2021.08.02

映画評論家・町山智浩氏の解説で難解な『2001年宇宙の旅』がわかった!

たまたま、YouTube動画をザッピングしていて、WOWOWofficalチャネルの「町山智浩の映画塾!」で『2001年宇宙の旅』を解説した動画にたどり着きました。2017年4月5日に公開されていたものです。

https://youtu.be/NlEdUN2647U

全てが分かりました!
間接的に地球外知的生命体(エイリアン)を描いていたのですね。ピエール・テイヤール・ド・シャルダン が著書『現象としての人間』が提唱したキリスト教的進化論に基づいている作品だそうです。

さらに、「新世紀エヴァンゲリオン」の方向性と一致していることも分かりました。

今まで、映画評論家に対して雑学的な側面しか感じられず、重きを置いたことは無かったのですが、町山智浩氏の情報量と映画に連なる造詣の深さに感嘆させられました。

彼のような真の映画評論は映画を観るのと同じくらいの価値があります。今後は出来るだけ町山智浩氏の映画解説を見聞します。

| | コメント (0)

2021.04.21

自治体のワクチン接種予約サイトで母の予約をした

先週、自治体から新型コロナワクチン接種のお知らせが郵送されました。
それには、接種券(クーポン券)が入っています。

予約サイトは、厚労省のワクチンナビからと案内されています。
https://v-sys.mhlw.go.jp/

地元のワクチン接種予約サイトは、2021年4月21日から80歳以上の方の予約が出来るとの案内でしたので、今日母の予約をしました。

接種券番号を入力して、接種希望会場と接種日を1回目と2回目を指定して予約完了すると、マイページが作成されます。

途中でメールアドレスを入力させるので、予約情報がメールで送られると期待したのですが、そのような機能はありません。

そこで、マイページを印刷し、さらにPDFにしてGoogleドライブに保存しようとしました。

しかし、どちらも2回目の日付が表示されていません。

そこで、Chromeのその他のツール>スクリーンショットを撮るでPDFにしました。しかし、画面サイズしか保存出来ません。

ならばと、ブラウザの拡張機能のGoFullPageでフルページのスクリーンショットをPDFにしました。成功です。これをGoogleドライブに保存して、印刷も行いました。

| | コメント (0)

2021.03.31

岡田斗司夫のシン・エヴァ解説は腑に落ちた

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を観てレビューを書いた上で、岡田斗司夫氏のYoutubeチャンネルで彼の解説3本を観ました。

納得です。腑に落ちました。
消化不良だった点が全て解明して合点がいきました。

岡田斗司夫氏の考察は見事です。完璧ですね!

鑑賞された方は、是非ご覧になってください。

シン・エヴァ完全解説〜ネタバレなし&有りのダブル解説〜観る前と観た後で10倍面白くなります!
https://youtu.be/ORRK3xESl3I

シン・エヴァンゲリオン前回語りきれなかった補講と視聴者からのQ&A
https://youtu.be/KDDJf3uu4ww

NHKの手抜き仕事で感動するな!プロフェッショナル仕事の流儀「庵野秀明スペシャル」はここが間違っている
https://youtu.be/Gkg0oc_kEUs

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の再鑑賞が楽しみになりました。

| | コメント (0)

2018.10.11

記憶に残る韓国映画&ドラマ17作品です

【映画】
イルマーレ』(2000年)
ラブストーリー』(2003年)
私の頭の中の消しゴム』(2004年)
MUSA-武士-』(2001年)
SSU』(2003年)
ブラザーフッド』(2004年)
スキャンダル』(2003年)
TUBE』(2003年)
友へ チング』(2001年)
猟奇的な彼女』(2001年)
恋の罠』(2006年)
怪しい彼女』(2014年)

【ドラマ】
トマト」全16話(1999年)
初恋」全40話(1996~9年)
宮廷女官 チャングムの誓い」全54話(2003~4年)
夏の香り」全20話(2003年)

2003年「冬のソナタ」放送から始まった韓流ブームによって、韓国映画・ドラマでジャンルを問わずに鑑賞してきました。最近はかつての良質な作品からレベルダウンしたことで、韓国作品を見る機会が激減しています。

そんな中で、過去の作品ながら映画『友へ チング』がとても良かったので韓国映画の素晴らしさを感じていたところ、同僚が2010年から韓国通になっていたことを知り、俺が観た作品の中から再鑑賞したい作品をピックアップしました。

リンク先は当ブログの鑑賞時のレビューです。ランキング形式とも考えたのですが、記憶が薄れているので、記憶に残る作品を列挙するのに止めました。

今回改めて気付いたのが、ホラー作品で再鑑賞したいものが無いということと、当時から大活躍の大スターイ=ビョンホン出演作が無いことです。彼の主演作はそれなりに観ていたのですが、もう一度観たいと思わせるものがありませんでした。自分でも意外です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.22

Perfume×テクノロジー公演「Reframe」のお土産いただきました!

Aimer(エメ)に引き続き、ありがとうございます。

3月20、21日に東京・NHKホールで開催されたライブイベント「This is NIPPON プレミアムシアター『Perfume × TECHNOLOGY』presents "Reframe"」のステッカーです。

DSC_0011

ニュースサイト「ナタリー」によると、最先端テクノロジーによるステージだったようです。

Perfumeを最新テクノロジーで再構築、観客は1時間ノンストップで驚きの連続

YouTubeで3曲の映像が公開されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

書籍『「シン・ゴジラ」私はこう読む』で映画を10倍楽しめる

映画「シン・ゴジラ」は大傑作です。その映画をさらに面白くさせる書籍が『「シン・ゴジラ」私はこう読む』です。知的好奇心を非常に満足させます。映画に関連して国防や防災、さらには日本人の意識にまつわるいろいろなことを深く考えさせられました。

中でも、文芸評論家・加藤典洋氏の「ゴジラは亡霊なんだ」と「あのゴジラが、現天皇」という解釈に驚かされ納得させられました。なぜゴジラは日本を目指すのかも解明できます。

本書を詳しく語ると、映画のネタバレにもなるので止めますが、映画「シン・ゴジラ」が面白かった方は、絶対に本書を読まれるべきでしょう。本当に‏いろいろなことがわかってきます。邦画界における映画「シン・ゴジラ」の意義も理解できます。

ちなみに、映画を観る前から本書の存在を知っていて、映画「シン・ゴジラ」を観るきっかけの一つとなりました。もしかすると本書が発行されていなければ、映画館に行かなかったかもしれません。

本書を読んで、なぜ劇場鑑賞を躊躇していたのかわかりました。

エヴァンゲリオンのアニメ出身の庵野秀明監督には、実写映画を成功させるのは無理だろうと考えていたからです。事実、彼はエヴァンゲリオンの後に実写映画を何本も撮っていますがヒットさせていません。であるならば、歴史がありしかも低迷したゴジラシリーズを面白くさせることは困難だろうと考えたからでした。本書にも俺と同じ考えだった方が多くいたことがわかりました。

本書の成り立ちは‍非常にユニークです。元々日経ビジネスオンラインのコラムで2016年9月2日から『「シン・ゴジラ」私はこう読む』が1か月間連載され、このコラムを1冊の電子本に収録したのが書籍『「シン・ゴジラ」私はこう読む』です。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/083000015/

日経ビジネス 編
発売日:2016年10月25日
価格:本体324円
発行:日経BP社(※本書は電子書籍のみでの発行となります。)

サイトにある宣伝文は次の通りで転載します。

1.経済誌が本気で挑んだジン・ゴジラ論。
2.怒涛の25万文字、文庫本なら900ページの相当。
3.ウェブでは読めない大幅加筆、1万字超。
4.ツイッターやコメント欄から400人超の読者の声を収録。
5.質量充実の1冊が324円。

ある日、理不尽に襲来する怪獣とそれに対峙する日本の姿を描いた映画「シン・ゴジラ」。その挑発的な情報の怒涛をどう「読む」か――。「日経ビジネスオンライン」では、人気連載陣のほか、財界、政界、学術界、文芸界など各界のキーマンの「読み」をお届けするキャンペーン「『シン・ゴジラ』、私はこう読む」を2016年9月から開始。実に25万字を超える多様な「シン・ゴジラ」論をお届けすることができました。

石破茂、枝野幸男、潮匡人、清谷信一、山根一眞、加藤典洋、境治、小田嶋隆、五十嵐太郎、片山杜秀、モリナガ・ヨウ、中川龍太郎、新楽直樹――。各界から気鋭の論者が独自の視点で読み解いた記事をたっぷり収録し、さらに本書刊行に際して加筆や補遺をふんだんに盛り込みました。

執筆陣と編集部、読者の皆さんとで一緒に熱中した「祭り」のような一カ月の記録を残したい。そんな思いで、当サイトのコメント欄やツイッターから読者の皆様の「読み」も併せて収録させていただきました。多様な「読み」を許容する「シン・ゴジラ」の懐の深さと、それを生み出した制作陣への敬意とともに、ここに皆さんにお届けします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.25

横須賀美術館に初めて行った

久里浜に行ったついでに、東京湾フェリーから観音崎灯台に寄って、横須賀美術館を息子と一緒に訪ねました。以前テレビで紹介され、その美しい建物とレストランに注目していました。

KIMG0642

テレビで観た通りの上品でキレイな場所です。次の企画展(会期:2015年9月12日~11月3日)を鑑賞しました。

「没後10年「長新太(ちょう しんた)の脳内地図」展」

KIMG0643

絵本作家で、作風はナンセンスなヘタウマです。イラストの挿絵は雑誌などで馴染みがありました。かなりの売れっ子だったようです。約300点の原画が広いスペースに見やすく並べられていました。

絵本や漫画のイラストで、美術館という堅苦しさは全く無く、非常に楽しめました。所蔵品展と谷内六郎館も巡りました。展示物の数は多いのですが、幾何学的な広々とした空間デザインでゆったりと観覧できます。息子の希望で図書室も覗きました。

大人800円、中学生以下は無料です。駐車場は地下にあり係員が誘導してくれます。最初の1時間は310円、以降150円/30分です。展覧会を観覧すると1時間無料になります。

横浜横須賀道路馬堀海岸I.C.から3kmほどで、車でのアクセスが良いのでまた来たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.01

千葉の県立博物館8箇所のうち6箇所を回り景品をもらったが...

中学生の息子が学校から「平成26年度 千葉県立博物館全館共通入場券」を頂いていて、本日8箇所のうち6箇所を回ったので、スタンプラリーの景品をもらいました。

DSC_0060

千葉の県立博物館は次のサイトです。

http://www2.chiba-muse.or.jp/

tiba

残すは④中央博物館と⑥大利根分館です。

本件で博物館を無料にしてもらって申し訳ないのですが、回ってわかったのは、規模がイマイチだというところです。中途半端に大きくないのが残念でした。大きい施設だと経費がかかるので、仕方が無いのかもしれませんが、逆に人気が出にくい規模になっています。

唯一満足できたのは⑤房総のむらでした。もう一度行きたいのもここだけです。

ちなみに景品ですが、博物館のクリアファイルかチーバくんストラップのどちらかを選べます。俺はストラップを勧めたのですが、何故か博物館のクリアファイルを選び、館内でなくしてしまいました(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.20

舞踊家Mi​yok​o S​HID​AのYahoo!ブログを見つけた!

スペインのTV番組でSan​ddo​rnb​ala​nceという神業的パフォーマンスを披露し、YouTobeにアップされ再生数が500万回に届こうとしています。次の動画は再生回数の多い途中からのものではなく、最初から録画されたものです。

もの凄いパフォーマンスでした。空間に恐竜の骨格を作り上げていくような作業に感じられ、最後の最後まで目が離せませんでした。このパフォーマンスは2013年4月29日に放送されましたが、撮影は昨年11月だったそうです。ちなみに、San​ddo​rnb​ala​nceは彼女のオリジナルではなく、いろいろな方々が行っています。

彼女の日本語ブログはYahoo!ブログ「あまんじゃく徒然」です。

http://blogs.yahoo.co.jp/mscreatio

プロフィールが充実しています。スペインTV番組のテロップで52歳と表示されていました。
スイスのサーカスRigolo Swiss Nouveau Cirqueに所属されています。

http://www.rigolo.ch/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.09

YouTubeが有料化を導入していた

過去にレビューした映画『ギャルアバター』のページアクセスが今週に入ってから急上昇しています。

2011.10.18 映画『ギャルアバター』(お薦め度★★★★)【追記あり】

2年前のものなのでどうしたのか調べたところ、Google Playの映画ランキングで1位になっていました。

Screenshot_2013-02-09-22-59-39

また、Googleで検索したところ、YouTubeのリンクもありました。リンクをたどって出てきた画面が次になります。何と課金が開始されていました。『ギャルアバター』がYouTubeにアップされたのは2013年1月30日で、Google Playムービーアプリを使用して動画再生できるとあります。

galavatar

ということはすなわち、YouTubeの有料サービスが始まっていたことになります。2009年頃から有料化の報道がされていたようですが、本格的に日本でスタートした模様です。最近の記事を調べたところ、ロイターにありました。引用します。

ユーチューブ、年内に有料サービス導入を模索=報道
2013年 01月 30日 07:58 JST
 
[サンフランシスコ 29日 ロイター] 米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)の動画共有サイト「ユーチューブ」は、年内に一部コンテンツで有料サービスを導入することを計画している。アドエイジが29日、関係筋の話として伝えた。

ユーチューブは複数のビデオプロデューサーに接触しており、第2・四半期までに有料チャンネルを立ち上げる方向で準備を進めている。

料金は当初、月額1─5ドル程度を想定しているという。

ユーチューブのトップ、サラー・カマンガー氏は昨年6月、ロイターに対し、ビデオゲームネットワークなど一部のビデオプロデューサーは有料サービスを強く求めていると語っていた。

ユーチューブのコメントは現時点で得られていない。

ところで、映画『ギャルアバター』が評価されていることは素晴らしいです。能登秀美監督おめでとうございます。やっと時代が追いついてきましたね。面白い作品なので今後もヒットし続けることは間違いないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧