2022.05.09

家庭菜園を始めるため除草をして堆肥をつくる

鈴木宣弘氏のオンライン講座を2021年11月から受講して、新書『農業消滅』で現在の日本の農業の危機を知りました。

そして、翌月12月に「野口のタネ・野口種苗研究所」で家庭菜園用に固定種のタネを買いました。

さらに、近いうちに食糧危機が来ると複数の農業ユーチューバーが2022年の年明けから発信しています。

であれば、我が家の庭で家庭菜園をやろうと考えていたのですが、介護の対応でズルズルと伸び伸びとなっていました。

すると雑草が伸びて畑を耕すどころではなくなりました。

そこで、草むしりをしました。刈った雑草をどうするかと考えたところ、堆肥にする商品があることを知り、ヨドバシドットコムから1袋購入しました。

花ごころ
まくだけで刈り草スッキリ。有機堆肥に!草太郎 1kg  495円(税込)

Pxl_20220508_222832947

【使用方法】 
・雑草45L(ゴミ袋1個分) 草太郎250g(1/4袋)
・水をかける。
・除草のたびに、刈った雑草を積み重ね都度草太郎を振りかける。

【注意】
・樹木や枯れ枝などは堆肥化できない。

| | コメント (0)

2022.05.07

参政党2022全国キャラバンin市川に参加した

参政党員になったのには、ある意味ミーハー的な要素もありました。
しかし、今回の講演で政治という世界の厳しさについて学びました。

Pxl_20220507_084742071mp

神谷宗幣氏の政治に対する熱い思いと覚悟に改めて心を動かされました。「覚悟」と字面通り簡単に言えるものではなく、家族がいるのに生命の危険も意識しての「覚悟」に頭が下がりました。泣けました。

吉野敏明氏もそうです。街頭演説では主に「大和魂」という日本人としての心構えをよく話されます。浪花節的な講演と思いきや、統計を用いて小麦粉の消費の増加がガンの発症増と関係していることや、日本人の39歳以下の死因の第一位は自殺であること、40歳以上はがんが第一位を論理的に説明されて非常に説得力のある内容で感心させられました。

また、2020年2月3日に横浜港に到着しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の新型コロナウイルス感染では、当時の加藤厚労大臣に船内のコロナウイルス消滅のために米国第7艦隊で利用している物理的な方法を提案して見送られていた話は、すでにWHO等の国外の統制下にあったことを裏付けていました。それにしても、よしりん先生、行動力があります!


「参政党2022全国キャラバン」は、2022年1月より 参政党共同代表の吉野敏明氏と参政党発起人で事務局長の神谷宗幣氏がタッグを組んで同じ想いの仲間を繋ぐために全国を回る、ワークショップ型の講演イベント開催です。

そのイベントが千葉で2回目となり、次の通り開催されました。16回目で初参加です。

2022年5月7日(土)
会場:市川市文化会館 小ホール
時間:15:00-18:00
参加費:学生・党員1,000円

YouTubeでお二人の街頭演説はいろんな場所で行われた様々な内容のものを視聴しています。そのため新たな学びは無いのではと予想していました。しかし、そんなことはありませんでした。生で聴く迫力と、街頭演説とは違ってスクリーンに映し出される資料に基づいて、丁寧で論理的な筋立てで話されて、より理解が深まりました。

質疑応答コーナーでは、内閣府のとんでも計画な「ムーンショット型研究開発制度」の気味悪さについて質問があり、全く言葉も内容も知らないものだったので驚かされました。

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現- 科学技術・イノベーション - 内閣府 (cao.go.jp)

お二人の講演の後に、10分間ほど「シェアタイムコーナー」という隣の席の方々と講演に関する意見交換会があり、党員ではないご婦人と党員である30代の男性とコミュニケーションが取れました。お二人ともにワクチン未接種で、コロナに関するウソやデマに辟易していると話されていました。本イベントに参加されている方の多くは、自ら情報を収集して自らの頭で考えて行動されているようです。ちなみにご婦人は家族とは真逆の立場にあるそうです。

参政党員として、いかに真摯に伸びやかに関わっていくかを改めて考えたいと思います。

なお、物販販売をされていたので次の本3冊を購入しました。4,900円で100円値引きされていました。

Pxl_20220507_112240561mp

『国民の眠りを覚ます「参政党」』著者:吉野敏明、神谷宗幣
『参政党の吉野と赤尾が語るブレない生き方』著者:吉野智明、赤尾由美
『日本をこう変える 世界を導く「課題解決型国家」の創り方』著者:松田学

| | コメント (0)

2022.02.23

酒々井プレミアム・アウトレットに行った

2021年6月5日から8ヶ月ぶりに、酒々井プレミアム・アウトレットに子どもたちと行きました。車検から戻ったA180は快調で、短時間ながら東関東自動車道をスポーツモードで疾走しました。

前回と比べて人出は多くなっていました。

晴天ながら肌寒くどこかの店舗にすぐに入りたいという状態でした。

真っ先に、身体を温めるために、マチャハウス抹茶館でティラミスのドリンクセットを頼みました。初入店です。

Pxl_20220223_015131004mp

続いて、久世福商店でご飯のお供を購入しました。

そして、お昼はカプリチョーザです。十年ぶりだと思います。お店の前に行列が無いので空いていると思ったのですが、予約すれば並ばなくても良いシステムで、15組ほど先約がいて大分待ちました。シーザーサラダとトマトとニンニクのスパゲッティを食べました。

食後はゴディバでチョコレートを購入です。

お昼を食べても、体感気温が低いので14時前に車に戻りました。本日のお買い物は全部で13,269円使いました。

ところで、アウトレット内の至るところでdポイントが2022年3月末日で終了するとポスターが掲載されていました。貯める・使うが出来なくなるそうです。ちなみに、本日の4店舗中久世福商店とゴディバは元々dポイントは対象外でした。今後どうなるのでしょうか。



| | コメント (0)

2022.02.13

除雪のためにシャベルを購入した

明日朝も積雪が予想されるため、近くのホームセンターでシャベルを購入しました。1969円です。

Pxl_20220213_014258681

除雪用スコップが無いので、過去2回は高圧洗浄機で行いましたが、前回の通り積雪が多くなると機能しないことが分かりましたので、ラジオの天気予報を聴いて直ぐに今朝10時過ぎに行きました。

目当ての商品が見つからないので、店員さんに聞いたところ売れ切れたとことでした。そこで、前述のシャベルとなりました。

| | コメント (0)

2022.02.11

2回目となる高圧洗浄機での除雪は駄目だった

先月(2022.01.07)に引き続き、今年2回目となる積雪です。
Yahoo!ニュースで次の記事です。

関東の市街地も積雪 東京都心2センチ 千葉市5センチ 朝は冷え込み路面凍結に注意

前回と同じように、高圧洗浄機で除雪&洗車をしました。11時15分から12時半まで時間をかけました。

今回はうまくいきませんでした。雪の量が多いので、期待通りに雪を除くことが出来ませんでした。

Pxl_20220211_022317835

次の積雪のためにモノタロウから除雪用スコップを注文しました。

| | コメント (0)

2022.01.14

今月も同僚の送別会です

昨年11月に続いて、後輩の送別会です。直接業務をご一緒したことはなかったのですが、コロナ禍にも関わらず、旅行のお土産を頂いたりで、コミュニケーションを取ってもらっていました。明るく前向きで人懐っこい方です。

今回もHyatt Regency TokyoのCAFFEで会食です。飲めない方で私も初のノンアルコールでの送別会となりました。お酒が無くても楽しいですね。

Pxl_20220114_102414519

3月から新しい職場とのことで、頑張ってください。

今度は映画でもご一緒しましょう!

もちろん、新書『コロナとワクチンの全貌』も差し上げています。

| | コメント (0)

2022.01.07

高圧洗浄機で、除雪と洗車をした

昨日、雪が積もりました。
千葉日報から一部引用します。

千葉県内に雪、千葉市で7センチ 4年ぶり大雪警報、各地交通網に乱れ 路面凍結への警戒を 2022年1月6日 20:05

低気圧や寒気の影響で厳しい寒さとなった千葉県内は6日、全域で大雪警報が発令され、千葉市では同日午後7時時点で7センチの積雪を観測した。県内での大雪警報発令は4年ぶり。

昨日の時点で出社予定を在宅勤務に変更して、昼休みに除雪を行いました。
実は5年前に引越してから、除雪用の道具は皆無です。スコップの無ければシャベルさえもありません。

朝起きて、道路に出るまでの玄関からの階段にお湯をかけて雪を溶かしました。しかし、寒気で凍ってしまうので、昼休みに何とかしなくてはと策を練りました。

そうです。高圧洗浄機で除雪と洗車を同時に行えば一石二鳥ということに至りました。

12時から13時までの1時間で、タンクを5回を交換したので約100リットル使いました。
車庫前のビフォー、

Pxl_20220107_030746301

アフターです。

Pxl_20220107_040307667mp

何とかなりました。水を巻くだけなので楽ちんです。

| | コメント (0)

2021.12.18

中学同期生6人と久しぶりに飲んだ

2012年の中学時代の同期会から旧交を温めている友人6人で地元のカラオケもできるお店で飲みました。
当初予定していたお店は予約が取れず、2年前に行ったことがあるお店にしました。
Googleマップで詳細を確認して予約しようとしたところ、存在しないんので急遽お店を訪ねたところ、木・金・土にしか開いておらず電話番号も表示されていないので、土曜日開催前の木曜日18時に直接訪ねて予約しました。コロナ禍で休業していたそうで、やっと再開とのことです。

当初二人きりのサシで飲むことも覚悟していましたが、6人も集まってくれました。
18時から23時半まで、楽しい時間を過ごしました。それにしても、昔からの知り合いとの交流は本当に楽しいです。

12月22日にはその中の3人で、東京で飲む予定です。11月から付き合いが再開できています。

| | コメント (0)

2021.12.15

グランドフードホール六本木店で買い物をした

2021年11月23日にフジテレビの「7RULES」で食品バイヤー代行業「Smile Circle」代表取締役・岩城 紀子氏が取り上げられました。

番組サイトから次に引用します。

「兵庫県出身49歳。アメリカ留学後、外資系アパレルに勤めていたが、食への強い想いから32歳で食品を扱う企業へ転職。その後、バイヤー代行業の会社として「Smile Circle株式会社」を立ち上げ、一番美味しいと思ったものだけを集めた食のセレクトショップ「グランドフードホール」を開業。さらにおいしい食品を作っていながらも販路を拡大できない生産者のコンサルタントや商品開発を行う。本当に美味しいものを後世に残していくため、日々全国を飛び回り探し続けている。」

「食」の共助をされている素晴らしい方です。美味しいものを守るために、生産者の値段設定を尊重して、気に入った食品を販売しており、中には生産者のためにお店と後継者まで用意されているという実話に感動しました。

ならば、目指せ六本木ヒルズということで行ってきました。ヒルサイドB2Fを探すのに手間取りました。

Pxl_20211215_072810444mp

店員さんがやさしくにこやかに接客してくれます。
次の食品(外税 8%)を購入しました。
・塩ラーメン(5食) 1,102円
・食べる甘酒 プレーン   789円(263円×3点)
・山形名物 味付玉こん   350円

・ビニール袋         10円(外税 10%)

Pxl_20211215_073846277

合計2,431円、iDで支払いました。

| | コメント (0)

2021.12.12

【A180】「野口のタネ・野口種苗研究所」に行ってきました

埼玉県飯能市にある家庭菜園のタネのお店に初めて訪問しました。
ホームページはコチラです。
https://noguchiseed.com/index.html

Pxl_20211212_010755522

オンラインショップがあるのに、何故わざわざ往復200kmの実店舗に行ったのでしょうか。その
目的は、日本の「食」の安全保障を真剣に考えたいからです。

ちょっと何を言っているのかわからないでしょうが、2021年9月からの次の経緯です。
堤未果氏の月刊アンダーワールドに入会し、
②世界貿易機関(WTO)の問題がわかり、
③鈴木宜弘先生の「アメリカと汚染される日本の食」で衝撃を受け、
新書『農業消滅』で種子の重大性に気づき、
⑤イーアイデムのWeb記事「読むと後戻りできない「タネ」の話。手塚治虫『火の鳥』初代編集者が語る」で野口勲氏を知り、種子の中でも固定種が大事ということを理解しました。

真に日本の「食」の安全保障に警鐘を発せられ、活動されてこられた野口勲氏のお店に伺うしか無いと強く感じ行ってきました。

購入したのは、かぼちゃの種と単行本『固定種野菜の種と育て方』です。

Pxl_20211212_053001797

来春からかぼちゃの家庭菜園を始めます。それまでにどのように畑を作ればいいとか、いろいろと勉強します。ちなみに以前マンションのベランダで「バケツ稲づくり」でお米を収穫して食べたことがあります。

アプリ「Mercedes me」トリップデータ
走行距離:246.4km
走行時間:4時間51分
平均速度:51km/h
平均消費:21.3km/l
※ベンツのナビが相変わらず貧弱で、帰りの高速を間違えて逆方向となったので、直ぐに一般道に下りて、所沢から関越道に入って外環道を戻ったので帰りは時間がかかりました(行きは1時間半)。B180からナビが貧弱で道を間違えるのは想定内なのですが、メルセデス・ベンツ日本にはもっとナビに力を注いで頂きたいものです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧