2019.04.16

付録のラゲージスケールが欲しくて雑誌「DIME」2019年6月号を購入した

40㎏までの荷物の重さを量るラゲージスケールが付録になるということで、雑誌「DIME」2019年6月号(980円)をamazonで予約しました。発売日の今日届いていました。雑誌の中身は、既にdマガジンで今朝の通勤電車の中で確認していますので目指すは付録です。

本誌と付録のパッケージです。

Img_5174

ラゲージスケールの表です。

Img_5177

裏です。

Img_5178

電池CR2032は別途用意しなければなりません。自宅に買え置きがありました。

Img_5179

電池を入れるフタを取って、表示を見ましたが、入れ方がわかりません。

Img_5181

+が上です。

Img_5183

早速、通勤用リュックで試しました。

【ラゲージスケールの使い方】
①ベルトのバックルを外して、荷物の取っ手に装着。

Img_5185   
②ON/OFFボタンを押し、「0.0」と表示されたらラゲージスケールで荷物を持ち上げる。

Img_5186
②画面に「Hold」と表示されたら計測完了。

Img_5188

2㎏でした。

使えますね!

実は我が家には荷物を量るはかりがありませんでした。昨年購入した体重・体組成計は、荷物のみを量ることができません。人が荷物を持って測定して人の体重を引き算するしかありません。

丁度、息子が修学旅行でスーツケースを使います。15㎏以内との制限があるためこのラゲージスケールで量ろうと考えていました。ところが旅行前に学校に持っていく日が1日繰り上がって今朝出発しています。行き違いで量れませんでした(笑)。

【ラゲージスケールの仕様】
計測可能範囲:0.5㎏~最大40㎏まで0.1㎏単位で計量
計量誤差:10㎏以下~±0.3㎏、10㎏以上~0.5㎏
計量単位:㎏(キログラム)

※液晶表示が薄くなったり、計量誤差が製品仕様よりも大きく発生する場合は電池の交換時期となります。

| | コメント (0)

2019.03.30

5年ぶりに羽田空港に行った

息子が4月に沖縄へ修学旅行なので、予行練習のために、息子と羽田空港に行きました。最近は飛行機に乗っていないので5年ぶりです。

修学旅行当日の集合時間は9時15分なので、自宅を6時50分に出ました。桜の季節なのに花曇りでジャンパーを着て冬の装いです。

リムジンバスは避けてとのことなので、鉄道を使います。総武快速で品川に出て、京浜急行に乗り換え、京急蒲田で乗り継いで羽田空港に8時半に到着しました。

集合場所は、第2ターミナルB1マクドナルド前なので、羽田空港国内線ターミナルの青のANAの改札に向かいました。

羽田空港はリムジンバスを利用しているので、B1に行くことが無いので、マクドナルドがあることは知りませんでした。

集合場所を確認することが目的だったので特にすることはなく、5Fに上って滑走路を眺めました。

帰りは、リムジンバスで津田沼まで行き、鉄道を利用しました。帰宅は12時です。往復で半日かかりました。

| | コメント (0)

2019.03.10

【A180】里のMUJIみんなみの里にドライブした

アプリ「Android Auto」の機能チェックのために、「無印良品」を運営する良品計画が指定管理者になっている里のMUJIみんなみの里に、息子と一緒に出かけました。

DSC_0109

セントレア往復で「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」の音声ナビが心許ないことがわかったので、Googleが提供する無料アプリ「Android Auto」を同時に使って音声ナビを補完できるかを検証しました。

結果は使えません。
誤指示が発生しました。序盤から館山自動車道を降りるようにと案内がありました。また、長いトンネルに入るとGPS信号が届かないため、音声ナビを中断します。これは致命的な弱点です。それとXperia XZではマシンパワーが低いためか、アプリ「Android Auto」が重くて画面が切り替わらず使い物にならない状態になりました。唯一メリットを感じたたのは、目的地の指定がGoogleマップと連動しているので、極めて簡単なところだけです。高速道路での合流の案内は皆無で、MBUXの音声ナビを補完するレベルではありません。

ということで、改めてA180 のMBUXに慣れるしかないことを理解しました。

ところで、ドライブですが道の駅保田小学校に行くときの富津館山道路の鋸南保田ICを逆の鴨川方面に向けて県道34号線(長狭街道)を17km行ったところに里のMUJIみんなみの里があります。長狭街道は意外と狭く、S字や急カーブがあるので運転しづらい道でした。

到着が正午だったので、「Café&Meal MUJI みんなみの里」で昼食にしました。混み合っていると思ったのですが、意外と空いています。レジで注文と支払いを済ませ、出来上がったら鳴るブザーを渡され席で待つセルフ方式です。
みんなみの里山プレート(900円)を食べました。

DSC_0112

一つ一つ丁寧に作っているのはわかるのですが、味はイマイチです。女性向けなのか量も少ないし、人気が無いのがわかります。

施設全体は清潔感があり、「無印良品」のブランドデザインできっちり統制されているものの、道の駅とは違ってブランドありきでそれに縛られている印象でした。そのためお土産で買いたいものは無く、やることも無いので直ぐに里のMUJIみんなみの里を後にしました。

Screenshot_20190310-212547
今日は約200㎞走りました。本日までの総走行距離は1448㎞です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.24

【A180】慣らし運転のために、セントレア(中部国際空港)を往復した

最初の1500kmはエンジンを保護するために、慣らし運転が必要です。2月3日納車のA180はまだ300kmほどしか乗っていないので、一気に距離を稼ぐ必要があります。また、A180の性能を確認するうえでも長距離運転は必須なので、名古屋のセントレア(中部国際空港)へ自宅から往復することにしました。ほとんど高速道路だけを利用しました。

本日の日曜日、早朝3時に出発して、16時半に戻りました。13時間半で走行距離は851.9kmでした。燃費は22.2km/lです。帰りに東名高速道路の海老名SA手前から横浜町田ICまで事故渋滞で動かなくなっていたにもかかわらず、エンジンの総排気量が1332ccにダウンサイジングしたことによる燃費の良さが光ります。ちなみに総走行距離は1212kmになりました!

運転後のアプリ「Mercedes me」の画面キャプチャです。

Screenshot_20190224-163811

ともかく出足の良さは過去に所有した車の中で群を抜いています。SAから本線に戻る際アクセルを踏めば直ぐに加速して巡航速度に到達します。

ただし、弱点は総排気量が減ったことで、長い下り坂ではエンジンブレーキが効かずスピードが出るため前のB180と比べると運転しにくくなっています。

そこで今回の長距離運転では、手動によるギアシフトを繰り返し試しました。長い下り坂で前の車よりも速度が出そうなときは、左手で左のステアリングギアシフトパドルを引いてシフトダウンします。するとエンジンブレーキが効いて速度が抑えられます。B180でも同じステアリングギアシフトパドルがあったのですが、総排気量が1595ccあったので、箱根タウンバイクのような急な下り坂のような場所でしか使うことはありませんでした。

A180ではステアリングギアシフトパドルが進化していてシフトダウンした後に、下り坂の勾配がゆるくなってエンジンブレーキを弱める必要が生じると、ディスプレイに推奨ギアをシフトアップするのように表示されます。その際は右手で右のステアリングギアシフトパドルを引くとシフトアップされ、勾配に応じたギアで下ることが可能になります。なお、手動でシフトアップをしなくても、ギアは自動的にシフトします。この一連の動作がスムーズで手動と自動を高次元で融合させています。ここでもベンツは運転の基本操作を進化させています。

ところで、何故セントレアを目的地としたかというと、2018年10月12日 から開業しているボーイング787初号機が展示されている「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」の施設に興味があったからです。しかし、セントレアには行ったものの、左足に痛みが出て、施設まで歩くのは辛かったので見学は見送りました。記念に施設の外観の写真をアップします。真ん中中央の建物です。

DSC_0081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.24

出勤中に自宅で停電があった

今日は一段と北風が吹いて寒かったので、帰宅したとき自宅全体が冷えていました。浴室乾燥機の洗濯物も乾いておらず相当寒かったのだなと考えていました。

しかし、待てよ。
床暖房がタイマーで帰宅前に電源ONになるので、いくら寒いといっても家全体が冷えているのも変だと思いました。そこで床暖房のコントローラを確認したところ、タイマーが解除されているだけでなく、時刻もリセットされてゼロ時を点滅しています。他にも一日中稼働させているシャープの加湿空気清浄機の電源がOFFです。

ようやく気付きました。停電だったんだ!
すぐに東京電力のサイトを確認したところ、次の停電情報の履歴がありました。

IMG_4393

2019/01/24 07:10〜07:54
停電軒数:約30800軒
停電理由:調査中

44分間も停電していました。なるほど、洗濯物が乾いてなかったのも停電によって浴室乾燥機の電源がOFFになったからです。

東日本大震災の計画停電でも自宅は停電にならなかったのでちょっと驚きました。そういえば何十年も停電になった記憶がありません。子どもの頃は当たり前のように停電していたので、ローソクが必需品でしたが、近年において電力供給は安定しているので、ランタンは直ぐに使えるようにしているものの停電は他人事で過ごしてきました。

いざ停電になってしまうと、少ないながら実害が発生します。床暖房のタイマーと加湿空気清浄機などの復旧作業が生じますし、洗濯物も再度乾燥させました。なにより今回のようにローカルで短時間だったりするとニュースにならないので知る由もありません。

嫌ですね。
そこで、防災の観点から停電情報だけでなく、雨雲・雷雲情報、地震情報がプッシュ通知されるアプリ「TEPCO速報」をスマホにインストールしました。地域設定が最大8ヵ所登録できます。いざという時のために、前もって準備が必要ですね!

IMG_4394

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.04

2019初詣と不愉快な出来事

DSC_0040

本日が仕事始めで、会社を早退しました。息子の通院の付き添いです(2年経ちますが、まだ治っていません)。いつもより早く診察が終わったので、帰宅途中に初詣をしました。

17時過ぎに正門から入ろうとすると警備員から、「17時に閉門しました。明日は8時開門です。」と告げられました。神社は24時間お参りが出来るものだとばかり思っていたのでびっくりです。正月三が日が終わって平日は営業時間が設定されているようです。

仕方ないので、急ぎ出口から入って素早くお参りしました。帰り道、昨年の初詣はどうしたか思い出そうとしたのですが、全く思い出せません。昨年の記事を表示させても記憶はどこかに行ってしまいました。Google Mapのタイムラインで確認したところ、単に自宅と神社を往復しただけでした。自分の記憶力の無さに改めて愕然としました。

【カフェレストランで不愉快な接客を受けた】
17時半頃に電車を待つ間、駅の中のカフェレストランで食事を取りました。ドリンクセットでホットコーヒーを頼んだところ、カップの取っ手がベタつきます。ガムシロップのような汚れが残っていました。そこで店員に交換してもらうように丁寧に依頼したところ、直ぐに謝罪してカップを下げました。

しばらくして別の店員がカップを交換したと持ってきました。普通であればそこで終わるはずでしたが、30代の女性店員は謝罪を述べるでもなく、余計なことを言ってきました。

「ベタ付きは個人差があるので、紙おしぼりを用意しましたので、何かあればお使いください。」

と上から目線の対決姿勢です。どうやらカップを下げた店員とは違い、その上のリーダークラスのようです。さほどの事でもないのに過剰対応する必要はないのに、、、

IMG_4185

”その店員”とのやりとりは次の通りです。

【俺】ベタ付きと言うが、汚れのベタ付きを指摘しただけ。
【その店員】私が汚れを確認してカップの交換に応じた。交換したカップにさらにベタ付きを感じた場合のために、紙おしぼりを用意した。
【俺】汚れを本当に確認したのか。
【その店員】食器は全て洗浄機を用いている。
【俺】洗浄機を使おうが、汚れが残っていたのなら交換は当り前では。
【その店員】洗浄機を全てチェックする。
【俺】そんなことまで要求していない。キレイなものに交換してくれて、こちらとしてはありがとうで済んだものを、何故紙おしぼりを3つも持ってきて、余計なことを言うのか。不愉快だ。君は責任者なのか。
【その店員】私が責任者だ。
【俺】それならば本部に連絡する。
【その店員】私はこの時間帯の責任者だ。私の上の責任者の店長が対応する。

ということで、40代の男性店長が代わって対応してくれました。経緯を伝えたところ、俺の言っていることを理解して謝罪してくれました。その後、食事中に店長が再び戻ってきて”その店員”に対して注意した旨を報告してくれました。どうも”その店員”は独特のものがあるようです。

店を出る際、”その店員”がレジ担当だったので、店長がさらに付き添ってくれました。その際に俺に対して謝罪するように”その店員”に促すものの、「(ベタ付きは)いろいろ難しくて。」と相変わらず自分の見解を主張してきました。店長が店の外まで付き添って「お客様の仰る通りです。これを契機に彼女に指導します。」と見送ってくれました。

結局”その店員”からするとカップ交換に対してクレームと判断したようです。リーダークラスの”その店員”は他の店員を守るために釘を刺す意味の行動をしたのではと思われます。

店長が人懐っこくて平謝りなので、その場は収めました。俺も学生時代に様々なウエイターを経験したので、客だから偉いとは全く思っていませんので。だからと言って、不愉快と感じた客に対して、店側の人間があくまで個人差を主張するのはどうなのでしょうか。

逆に”その店員”は、自分が客として汚れた容器で食事が用意されたときに、感じ方は個人差があるのでおしぼりで処理するのでしょうか。

世の中クレーマーが増えていますが、その対極にモンスター店員が登場しつつあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.05

追跡タグ「MAMORIO」が届いて、母の財布にセットした

木曜日にamazonで購入した認知症の徘徊見守り用に使用する追跡タグ「MAMORIO」が届きました。小さく軽くパッケージです。

DSC_0002

中にはタグと説明書が入っているだけです。

DSC_0003

カスタマーレビューでは、スマホのバッテリー消費が大きいとありましたので、    iPad Proにアプリ「MAMORIO」をインストールしました。

IMG_2527

最初にアカウントを設定します。

IMG_2528IMG_2529

続いて、設定画面が続きます。
・BluetoothはON
・位置情報へのアクセスを許可
・モーションとフィットネスへのアクセスを許可

これが終わって、カテゴリーの設定です。「人」を選択しました。

IMG_2535

アプリの設定は以上です。

追跡タグの絶縁シートを引き抜いて、iPad Proの画面の上に置いてペアリングさせて完了しました。これで追跡タグ「MAMORIO」が1年間稼働します。

最後に、財布を見つけるためのお守りだと言って、母の財布の中に入れました。アプリ「MAMORIO」を起動すると近くにあることが確認できます。

MAMORIOのクラウドトラッキング機能に期待したいところですが、町レベルだとユーザーが少ないので実際に役に立つものなのか不明です。

【MAMORIO S仕様】
サイズ / 重さ:縦35.5mm×横19mm×厚さ2.8mm / 2.4g
電池:リチウム電池 / 約1年間ご利用が可能
(ご利用環境によって短くなる場合がございます。)
本体交換プログラムあり(有償)
保証期間:3ヶ月
通信方法:Bluetooth4.0(Bluetooth Low Energy)
有効距離:約60m
価格:3,980円(税抜)
カラー:Black&Black / White&White
付帯サービス:MAMORIOあんしんプラン(任意加入 / 有償)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.02

認知症徘徊による当人探しに追跡タグを選ぶ

高齢者の認知症による徘徊で当人を探し出すツールを検討しています。意外にも3キャリアが直接コンシューマ向けに行っているものはありません。現状で適当と思われるサービスは次の2種類です。

①GPS端末
②追跡タグ

①には、例えば「認知症徘徊GPSセンター」のようなものがあります。確実に当人を探し出せるサービスです。しかし、運用コストが高く、端末のバッテリーの持ちが短い欠点があります。そもそも、常時監視を目的としたツールで、数日毎に充電を行わなければならず、持たす方も持たされる方も相当に心理的な負担は避けられません。

②には、以前から注目している落し物追跡の「MAMORIO」があります。これは仕組みから確実に探せるサービスではありませんが、運用コストが安く、端末のバッテリーは1年間と長期のため使い勝手は①とは比べ物になりません。実物はかなり小さいので常時携帯するお守りと同じような取扱が出来ます。

ということで、取りあえず試しに②追跡タグを導入することにします。本日、amazonで注文しました。4,298円です。明後日土曜日に着く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.29

房総の道の駅巡りをした

お昼から房総の次の道の駅3箇所回りました。弟の車で母親と3人でドライブです。
①道の駅 保田小学校
②道の駅 三芳村 鄙の里
③道の駅 富楽里(ふらり)とみやま(ハイウェイオアシス富楽里)

目的は、各道の駅の名産の野菜を購入することです。

①には、とても美味しいプチトマトがあるとのことで、直販所に行きました。しかし、残念ながら売り切れで何も購入しませんでした。

DSC_0015

②の農産物直売所 土のめぐみ館ははちみつがお手ごろ価格で、野菜が安いとのことです。新鮮で安いので、気合が入ります。かぼちゃや大根、とうもろこしを購入しました。さらに、発泡酒フルーツエールを見つけてその場で栓を抜いてもらって、ラッパ飲みしました。ブルーベリージュースのように爽やかな喉越しながら、アルコール5%なので飲み終わりにはライトな酔いが回りました。

DSC_0017

③は、富津館山道路のサービスエリアと同じ施設で、ハイウェイオアシス富楽里側からエレベーターで1階の直販所に行って買い物をしました。ここではじゃがいもが一袋4個で100円と安かったのでお土産のびわパイとともに購入しました。

DSC_0018

今回③だけが初めて訪問する道の駅でした。サービスエリアと併設した道の駅は初めてです。3箇所ともに農産物が豊富で安いので食材探しに持って来いです。運転手付きの気持ち良いドライブで楽しい買い物が出来ました。ありがとうございます!また、訪問したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.09

JR中央線快速の新宿始発のホームライナーで帰宅した

新宿から千葉まで49分で到着するホームライナーがあることを今日まで知りませんでした。たまたま娘と食事をした帰りに、新宿駅7番線に発車待ちしているのを見かけて、ホームにある券売機でライナー券(510円)を購入しました。

DSC_0116

ホーム側の乗車口に駅員がいて、ライナー券にスタンプを押して乗車チェックをしています。発車5分前で中に入ると左右2席ずつの普通車指定席が並んだ窓側は塞がっているので通路側に座りました。月曜日だからだと思うのですが、8割位の着座状況で割りとゆったりしています。

アプリ「Yahoo!乗換案内」で調べたところ、新宿からの千葉行きは、平日21時7分発のこの1本だけのようです。

IMG_2318

千葉駅に着いて回送表示されたホームライナーを記念に撮影しました。

DSC_0118

楽ちんに早く帰れるホームライナーは酔った身体にはありがたいです。ただし、少々料金が高いかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧