2019.11.12

髭剃りカミソリ「ジレット スキンガード」は使えない

現在、新商品の「ジレット スキンガード」のテレビCMが頻繁に流れています。ジレットとしては久しぶりの新商品です。

以前からジレットの新商品は必ず購入しているので、amazonで探しました。過去実施されたジレットの新商品はキャンペーン価格で1000円程度だったのですが、今回の「ジレット スキンガード」で一番安いのは次のセットでした。

【Amazon.co.jp限定】 ジレット スキンガード (本体+替刃3個付) 男性カミソリ 髭剃り ヒゲソリ セット ¥2,618

これは高すぎです。どうも新商品キャンペーンを行っていない模様です。ジレットの新商品でキャンペーン価格で販促していないのは初めてではないでしょうか。

ジレット プロシード」の替刃を購入したばかりで、あまりに高いので購入を見送ることにしました。

ところが、amazonが11月2日から4日までの「63時間のタイムセール祭り」を行った際に、このセット商品が¥1,066になったので即購入です。

Img_7019

11月5日から試しています。残念ながら剃れません。駄目です。

「ジレット スキンガード」は2枚刃で、名前の通り肌にやさしいを特長にしているため、深剃りできません。特に鼻の下と顎の先端が剃れません。剃るために4、5回繰り返さなければなりません。そうすることでかえって肌に負担がかかってヒリヒリします。

Img_7020

1、2回剃るなら肌にやさしく問題ないのですが、髭が密集している箇所は何度も繰り返すことで、2枚刃が裏目に出てしまいます。

ジレットは深剃りを極めるべく、5枚刃にして究極の「ジレット プロシード」を商品開発しました。既に登場して4年になります。「ジレット スキンガード」は、深剃りから一転して肌にやさしいで2枚刃にしましたが、替刃も高くてコスパが悪いので俺には使い物になりません。

しかし、購入した手前、もったいないので使い続けています。ただし、鼻の下と顎の先端に関しては、国産の「フェザー エフシステム サムライエッジ」を使って、残りを「ジレット スキンガード」と2本立てにしました。

Dsc_0233

「フェザー エフシステム サムライエッジ」は替刃が8個で1300円のコスパが高い商品です。3枚刃で剃り味も及第点です。2年前に雑誌で注目されて試しました。深剃りでは「ジレット プロシード」が100点とすると「フェザー エフシステム サムライエッジ」は80点くらいだと思います。これに乗り換えようかとも考えたのですが、ジレットの替刃と比べて耐久性が劣ります。ジレットが10回持つとするとサムライエッジは5回くらいです。そのため、当ブログでは記事にしてきませんでした。

Dsc_0236

今回の2本立てでは、剃る箇所が少ないので耐久性はあまり気になりません。「ジレット スキンガード」の替刃を使い切るまで、中継ぎとして「フェザー エフシステム サムライエッジ」を使うつもりです。

| | コメント (0)

2019.11.04

時短と剃り味から髭剃りはカミソリに戻した

ジレットの替刃が高止まりしたことによって、電気シェーバーを並行して使っていましたが、最近では再びカミソリに戻しました。
朝の身支度で髭剃りにあまり時間が掛けられないからです。どうしても電気シェーバーは10分くらい時間がかかります。その点カミソリならば数分で済みます。

そして結局カミソリはジレットにしました。ジレット プログライド パワーで満足していたのですが、ジレット プロシードの深剃りが素晴らしく、その剃り味に勝るものはないので乗り換えました。俺が長年利用している理髪店の店主も自分用の髭剃りはジレットだそうです。

Img_6624

プロシードは新商品として登場した頃の2016年10月25日にamazonから購入しました。

従来からジレットはフュージョンプログライドの時は手動を出した後に電動のパワーを投入してきました。プロシードも電動のパワーが登場するだろうと考え、そのままにしていました。

しかし、いつまでたってもプロシードにパワーが登場しません。そこで購入してから半年経って、ようやく試しました。驚いたことに手動なのに剃り味の素晴らしいことがわかりました。肌と刃が正に紙一重なのです。プログライド パワーよりも切れ味が鋭く深剃りが出来ます。これ以上の深剃りは不可能かもしれません。そのためいまだに電動が商品化されないのでしょう。

剃り味の評価ですが、プログライド パワーが90点だとすると、プロシードは100点です。ちなみに電気シェーバーは70点です。

さて、ジレットのコスパが悪い高額な替刃ですが、amazonで大容量お買い得パック (本体+替刃16個付)が5,948円で売られていたので、これを定期オトク便で5,353で購入しました。次回は6か月後のサイクルにしているのですが、現在1,000円以上も値上げされ7,214円になっています。

Img_6623

ちなみに替刃の使用は10回までと決めています。それ以上だと切れなくなって肌を傷めることになります。相変わらずジレットは1ヶ月と言っていますが、そこまでもちません。

ところで、今回amazonに申し込んだ際に、置き配指定というメニューが登場したので「宅配ボックス」に指定しました。要望通り、「宅配ボックス」に届きました。

Img_6596

以降、他の商品でもamazonは「宅配ボックス」に届けてくれます。宅配業者は「宅配ボックス」があっても使わないケースが多いので、amazonはその点も優れています。

| | コメント (0)

2019.09.22

甘みを感じなくなったので亜鉛を飲み始める【追記あり】

【追記:2019/9/24】
昨晩の歓迎会でケーキが普通に味わえました。
甘さが感じられたようです。
亜鉛のサプリメントを飲んで3日目で回復したようです。ありがたい。
ご心配をお掛けしました。
------------------------------------------------------

昨日、お菓子を食べたところ甘みが感じられなくなりました。全くではないのですが、チョコレートでさえも甘さは僅かです。
味覚異常はほとんど経験がありません。インターネットで検索したところ亜鉛が不足しているとのことです。

もしかすると、くしゃみが連発し鼻水も出ているので、秋の花粉症が始まった影響かもしれないと思い、過去の記事を確認してみました。

【秋の花粉症に関する記事】
2018.08.27 猛暑のせい?!2018秋の花粉症が早くも始まった
2017.10.04 2017秋の花粉症が始まった
2017.01.04 昔と比べて花粉症の発症期間が8ヶ月になった(泣)
2016.09.26 2016秋の花粉症が発症中です
2015.10.30 2015秋の花粉症が来た~(泣)
2014.09.30 秋の花粉症も辛んだ(泣)

5年前の2014年から秋も花粉症が発症するようになっていますが、味覚に関する症状は記載されていませんでした。

となると、食生活は気を付けているのですが、亜鉛不足によるものかもしれません。そこでサプリメントを今日から飲むことにしました。近くのドラッグストアでDHCの亜鉛60日分を565円で購入しました。

Img_6499

さあ、どうなるでしょうか。当面様子をみます。

| | コメント (2)

2018.12.24

男のスキンケアを始めた

スキンケアは女性がすることで男には必要ないと考えてきました。美容に関して、一度エステ体験をしたことと、5年前に大塚製薬UL・OS(ウルオス)のスキンクリームを購入したくらいです。

毎日髭剃りをしますが、シェービングフォームを使って、泡を落とすために水で洗顔するだけです。前述のスキンクリームはほとんど使わずに終わっています。

要するにスキンケアは面倒くさいため、身につかないで来ていました。しかし、先月から毎日風呂をシャワー浴と浴槽浴の2回にしたことで、身体の肌のかゆみをおさせるためと顔の手入れのために次の化粧品を購入して使っています。

【身体:前腕、膝下から足の甲まで】
・ミノン アミノモイスト(保湿化粧水)

DSC_0025DSC_0026

【顔】
・ニベアメン 薬用アクティブエイジローションX(化粧水)
・ニベアメン 薬用アクティブエイジバームX(乳液)

IMG_4027

ミノンで顔を含めて全身に使えるようですが、顔に関しては男のエイジングケアを兼ねてメンズスキンケア商品にしました。

ミノンに関してはかゆみが収まっています。ニベアメンに関してはハリツヤと小じわが目立たなくなってます。両方とも効果がありました。

出社前の朝のルーティンに加えることが今のところできています。まさか、男たるもの化粧水+乳液を毎日使うようになるとは思ってもみませんでした。

ちなみに、息子には乾燥肌対策用に資生堂のメンズ肌水を用意しました。

IMG_4026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.30

ソニーのパーソナル・アロマディフューザーAROMASTICを購入した

携帯型の香りを持ち運べるガジェットです。
特別香りにこだわっているわけではないのですが、いつでもどこでもアロマテラピー効果が得られる持ち歩き型デバイスに興味が出ました。発売は2016年10月5日からで2年経っています。新たに「AROMASTIC専用カスタムカートリッジ」が登場したことを知りamazonで購入しました。

とりあえず、オールインワンキット8899円で購入しました。

パッケージです。

IMG_3936

蓋を開けると3つ同梱されています。
・AROMASTIC カートリッジ for Business OE-SC203
・AROMASTIC本体(ホワイト) OE-AS01(W)
・シリコンジャケット(ブルー) OE-AJ1(L)

IMG_3937

AROMASTIC本体です。電子機器なので取説と保証書です。

IMG_3938

早速、マイクロUSB端子に手持ちのケーブルをつないで充電します。充電ランプがオレンジ色に点灯し、約2時間で完了すると消灯します。約2ヶ月使えるそうです。

IMG_3939

シリコンジャケットです。

IMG_3940

AROMASTIC カートリッジ for Businessです。

IMG_3941

専用カートリッジは約2.5cmと小さく、この中に5種類の香りが入っています。

IMG_3942

本体にカートリッジをセットしました。

IMG_3943

本体にジャケットを装着します。入りにくく手間取りました。

IMG_3944

装着完了です。スティックのりのようで、重さは43gです。胸ポケットに入れてもかさばりません。

IMG_3945

使い方は上からウィンドウを覗いて、ダイヤルを回して香りを選択して、本体を鼻の近く持ってきて、本体のボタンを押すと香りが出ます。

押し続けて最長10秒で、2回続けて押すと30秒連続で香ります。もう一度ボタンを押すと途中で止まります。

AROMASTICは、熱を使わず気体放散方式(ドライエアー方式)で、瞬時に香りを噴出させるため、周囲には広がりません。1回ボタンを押しただけでは香りはかすかです。押し続けて10秒でも物足りなさがあるので、香りを十分に楽しみたいのなら、30秒連続になります。

実際にリフレッシュに効果があるのかわかりませんが、持っているだけで楽しいですね。香りを携帯するオシャレなガジェットは自分にご褒美的で男心をくすぐられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.27

猛暑のせい?!2018秋の花粉症が早くも始まった

先週から鼻がモゾモゾしていました。
今朝起きて一晩中稼動していた冷房を止めて、窓を開けて換気した途端にクシャミが連発です。

まだ、8月なのに花粉症の症状です。
昨年よりも2ヶ月も早い。

直ぐに「つくし飴」で対処しました。

何ということでしょう。こなると花粉症の発症期間が9ヶ月になってしまいます。花粉症で無い期間が僅か3ヶ月とはトホホです...(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.30

Bluetooth対応の体重・体組成計を購入した

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proを使い出してから、Bluetooth対応の体重計を探していました。日本のメーカー品だと1万円以上もするので、二の足を踏んでいました。

たまたま家電雑誌「MONOQLO 2018年7月号」でDIKI 体重・体組成計が他社製品と比べてスマート体重計のベスト商品として紹介されていました。値段は2999円とあるので、激安です。即購入しようとamazonで確認したところ4000円近い値段でした。雑誌の紹介で注目されて値段が上がったようです。そこで、毎日値段の推移を見守り、3299円で5月24日に注文しました。到着予定は6月8日と2週間後でしたが、5月29日に届いています。

IMG_2056

箱から出して電池をセットします。

IMG_2055

IMG_2059

続いて、スマホにアプリ「AlFit」をダウンロードして、サインインを選んで会員登録をして設定完了です。Bluetooth接続も自動で繋がりました。

Screenshot_20180529-215553Screenshot_20180529-215709

DIKI 体重・体組成計に乗ります。乗ると自動的に電源が入り、体重を量ります。自動でアプリ「AlFit」にデータが書き込まれます。降りると電源が切れます。

なんと10種類の項目が測定されています。

・体重(Kg)
・BMI(Body Mass Index)
・基礎代謝(Kcal)
・筋肉量Muscle(%)
・体脂肪率Fat(%)
・推定骨量Bone(Kg)
・体内水分率TBW(%)
・内臓脂肪レベル(%)
・タンパク質(protein)
・体年齢(Body Age)

Screenshot_20180530-083805Screenshot_20180530-083756

体年齢が実年齢より上だったのがショックです...(泣)

それにしても、もう体重オンリーな商品ではないのでね。驚きました。

個人的に残念なのは、バッグなどの重さが量れないことです。どうしても量りたい場合は、バッグを持って体重を量ってから、体重を引き算するしかありません。これだけがスマート体重計の盲点でした(笑)。

ところで、スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proの体重項目にDIKI 体重・体組成計のデータが同期できるのではと期待したのですが、次のアプリ「Huawei Wear」のデバイス関連一覧にDIKIは表示されません。今のところデータ取得はできません。残念。

Screenshot_20180530-221747

 
【DIKI 体重・体組成計の製品仕様】
サイズ:26x26x2.3(単位:cm)
重さ:0.82(単位:kg)
材質:ABS
体積:1554.8(単位:cm)
電源:AAA乾電池(1.5V)×4本
Bluetooth(4.0以上)対応データ同期が可能

対象:男女兼用
年齢:10才以上80才以下
身長:100.0~199.5cm(0.5cm単位)
体重表示(min) : 5kg
荷重  (max) : 180 kg
体重表示段階差:±0.3kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.18

通勤時に運動不足解消のために、誰でもできるトレーニングを実践している

階段の早上がりです。
勤務先事務所のフロアまで階段で早上がりします。現在事務所は15階にあり、3階までエスカレーターを使って、3階から15階まで一気に4分間ほどで上ります。12階の階段は289段あり、1段当たり18㎝なので約52m上っています。

スマートウォッチHUAWEI Band 2 Proで階段の早上がりトレーニングが記録出来るようになったので、階段を上る際に、メニューの屋内ランニングをスタートさせ心拍数とリズムを記録しています。

次のスマホ画面が階段の早上がりの記録です。

Screenshot_20180418-213928Screenshot_20180418-213921Screenshot_20180418-215501
月〜金曜日の毎朝4分間のうち有酸素運動は1分くらいですが、かなり身体に負荷がかかります。呼吸はゼイゼイし、太ももはパンパンになります。

昔から運動不足解消のために特別にランニングすることやジムに通うのはやって来ませんでした。出来れば日常の生活の中でトレーニングできればと考えて、階段の早上がりにたどり着きました。

ウォーキングでは早歩きが良いとされていますが、階段での早上がりのほうがより効果が高いと感じています。1日4分間の階段の早上がりで運動不足解消に繋がるので、是非試されてはいかがでしょうか。毎朝、ビルの事務所のあるフロアまで階段を使うだけです。誰でも手軽に出来ます。

ちなみに、階段を下りるトレーニングはどうかと数ヶ月試してみましたが、足腰に負担がかかってどこかしら痛める結果に終わっています。今では階段を下りることや止めてエレベーターを使っています。

【関連記事】
2011.12.26 新宿の新オフィスは342段あります
2012.05.02 17階、+46で388段に到達
2012.07.06 100均メジャーでビルフロアの高さを正確に測れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.04

2017秋の花粉症が始まった

朝から身体が重く倦怠感がありました。風邪をひいたのかと考えていたところ、昼過ぎから、水のような鼻水が出るようになりました。
「花粉症だな!」
今から2018年GWまで、断続的に発症するでしょう。
つくし飴で対処します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.05

コスパを考え、カミソリと電気シェーバーの両方を使うことにした

ここ数十年、髭剃りはジレットのカミソリを使ってきました。何と言ってもシェービングフォームで滑らかに深剃りが出来るからです。欠点は替刃が高いことです。「ジレット プログライド パワー 替刃8個入」で約4000円します。しかも1刃(1個)当たり10回剃っただけと短命です。メーカーは1刃で1ヶ月は持つような紹介をしていますが、長期の使用は肌を痛めることにもなりかねないので半分の2週間が適当だと思います。

替刃は1ヶ月で2個消費するので、年間24個必要です。「ジレット プログライド パワー 替刃8個入」が4つで1万6千円かかります。

ところで、先に家族が購入している電気シェーバー(ES-RT26)が防水なのでシェービングフォームを使って、そこそこ深剃りが出来ることを知り、充電催促ランプ、充電表示・完了ランプの機能が追加されたES-RT36を購入して年明けから本格的に使っています。値段はJoshin webで4190円(1/5時点)で、先の「ジレット プログライド パワー 替刃8個入」とほぼ同額です(次の写真で両方がほぼ同額)。

KIMG0443

電気シェーバーの外刃の交換時期は1年、内刃は2年と取説で案内していますので、圧倒的に電気シェーバーのほうがコストパフォーマンスが高くなります。

そこで、カミソリと電気シェーバーを併用することにしました。

KIMG0442

剃り味はやはりカミソリが上です。とくに剃りにくいエラと首の髭は電気シェーバーではかないません。休日明けの月曜日の朝はカミソリを使い、以降電気シェーバーに切り替えてます。休日はシェービングフォームを使わずに、洗面所でなくても剃ることもできるのでいいとこ取りができます。

それにしても、電気シェーバーの進化と安さは、従来の使い勝手のスタイルを変革してくれます。

KIMG0416KIMG0419

KIMG0417KIMG0418KIMG0420

ちなみに、交換用替刃(内刃+外刃)Panasonic ラムダッシュ用ES9013は同じくJoshin webで4830円です。本体価格より高いです。ES-RT36は2014年09月発売で在庫が少ないようなのでもう1台購入したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧