何本も撮っていますがヒットさせていません。であるならば、歴史がありしかも低迷したゴジラシリーズを面白くさせることは困難だろうと考えたからでした。本書にも俺と同じ考えだった方が多くいたことがわかりました。

本書の成り立ちは‍非常にユニークです。元々日経ビジネスオンラインのコラムで2016年9月2日から『「シン・ゴジラ」私はこう読む』が1か月間連載され、このコラムを1冊の電子本に収録したのが書籍『「シン・ゴジラ」私はこう読む』です。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/083000015/

日経ビジネス 編
発売日:2016年10月25日
価格:本体324円
発行:日経BP社(※本書は電子書籍のみでの発行となります。)

サイトにある宣伝文は次の通りで転載します。

1.経済誌が本気で挑んだジン・ゴジラ論。
2.怒涛の25万文字、文庫本なら900ページの相当。
3.ウェブでは読めない大幅加筆、1万字超。
4.ツイッターやコメント欄から400人超の読者の声を収録。
5.質量充実の1冊が324円。

ある日、理不尽に襲来する怪獣とそれに対峙する日本の姿を描いた映画「シン・ゴジラ」。その挑発的な情報の怒涛をどう「読む」か――。「日経ビジネスオンライン」では、人気連載陣のほか、財界、政界、学術界、文芸界など各界のキーマンの「読み」をお届けするキャンペーン「『シン・ゴジラ』、私はこう読む」を2016年9月から開始。実に25万字を超える多様な「シン・ゴジラ」論をお届けすることができました。

石破茂、枝野幸男、潮匡人、清谷信一、山根一眞、加藤典洋、境治、小田嶋隆、五十嵐太郎、片山杜秀、モリナガ・ヨウ、中川龍太郎、新楽直樹――。各界から気鋭の論者が独自の視点で読み解いた記事をたっぷり収録し、さらに本書刊行に際して加筆や補遺をふんだんに盛り込みました。

執筆陣と編集部、読者の皆さんとで一緒に熱中した「祭り」のような一カ月の記録を残したい。そんな思いで、当サイトのコメント欄やツイッターから読者の皆様の「読み」も併せて収録させていただきました。多様な「読み」を許容する「シン・ゴジラ」の懐の深さと、それを生み出した制作陣への敬意とともに、ここに皆さんにお届けします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.02

Kindleアンリミテッドは解約した

30日間無料体験で解約しました。

読書は新書を中心に読むのですが、この期間で漫画を数十冊、単行本は3冊を購読しました。

Kindle Unlimitedは10冊までしか登録ができない仕様です。これは仕方が無いのですが、本は後々マーカーで色を付けた箇所を、前後の文章を参照しながら確認することがあるので、やはり購入して半永久的にライブラリとして保持していたいため、読み放題は俺の読み方に合っていません。

また、amazonはビックデータを利用して、人気本は読み放題から外すので信用が置けません。それは、Prime Musicで突然楽曲の提供を外されることと同様でした(数日で元に戻ったが)。

次に、朝日新聞の記事を転載します。

アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?
2016年8月31日 5時3分 朝日新聞デジタル

今月3日にスタートした通販大手アマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービスで、人気のある漫画や写真集などがラインアップから外れ始めた。サービス開始に合わせて多くの書籍をそろえようとしたアマゾンが、出版社に配分する利用料を年内に限って上乗せして支払う契約を締結。しかし想定以上の利用が続いて負担に耐えきれなくなり、利用が多い人気本をラインアップから外し始めたとみられる。

同サービス「Kindle(キンドル) Unlimited(アンリミテッド)」は、洋書約120万冊のほか、国内の数百の出版社と契約を結び、小説やビジネス書、雑誌、漫画など和書計約12万冊が月980円(税込み)で読み放題になるとしてスタート。電子書籍のダウンロード数に応じて出版社に利用料の一部を配分するとした。

複数の出版社によると、アマゾンは一部の出版社を対象に、年内に限って規定の配分に上乗せして利用料を支払う契約を結び、書籍の提供を促したという。

ところが、サービス開始から1週間ほどで漫画やグラビア系の写真集など人気の高い本が読み放題サービスのラインアップから外れ始め、アマゾン側から「想定以上のダウンロードがあり、出版社に支払う予算が不足した」「このままではビジネスの継続が困難」などの説明があったとしている。アマゾン側は会員数を公表していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧